have to

have toの正しい使い方

have toの意味や使い方&ニュアンスを例文でわかりやすく説明

「have to」は「〜しなければならない」という義務を表しますが、否定形での解釈や「〜に違いない」といった推量も意味するなど、様々な使い方があります。「have to」の例文やネイティブが使う場面などで、用法をチェックしましょう!

「Have to」「Should」の違いってなに?Aloha English英会話

「Have to」と「Should」の違いは義務と助言。必ずそうしなくてはいけないときは義務を意味する「Have to」。自分や相手に助言をするときは「Should」。