スピーキング

英語を話せるようになるには?|必要なスキル・マインドから勉強法まで一通り解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
英語を話せるようになるには?

英語を話せるようになるにはどうすればいいか、対策や方法など知りたい方も多いですよね。

以下のようなお悩みを抱えて、なかなか英語学習が進まない・または始めることもできないのではないでしょうか。

  • 学生の頃から英語への苦手意識がなくならない…
  • 英語を話せるようになるために、どのような勉強をしたらいいのか分からない
  • 過去に何度か、英語学習を試してみたけど続かなかった

英語を話せるようになるには、学校や大学受験対策でしてきた学習とは異なる対策が必要です。基本的なことから必要なスキル、重要なアウトプット対策のほか英語コミュニケーションで必要なマインドなど、総合的な学習が求められます。

初心者の方はハードルが高く難しく感じるかもしれませんが、正しい対策・学習を実践すれば独学でも上達できます。本記事では英会話で必要なことを網羅しましたので、ぜひご参考ください!

ページコンテンツ

1.英語が話せるようになりたいけど…上手くならない理由・傾向

「スピーキングができるようになりたい!」といった希望はあるものの、英語が全然話せるようにならないという方は特定の傾向がありますので、以下で原因など確認してみましょう。

1-1.大学試験や資格などに特化した勉強に慣れてしまった

大学試験などの対策に慣れてしまった

英語を勉強するきっかけの多くが、中学や高校での授業や受験であります。大学受験やTOEICなどの試験に特化した勉強や対策で、正しい文法や単語を覚えることを重視します。

受験や試験対策の勉強自体は悪いことではなく、むしろ実用的な英会話をマスターする上で大事な土台となりますが、逆に「話すために必要な練習方法」を知らないまま社会人になり、どうすればいいか分からないというケースもありますね。

▷参考:日本人が英語が苦手な理由とは?

1-2.英語での失敗やネイティブに通じてもらえないことを恐れている

英語での失敗を恐れる

上記の大学受験などの学習と関連して、「英語は正しく使うべきだから、失敗するリスクが怖い…」とのイメージもあります。間違いないことを意識した勉強だと、英会話の場では失敗を恐れて積極的にアウトプットできない人もいるでしょう。

ただ、日本人でも日本語を間違えることが多々あるように、ネイティブもまた完璧な英語を話すわけではありません。少しくらい間違えてもいいから、英語を話せるようになるために楽しく、興味を持って英会話に取り組むくらいの意識がベストですね。

1-3.話せるまでに何をするべきかが分からない

英語を話すまでの過程が分からない

英語を話せるまでに必要なスキルや学習的な過程が分からないことで、なかなかスピーキングが上手くならない人もいるでしょう。

詳しくは以下、または関連記事にてご紹介していますが、英会話への対応スキルでは勉強方法のほか意識的な課題もあります。とりあえず英語に触れてみる前に、正しい方法を確認してみてはいかがでしょうか。

▷参考:英語のスピーキングで効果的な練習方法を解説!

2.英語が話せるとは?|どれくらいの英会話力があれば話せると言える?

英語が話せると単純に言っても、会話レベルは実際のところ異なります。英語力の基準として、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベルを参考にしつつ以下でまとめました。

英語が話せるレベル感について、理想的にネイティブ(CEFR:C1以上)と同等まで考えられますが、日常会話・ビジネスでもある程度通用できるレベルならCEFR:B1の目標が良いでしょう。

2-1.初歩的な日常会話ならできるレベル

初歩的な日常会話レベル

挨拶や自己紹介など、基本的な英会話ならできるレベルでも一応英語が話せると言えます。日常会話限定になりますが、まずは基本からの習得は初心者にとって必須でしょう。

中学英語の知識・インプット学習ができている

初歩的な英会話はそれほど難しい知識は必要とせず、中学英語の文法や単語が理解できれば対応可能です。

自分の意見を主張するまでの英語表現はまだ難しいですが、一般的なフレーズなら応対できる知識を持っています。お店でスタッフに「Can I help you?(何かお探しでしょうか?)」と聞かれた際、「I’m just looking.(見ているだけです)」といった具合で、よく使う英語表現のインプット学習ができています。

CEFR:A2レベルの初心者

英会話レベルについて、多言語で共通して使える指標であるCEFR(Common Europan Framework of Referece for Languages)がよく使われますが、この初歩的な日常会話レベルはCEFRで当てはめると、下から2番目のA2レベルになるでしょう。

A2でも最低限の英会話は可能ですが、ビジネスシーンや日常会話において「自分は英語を話せられます」と堂々と言えるには、もう1ランク上の英語力が求められます。

2-2.より自然な英会話ができるレベル|初心者はこの英語力を目指す!

