英文法

ネイティブ《Have to》の使い方は3つの場面を客観的に表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

「《have to》ってネイティブはどんな場面で使っているの?」

文法を勉強していても、いざ使ったときに本当にこの使い方で合っているのかな?なんて不安になりませんか?

実際にネイティブが使う場面を知れば、もっと自信を持って英会話に望めるはず。この記事では中学生のときに習った《have to》のおさらいとネイティブがよく使うシチュエーションをここではまとめていいます。

この記事はこんな方がよく読んでいます!

  • 英会話のための勉強やり直している大人の方
  • 《have to》の否定文と疑問文の使い方が曖昧な方
  • 助動詞を会話で使えるようになった方
  • 《have to》のネイティブの使い方を知りたい方

さらに「5つの助動詞で多彩なニュアンスを表現、英会話上達に必要な中学文法」も併せて読むと、会話のバリエーションが増えます。理解するだけではなく、必ず会話で使えるようにマスターしてください。

▼体験レッスンで特典あり!▼

Have toの基礎|意味は?発音って?

〈例文〉I have to finish this task by next Monday. 
「私は来週の月曜日までにこのタスクを終わらせなければならない」

意味:have to=〜ねばらならい、〜に違いない

発音:have to (ハフ トゥ)、has to(ハス トゥ)、had to(ハッ トゥ)

発音は普通のhave(ハブ)の音とは違うので注意してください。そして「v」の音なので、ちゃんと下唇と上の歯をくっつけるようにも意識してください。

Have toを英会話で使うための3つのルール

3つのルールとは「肯定文」「否定文」「疑問文」が正確に作れるかどうかです。

「肯定文」は、have to +動詞の原型、三人称単数のときは「has to」過去形は「had to」に変化。*肯定文は助動詞と同じようなルールです。

「否定文」と「疑問文」は一般動詞と変化の仕方をします。下記で例文を出しているので参考にしてください。

知識が曖昧な方は「中学英語をやり直し!!大人向け講座〜今さら聞けない一般動詞」を参考にしてください。では例文でチェックしていきます。

肯定文に必要な例文3パターン

You have to clean your room. (現在)
「あなたは部屋を片付けなければならない」

She has to call her mom. (三人称単数)
「彼女は母親に電話しなければならない」

They had to finish their report by the end of the last week. (過去)
「彼らは先週末までに報告書を終わらせなければならなかった」

否定形に必要な例文3パターン

You don’t have to clean your room. (現在)
「あなたは部屋を片付けなくても良い」

She doesn’t have to call her mom. (三人称単数)
「彼女は母親に電話しなくても良い」

They didn’t have to finish their report by the end of the last week. (過去)
「彼らは先週末までに報告書を終わらせなくても良かった」

疑問文に必要な例文3パターン

Do you have to clean your room?(現在)
「あたなは部屋を片付けなければなりませんか?」

Does she have to call her mom?(三人称単数)
「彼女は母親に電話しなければいけないの?」

Did they have to finish their report by the end of the last week?(過去)
「彼らは先週末までに報告書を終わらせなければいけなかったの?」

Have toを否定・疑問文で使う時のニュアンスに注意!

肯定文では「〜ねばならない」という訳になるのですが、否定文と疑問文ではニュアンスが変わるので注意が必要です。否定文では「〜する必要がない」、疑問文では「〜する必要があるの」というニュアンスになります。

つまり、《have to》はやんわりとした「義務」を表現する言葉なのです。よく《must》と混同してしまいますが、若干ニュアンスが異なります。

会話分で使うときには少し注意が必要ですね。ではなぜ「やんわり」としたニュアンスが出るのでしょうか。ネイティブの感覚をご紹介します。

ネイティブが使う《Have to》は誰かに命令されたと感じている

ネイティブは《have to》を“客観的”なニュアンスで使っています。先ほど否定と疑問文ではやんわりとした「義務」を表すと書きました。理由はこの“客観的”にというのがキーポイント。

You have to clean your room. 

部屋をきれいにしなさい!と誰かに命じられているようにネイティブは捉えます。自ら決めたことではなく、客観的にみて「〜しなければいけない」というニュアンスが含まれます。

だから、否定文・疑問文にしたときに「〜する必要がない」という表現となります。一方「must」は否定文・疑問文にすると「〜してはいけない」という禁止の意味になります。

ネイティブが《Have to》を使うシーンは3つの感情表現

誰かに命じられたような義務感

①I have to finish this task by next Monday. 
「私は来週の月曜日までにこのタスクを終わらせなければならない」

He has to study Business English.
「彼はビジネス英語を学ばなければならない」

①・②の例文の意味だけではなく、背景も想像してください。両方とも自分の意志で「よし!やろう!」というよりも、誰かに命じられたような義務を感じています。

①はもしかしたら、上司から命じられたのかもしれません。②では自分の仕事で必要に迫られたのかもしれないし、会社からそう命じられたのかもしれません。

客観的な高い推測

①He has to be Mike. 
「彼はマイクに違いない」

She has to be a teenager. 
「彼女はきっと10代に違いない」

こちらも《客観的》に見て「〜に違いない」または「きっと〜だろう」という訳になります。会話の背景をイメージすると①はマイクさんの人柄や見た目の情報を元に、きっと彼はマイクさんだろう。と推測した表現です。

②も同様、見た目が若かったり、話し方を見た結果、きっと彼女は10代だろう。という推測を表す表現となっています。

他人に押し付けられた時の不満・苛立ち

①She has to apologize to her clients. 
「彼女はお客さんに謝罪をしなければならない」

I have to move out of this apartment by the end of this month. 
「私は今月末までにはこのアパートを引っ越さなければならない」

時にhave toはイライラや不満を表す表現となります。他人に命じられているような義務かんがあるので、「嫌だな」「めんどくさいな」というニュアンスを伝える時にはもってこい。

①は何か失敗をしてしまって、謝らなければいけないケース。できれば謝罪はしたくないですよね。②は契約の更新か何かで、家を引っ越さなければいけない。やはり面倒臭いと感じる場面です。こんな表現をするのにhave toはとても便利です!

まとめ|Have toを英会話で正しく利用しよう!

  • 《have to》の基礎のおさらい
  • ネイティブが《have to》を使うときの感覚
  • ネイティブがよく使う3つのシチュエーション

これらについてまとめて行きました。しっかりと日常会話で使えるようになるための知識がたっぷりの内容でした。ぜひ会話でも使えるように身につけて行ってくださいね。

実際のレッスンではこの学んだ知識を実際に会話で使う練習を主に行っています。一度体験レッスンにいらして頂ければ、効果的に知識を実践する3つの方法を公開しています。

Aloha Englishの体験者レビューもチェック!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!