英文法

たった5分でわかる「頼む」英語表現|日常会話で使える11フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
たった5分でわかる「頼む」英語表現|日常会話で使える11フレーズ

「〜してもらえませんか?」と何かを頼みたいとき。英語でなんて表現すれば良いのだろうか。

知っている単語をつなげれば片言で通じそうだが、失礼な表現は使いたくない。日本人として、その気持ちよくわかります。

この記事では相手に何かを「頼む」英語表現を7フレーズご用意しています。軽く頼み事をしたい、丁寧に頼み事をしたいなど、状況に応じた表現をまとめました。どれも簡単な中学英語を中心にご紹介いたします。英語が苦手な方でも今すぐ使える表現ばかりです。

さらに複雑な状況に対応する「頼む」に関する4つの表現もここで復習して頂ければと思います。応用表現となりますが、知っていると必ず役に立つはずです。ぜひ最後までご覧ください。

1.頼む時の定番7フレーズ

1-1.普通に頼む3フレーズ

海外旅行先、ホテル・レストランで働いているスタッフに何かを頼みたい。そんなときに使えるフレーズです。助動詞の「Can」や「Will」を使った表現を使うのが最もスタンダード。基本的な頼み事はこの2つで対応できるはずです。

簡単な英語で頼みたい時は、「Please」を使うのがセオリー。難しく考えず、このフレーズに合わせて頼み事をしてみてください。

①Can you〜?

Can youは相手に頼み事をするフレーズの1つ。「〜してもらえますか?」という意味になります。

  • Can you keep my luggage here?
    「ここで私の荷物を預かってもらえますか?」
  • Can you bring me wine?
    「ワインを持ってきてもらえますか?」

②Will you〜?

Will youも相手に頼み事をするときのフレーズです。Can youと一緒で「〜してもらえますか?」という意味になります。

  • Will you call a taxi for me?
    「タクシーを呼んでもらえますか?」
  • Will you give me a check?
    「チェックをいただけますか?」

Can you とWill youはどうやって使い分ければ良いか?という質問を生徒から頂きます。基本的には大きな違いはありません。使いやすいフレーズを使ってください。

もしこれらのフレーズの違いを詳しく知りたい方は「依頼を表す Will you と Can you の違い」を参照ください。

③Please +命令形

このフレーズが最も簡単に頼み事をすることができます。「〜してください」という意味で使うことができます。

  • Please sign here. 
    「ここにサインをしてください」
  • Please send me an email. 
    「メールを送ってください」

1-2.大事な頼み事3フレーズ

大事な頼み事をしたい、言い換えれば、丁寧に頼みたいときに使えるフレーズです。

①Could you〜?

Can youをCould youに変化させた言い方です。Could youにすることによって、より丁寧な表現になります。

  • Could you send me the invoice?
    「請求書を送っていただけますか?」
  • Could you introduce me your managaer?
    「あなたのマネージャーを紹介していただけますか?」

②Would you〜?

Will youをより丁寧にした言い方です。Can youを同じように、WillをWouldに変化させています。

  • Would you come to my office?
    「私のオフィスに来ていただけますか?」
  • Would you tell me the truth?
    「私に真実をお話いただけますか?」

③Pleaseを付け足すとさらに丁寧に

Can you / Coudl you? とWill you / Would you?の表現に付け足すとさらに丁寧になります。pleaseをいれる場所ですが、文末と文中の2つがあります。使いやすい方を選んで使ってく浅い。

文末にPleaseを置く場合

  • Can you keep my luggage here, please?
    「ここで私の荷物を預かってもらえますか?」
  • Will you call a taxi for me, please?
    「タクシーを呼んでもらえますか?」

文中にPleaseを置く場合

  • Could you please send me the invoice?
    「請求書を送っていただけますでしょうか?」
  • Would you please tell me the truth?
    「真実を話していただけますでしょうか?」