より自然な日常会話ができるレベル

初歩的な日常会話から1つ上のレベルになると、ネイティブの英語も聞き取りができるようになるほか、柔軟な英語表現も可能になります。

リスニングのほか自分の意見を伝える表現力も

言語面でのコミュニケーションが最低限成立するレベルでは、ただ質問に答えるだけでなく、自分の意見や気持ちを正確に伝えるところまでが必要です。

相手の意見を正しく聞いた上で、「I mostly agree with you but…(ほとんど同意見ではありますが…)」など、自分の見解や反論を伝えることができれば、ビジネスシーンでも通用する英語力だと言えます。

CEFR:B1レベルを超えた中級者

CEFRの基準では「自立した言語使用者」とも言われるB1〜B2のレベルが、より自然な英会話ができる領域です。

インプットした英語のフレーズ・単語などの知識を瞬間的にアウトプットできる言語力があり、日常会話レベルのほか、専門的な内容・話題にも対応できます。英語初心者が目指す英会話レベルでも、このB1が一つの基準になりますが、A2からB1のステップアップで挫折する人も多いですね。

英語の日常会話レベルの基準を詳しく!

2-3.ネイティブと同等に話せるようになれるレベル

ネイティブと同等の英会話レベル

さらに上の英会話レベルになれば、ネイティブとの対等なコミュニケーションも可能となります。

▷参考:英語がペラペラになる学習ステップ

言語力だけでなくカルチャーの理解もできている

ネイティブとの英会話では高度な内容や長文のリスニング・スピーキングができるだけでなく、海外のジョークや感性・カルチャーの理解も求められます。

同じ目線・考え方ができることではじめてネイティブレベルの英会話スキルが得られる、という考え方です。そのためには、海外文化の学習や英会話のアウトプット学習を通して、英語での意思疎通に慣れるほかお互いのコミュニケーション経験も積み重ねる必要があるでしょう。

上級者は英語脳が身に付いている

言語面でのスキルに触れると、英語上級者は英語脳の適応がされています。

英語初心者は聞き取った英語に対して「お昼は何食べる?って聞かれているから…」と、日本語に一旦置き換えて考えてしまいます。そうでなく、上級者は英語のまま認識できるので、間もなく瞬間的なレスポンスができます。

英語脳の特徴・効果的な作り方でも解説していますが、ネイティブと同等の会話を実現するためにも、普段の英語学習でも英語脳の意識をしておくといいでしょう。

3.英語を話せるようになれることでのメリット

英語を話せることで、具体的なメリットを確認することで自分の英語学習の目的やゴールが明確になります。モチベーション向上も目的に、英語を話せることの強みをチェックしておきましょう。

英語を話せることでのメリットをこちらでも紹介!

3-1.キャリアアップでの強みになる

キャリアアップの強み

英語が話せる人材の需要は高まっており、日本に限らず外資系企業や海外への就職・転職で有利になります。

  • 海外出張・転勤で必要なTOEICのスコアをアップしたい
  • エンジニアの仕事を外資系でもチャレンジして、年収を飛躍的に上げたい
  • 今のポジションや会社に関し、将来的な懸念が大きい

仕事や生活の不安や、今後の人生を考えた上で英語力は必要となる考えから、社会人からの英語習得を目指すケースは多々あります。

英語学習は意味ないという人の意見もありますが、少なくとも海外移住や英語習得をした立場であれば英語が意味ないとは思いません

英語を習得したことがなく、日本語だけの環境に満足しているからといった個人の背景も影響しますので、他人の意見に振り回されるよりも自分が英語習得の目的や強みが明確にあるか、しっかり検討してみましょう。

3-2.海外の人脈形成・グローバルな視点が身に付く

海外の人脈・グローバルな考え

英語ができることで、海外とのネットワークや情報収集という観点からもメリットがあります。

  • 外国人の友達ができて価値観が広がった
  • マーケティング業界の海外資料から情報を得て、色んな戦略を思いついた
  • 海外製品やツールを積極的に導入できた

日本語しかできない人と比べて、英語が話せるようになれると様々な選択肢やネットワークが生まれます。日本という国も恵まれてはいますが、海外の方がより進んでいる業界や分野もありますので、最新の情報や製品などを得られる機会もあるでしょう。

3-3.英語でのコミュニケーションができることでの自信

英語が話せることの自信

また、英語ができることでの自信やポジティブシンキングも大きなメリットです。

今まで、英語ができない・話せないと「自分はグローバル化の社会についていけない存在なんだ…」とネガティブに捉えてはいないでしょうか?

