3か月でマスターする中学文法とネイティブに近づく便利な文法

英会話を始めようと思っている方はまずはコレ!中学の英文法をマスターすれば日常会は誰でもできます。集中すれば3か月でマスターすることができます。
さらにもっと英会話を伸ばしたいと感じている方もネイティブがよく使う文法を覚えるとさらに英会話の上達をさせることができます。

英文法

have toとshouldとmustの違いってなに?ニュアンスと使い分けを例文で詳しく解説!

must:should:have toの違い

「must」と「have to」と「should」の3パターンについて、それぞれ「〜しなければならない」義務を伝えられますが、それぞれのニュアンスや目的が異なるので、使い分けできるといいでしょう。それぞれの例文や疑問形・否定形の活用もまとめました!

英文法

一般動詞過去形の作り方を「規則動詞」と「不規則動詞」に分けて覚えよう!

一般動詞過去形の解説ページ

一般動詞の過去形では「規則動詞」と「不規則動詞」の2種類があり、それぞれ過去形の場合において変化にルールがありますので確認しておきましょう。時制への苦手意思がある方でも、一般動詞の過去形は基本的な決まり事を覚えておけば英会話で活用できますね!