5つの助動詞で多彩なニュアンスを表現、英会話上達に必要な中学文法

1-3.頼み事をいう前に、使える一言フレーズ

①do me a favor:頼みごとがあります

相手にお願いがある、という一言を添えたい時に使える表現です。親切かつ丁寧な表現となります。大事なことを頼む場合に使ってみてください。

  • Could [Would] you do me a favor? 
    「頼み事があるのですが?」

2.「頼む」に関する4つの応用表現

「頼む」に関する4つの応用表現

2-1.人に何かをしてもらうように頼むとき

「彼に私の妹を空港までに送ってもらうように頼みたいんだけど・・」

ちょっと複雑なこの日本語。これを英語にするとき、便利な4つ応用表現をご紹介します。1文に2・3人の登場人物がでてくるので、ややこしく感じるかもしれません。日常会話でよく使う表現なのでマスターしましょう。

ask、tell、want、order

これら4つの動詞を使って「人に~するように」というニュアンスを表現します。

2-2.ask  人 to V=人にVするように頼む

Ask 人 to V=人にVするように頼む

誰かに何かするように頼む時に使える便利なフレーズです。では下の例文を見ていきましょう!

  • I asked him to send an Email.
    「私は彼にEmailを送るように頼んだ」
  • She asked me to help her.
    「彼女は私に彼女を助けるように頼んだ」
  • I will ask you to do that.
    「私はあなたにあれをするように頼むでしょう」

2-3.tell 人 to V =人にVするように言う

tell 人 to V =人にVするように言う

使い方はaskと一緒ですが、やや強めな言い方になります。

  • I will tell him to submit the document.
    「私は彼にその書類を提出するように言います」
  • She told him to go away.
    「彼女は彼に立ち去るように言いました」
  • He told his girlfriend to cook his lunch.
    「彼は彼女にランチを作るようにと言いました」

2-4.want 人 to V=人にVして欲しい

want 人 to V=人にVして欲しい

「あなたに~して欲しい!」、つまりこれも「~して」と頼むことができます。Wantを使ったこの形は、日常会話でよく使われます。

  • I want you to come to my office.
    「あなたに私のオフィスに来てもらいたい」
  • She wanted me to leave the room.
    「彼女は私に部屋を出て行って欲しかった」
  • He wants you to love him.
    「彼はあなたに愛してもらいたかった」

2-5.order 人 to V=人に~するように命令する

order 人 to V=人に~するように命令する

権力を持つものが使える必殺技、それが命令。日常会話では多用しないようにしてください。

  • I will order him to get a new contract.
    「私は彼に新しい契約を取ってくるように命令します」
  • My boss ordered me to come to his office.
    「上司が私に彼のオフィスに来るように命じられた」
  • Our president ordered his team to announce the news.
    「我々の社長より彼のチームにそのニュースを流すよう命を受けた」

3.お礼をするための英語表現

Thank you

相手に頼み事をしたとき、感謝を伝えることを忘れずに。Thank youと伝えれば、相手にしっかりと感謝の気持ちが伝わります。

3-1.Thank you・Thanks

語尾にso muchやvery much, a lot

Thank you の後ろにつけると、感謝の気持ちがより伝わります。

「どうもありがとう」

  • Thank you so much
  • Thank you very much
  • Thank you a lot

Thanks

ややぶっきらぼうな言い方。お友達や信頼関係がある人に使ってください。

  • Thanks. 「ありがと!」

3-2.Thank you for 〜

ただ「ありがとう」と伝えるのではなく、何に対して感謝を述べているのかを詳しく伝えることができます。for の後ろに、感謝していることを入れてください。

  • Thank you for your arrangement
    「あなたの手配に感謝します。」
  • Thank you for your kindness
    「ご親切にありがとうございます。」

4.まとめ

「頼む」の英語表現を11フレーズご紹介しました。頼み事をするときに使える3つのフレーズ。

  • Can you〜?
  • Will you〜?
  • Please+ 命令文

大事な頼み事をするための3フレーズと頼み事をする前の一言フレーズ。

  • Could you〜?
  • Would you〜?
  • 文中または文末のPlease
  • do me a favor

さらにask、tell、want、orderの4単語を使ったフレーズの紹介もしました。これらのフレーズを使いこなすことができれば、表現の幅が大きく広がります。最後に感謝の気持ちを忘れずに。人に何かを頼んだら、Thank youと伝えるのがマナーです。

海外旅行先や仕事でのビジネス、全てのシーンで使える最も基本的な表現の1つ。英語が苦手と感じている方でもすぐに使えるフレーズばかりです。積極的に会話で使いましょう。


最後に、英語が苦手な向けのコラムもご用意しております。英会話を上達させたい、とお考えの方。「英語が苦手と感じる5つの場面と話せる人に共通するたった1つの習慣」こちらの記事も併せてご覧ください。

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!