言語面のコミュニケーションができないと不安や自信喪失にもつながりますが、少しずつ英語でのコミュニケーションを実践して、意思疎通での成功体験を得られると自信へと変わります。

英語ができることで、本業や仕事も上手く行ったり私生活が充実など様々な相乗効果も期待できます。今のライフスタイルやキャリアで今一つ自信が持てない人は、語学力での強みが大きな助けになるでしょう。

4.英語を話せるようになるマインド・考え方

英語を話せるようになるためには語学面でのスキルも重要ですが、その前に考え方・マインド面でも正しい情報を得るべきです

英会話・コミュニケーションにおけるマインドセットは重要で、仮に英語の基礎や表現力はあっても、気持ち的な問題で上手く英語を話せない日本人も多いです。重要な上達法の一つなので、英会話が苦手な人はぜひ確認してみてください。

▷関連記事:英会話の上達法をスクール講師から解説

4-1.英語学習は勉強でなくコミュニケーション

英語習得はコミュニケーション

英語学習に取り組む際、覚えることに意識したりタスク化された勉強を消化するような感覚も抱くかもしれません。

ですが、話す英語スキルを習得するには英会話の楽しさや実践的なコミュニケーションの興味関心がないと、学習の継続が大変になります。

受験勉強とは異なり話すことが目的

受験勉強での英語学習のイメージ・印象が強い人は、暗記や長文読解などインプット学習中心のやり方は忘れてしまいましょう。

基礎学習としては正しいやり方ですが、英語を話せるようになるためには話すことを目的にした学習・カリキュラムが必要です。

コミュニケーションの楽しさを知れば上達が進む

英会話が楽しく感じれば、上達は早くなります。今ある知識を使って英語表現を考えてみたり、自分の意見や感情が相手に伝わった成果が嬉しく感じることで、コミュニケーションが上達するでしょう。

出川イングリッシュで英語が通じる理由でも触れている部分で、英会話では文法や構文などの正確なルールに縛られすぎないのがポイントです。正しい英語表現を気にするあまり、英会話がぎこちなくなり難しく考えすぎてしまう初心者もいます。

4-2.前向きに学習できれば英語学習の効率が上がる

ポジティブな意欲が大事

英語学習ではマインドの変化によって、習得のスピードも変わってきます。個人差はありますが、言語学的な観点からも重要とされています。

ネガティブに考えると学習効率が悪くなる

自分が本当に英語を習得できるのかといった懸念や、英語を話せないのは自分の努力不足とは別に原因があるのでは?といった疑心暗鬼な思いは、悪影響を及ぼします。

  • 英語ができないのは、仕事が忙しかったり周囲の環境に原因がある
  • 自分は元々、語学の才能がない
  • 今から英語を勉強しても習得は難しい

といったネガティブ思考が強くなると、日々の英語学習も効率が悪くなります。

ちょっとした成功体験が自信に

英語力はたとえ低くても「スムーズに英語で返答ができた!」「早い英語も聞き取れるようなった!」など、ちょっとした成功体験から自信を得ることが大事です。少しでも英語の上達を実感すれば、もっと上の英語レベルを目指せるはずです。

言語学者のクラッシェンも、「情意フィルター」という仮説より言語学習者が不安や自信喪失などに影響されると、習得能力が低下することについて提唱されています。それだけ、人間の感情・感性というのは勉強の質を左右します。

▷参考:クラッシェンの第二言語習得理論・モニターモデル

4-3.英語学習に完璧はない|間違えてもいいから積極的に話す

英語学習に完璧はない

英語など語学の習得というのは、失敗と成功の繰り返しで上達します。正しい勉強法を実践したとしても、間違えというのは必ず起こるでしょう。

間違えに気付くことが成長への第一歩

日本人にありがちなことで、「変な発音をすると笑われる」とか「失敗が恥ずかしい」といった考ええにとらわれてしまいます。

間違いが許されない受験英語に引っ張られて失敗を避ける傾向もありますが、英会話スキルの習得には間違えに気付くのが何よりも大事です

仮に間違えても、「正しい英語の発音が分かった!」とか「自分はこの英文法を復習するともっと成長できる!」と上達へのきっかけとして認識すると、より英会話が上手くなるでしょう。

40代でも年齢に関係なく上達できる

マインドセットに関して、年齢の壁を感じて英語習得が消極的になるケースもよくあります。

幼少期の頃から英語学習をすればより上達しやすいのは事実ですが、30~40代から始めても英語は習得できます。暗記に頼らずインプットとアウトプットで効果的に取り組むことで、年齢に関係なく英を話せるようになるでしょう。

英語を話せるようになりたい30~40代向けの学習

5.英語を話せるようになるために必要なスキル

マインドセットは精神的・思考面での大事な要素でしたが、言語的な要素で必要なスキルも確認します。基礎から応用まで幅広く網羅できることが大事です。

5-1.中学英語レベルの基礎|英文法・語彙力

英文法や単語などの基礎力

英語が全くできず一から対策する初心者は、中学英語のやり直しがおすすめです。中学英語を学び直すことで、英会話で必要な文法や語彙力が身に付きます。

英語を話す上で、アウトプットばかり重視して英文法の自主学習をしない人も多いですが、それでは話せるようにはなりません。英会話スクールで挫折する初心者にありがちな課題で、アウトプット学習ばかりしても、英語を構築する知識がないと正確な英語表現はできません。

  • 英文の正しい順番・構文
  • 時制や分詞などの英文法
  • 最低限の語彙力

これからの基礎力は英会話で必要なスキルとなるので、インプット学習でしっかりとおさえておきましょう。

5-2.英会話が苦手な人はリスニング・発音を重点的に対策

リスニング・発音対策

英語の基礎力はあっても話すのが苦手な人は、リスニングスキルや発音の理解が不足しています。

英語を話せない・聞き取れないのは日本語にない発音の理解ができないから

日本人が英語の習得で時間がかかる理由でもありますが、日本語にない発音で挫折する初心者が多いです。

英語の母音・子音や発音の変化・ルールを知っておかないと、英語の聞き取りは上達しません。

リスニングができると大きな自信に!

発音やリスニング対策ができれば、自分のスピーキングも上手になり、英会話で聞き取れない不安から解消されます。

英語表現力が完璧でなくても、相手の言っていることが理解できれば英語を話すことへの安心感や自信が得られます。流暢に話したい気持ちもあるかと思いますが、着実に発音やリスニング対策をしておくと、確実にステップアップできるでしょう。

5-3.アウトプットの経験・反復練習に慣れる

アウトプットの反復

英会話のスキルでは、アウトプット・会話に慣れることも大事ですね。基礎のインプット学習だけでなく、覚えた知識をどう活かすか経験を積むといいでしょう。

英語は覚えるだけでは習得できない

英語が話せるようになる人は、英語知識のアウトプットに長けています。英単語やフレーズをただ覚えていても、どのような場面で使えるかを知っておかないと覚えたままで留まり、言語を習得しているとは言えません。

覚えた英語をアウトプットで使う練習をして、英語表現やスピーキングの質を上げていきます。英語の独学でもインプットとアウトプットの反復は大事で、以下でも具体的な学習方法を説明しています。

繰り返し話すことでコミュニケーションで必要なマインドも身に付く

実践的な英会話のトレーニングを繰り返すと、英語のコミュニケーションに慣れて積極的な自己表現・意思疎通もできるようになります。

最初は英会話への不安もありますが、少しずつ話せるようになれれば自信がつき、英会話で大事なマインドセットも作れます。

6.英語を話せるようになる上での目的・目標作り

英会話スキルや大事なポイントを確認した上で、実際に勉強し始める時には目的・目標の意識付けをしておきます。

英語を話せるようになる、という一つの目的について深く掘り下げたり、英語スキルを身に付ける理由や動機などをしっかり考えておくことが重要です。

6-1.英語が話せるようになるために|インプット・アウトプットが瞬時にできること

英会話は言わば、英語に関する総合的なスキルが必要で、仮にリスニングやリーディングなどインプット(読解力)ができていたとしても、どのように英語をアウトプットするかという点で学習が足りないと、スムーズなコミュニケーションが難しくなります。

自然な英会話ができるようになるイメージ

さらに、実際の英会話で聞いた英語をダイレクトで理解して、反射的に回答すると言った瞬発力も大事です。以下のような英語を相手に言われた時を例として挙げてみます。

瞬時に英語で返すイメージ

→「ジョーズという映画を昨日観たんだな」→「それはどうだった、と聞きたい」→「How was it?」と英語で言おう

このように、リスニングの度に段階的な翻訳を繰り返すと会話対応が遅くなります。実際、不自由なく英語を話せるようになるレベルになるためには、反射的に「How was it?」と答えられるのがベストです。

英語学習に取り組む時も英語脳を常に意識

英語上級者において英語脳が身に付いている説明をした通り、ネイティブレベルの英会話では日本語を介さず英語のまま認識できるスキルが必須です。

インプットとアウトプットの瞬間的な対応ができるためにも、普段の英語学習から英語脳の意識をしておくと上達します。長文読解で日本語訳を考えず理解しようとしたり、英語の意味を日本語でなく英文で説明できるようにするなど、少しずつでもいいので心がけてみてはいかがでしょうか。

6-2.自分がどのような瞬間・場面で英語を話したいか?|ゴールを明確に

英語学習を続けられるモチベーションとして、英会話をする具体的なシーン・イメージを思い描くといいでしょう。

ただ漠然と、「転職とかで英語スキルがあると便利だから」と言った理由より、「3年後までには海外移住して、現地でビジネスをはじめる計画がある!」くらいの具体性があると、その目標に向かうまで何をするべきか明確になってきます。

英語学習の目的を明確に
  • 必要となる英語レベルは?
  • 英語を話せることで、自分にとって何が変わるか?
  • どのくらいまでには英語を話したいか?

といったポイントを考えずただ英語を勉強するだけでは、具体的なゴールや目標に向かえず中途半端な対策で終わってしまうことも考えられます。

6-3.英語を話せるようになるまでの期間・学習時間も決める

英語を話す目標を達成するには、目安となる学習時間・スケジュールの設定が大事ですね。

英語初心者は最低でも1,000時間の学習時間が必要

社会人が英語を習得するまでに1,000時間の学習期間が一つの基準になると紹介しています。実際、1,000時間までかけなくても英語を話せるようになるレベルに達することも多いですが、長期的な学習が必要なのは事実ですね。

ですので、3ヶ月〜半年くらいのスパンでゴールを決めて、学習時間を逆算することでどれくらいの勉強をすればいいのかを考えておくと、計画的な英語学習ができます。詳しくは、英語習得で必要な学習時間の解説ページをご参考ください。

毎日の学習スケジュールを決めて実践する

長期的な学習計画

学習時間を確保するために、英語に毎日触れる習慣化を心掛けましょう。以下でも説明していますが、無理のないスケジュールで毎日学習すれば独学でも上達します。

「夕食後は30分リスニング対策をする」「通勤途中はアプリで基礎対策をする」など、隙間時間で英語を勉強するルーティンができれば着実にレベルアップできます。

英会話の目標を設定する正しい方法とは?

7.英語が話せるようになるためのスタート|まずは普段から英語に接することから

初心者の方が英語を話せるようになる際に、お役立ちいただける学習ノウハウを以下でまとめました。

英語への苦手意識があると、勉強が思った以上に負担となりしんどく感じますよね。いきなり本格的な独学に取り組むより、英語に慣れる・接することからスタートしてみてはいかがでしょうか。

▷おすすめ記事:英語を話せるようになりたい方に効果的な対策を教えます

7-1.英語の勉強を毎日続けることが重要

初心者は毎日の勉強を続ける

英語をマスターするまでに、1,000時間以上といった長期的な学習対策が必要になりますので、毎日コツコツと勉強を続けていくのが確実です。

普段から英語に浸かる生活をすることも一つの学習になり、隙間時間ですぐできる勉強から英語に触れることで、英語を英語として理解できるような英語脳の適用など少しずつ上達していきます。

7-2.英語の独学が続かない場合は?

楽しく学べる英語学習対策

「毎日英語を勉強するのは正直しんどい…」という方は、まず英語を聞くことからはじめてみるのもいいでしょう。

身近なコンテンツから英語を聞く

厳密に言うと、英語を話せるようになるためには、スピーキングなどアウトプットの練習も必要ですが、リスニングへの慣れも同じく重要ですね。

  • 日本で起きたニュースを英語で聞いてみる
  • 洋画を吹き替えでなく英語で、字幕で観てみる
  • YouTubeで英語のスピーチを聞きながら仕事をする

など、BGM代わりにネイティブの音声を流しっぱなしにするのもいいですね。具体的な英語学習をあまりしたくない日は、好きなコンテンツ・音楽を聞くだけといった気分転換にもなります。

英語学習アプリの活用がおすすめ

英語初心者は、学習アプリが教材として使いやすいです。ゲーム感覚で基礎から学べるほか、最近のアプリ教材は無料でも質が高く、リスニングやリーディング、発音練習なども行えます。

短時間での学習もしやすく、通勤途中やトイレ・休憩時間などでもコツコツ取り組めます。

▷参考:ビジネス英会話でおすすめのアプリまとめ

7-3.英語での日記や独り言など簡単に始められる練習から

英語日記や独り言

英会話は何から始めるべきか?でお悩みの初心者も多いですが、初心者向けの学習で毎日継続できるものとして、英語での日記などが効果的です。

普段の生活で起きたことを英語で表現すると、英会話で使えるフレーズを覚えられるようになります。スピーキングで参考になるほか、一回で10分ほどの短時間でできますので取り組みやすいですね。

英語の日記を使った学習方法の詳細はこちら!

また、普段の生活で英語のリアクションについて独り言でアウトプットしてみるのもトレーニングの一種ですね。プライベートやビジネスシーンでの出来事について、見たり聞いたり話したりする一連の行動を英語と結びつけると英会話スキルに活かせるでしょう。

8.英会話の基本・インプット学習

以下では、英語の基礎が身に付く本格的な対策・インプット学習をまとめました。英語を話すために必要な知識を覚えておきましょう。

8-1.英単語の対策|暗記に頼らず使って覚える

英単語は暗記に頼らない

基本的な語彙力を目的に、英単語帳を使った勉強をする人も多いでしょう。

基礎の土台づくりとしては正しいですが、注意点として単語をただ覚えるだけでは話せるスキルにはなりません。大事なのは、覚えた英語をライティングやスピーキングで常に使うことです。

独学での参考で、英単語を効率良く覚える方法を紹介しています。これまでの自主学習で暗記作業に苦戦していた人は、役立つと思いますのでぜひご参考ください。

8-2.英文法は中学英語からの復習

中学英語レベルの文法

英文法も単語と同様に、英語を話せるようになる知識です。表現したい英単語があっても、どのような語順や時制にならうべきか分からないと、正しい表現ができません

簡単な例で、「あなたは忙しいですか?」と質問したい場合に「Are you busy?」の正しい語順が瞬間的に出てこなく、「busy?」と単語ベースで話してしまうことが初心者にあるでしょう。

「あなたが忙しいの? 私のことを聞いているの?」と相手との正確な意思疎通が取れず、そういった意味からも語順・構文のルールを覚えておく必要性は高いです。

中学英語のやり直しでお困りの方はこちら!

8-3.基本的な英語の発音も覚えておく

英語の発音対策

独学でも英語の発音対策は可能で、以下のポイントを学習しておくとリスニングやスピーキングが上達します。

  • 発音の基本(母音・子音)
  • イントネーション・リズムの使い分け
  • 3種類のリエゾン(音の変化)

日本語にない発音や、スペル通りに読まない音の変化が特に初心者を悩ませる要素で、この辺りを理解できないと英語の聞き取りも難しいでしょう。

逆を言えば、リスニングが苦手でも発音のルールや発声方法が分かれば話す英語スキルを習得できます。母音・子音の発声方法や、リエゾンによる音の変化について以下の記事で詳しく紹介していますので、あわせて読んでみてください。

英語発音のコツ・口や唇の形を知れば上達!

9.英語を話せるようになるために必要なアウトプット学習

インプット学習とあわせて、英語表現を鍛えるアウトプット学習のポイントもまとめました。

基本的には独学でのトレーニングが必須ですが、もっとアウトプット学習量を増やしたい場合や、対人での英語コミュニケーションに慣れたい目的があればオンライン英会話の活用も効果的です。

9-1.まずは独学で対策|リピーティング・シャドーイングなど

独学でのスピーキング対策

独学での対策では、リピーティングやシャドーイングなどリスニングとあわせて行うアウトプット対策がおすすめです。

  • リピーティング|聞きづらい・発音しづらいフレーズを重点的に対策
  • シャドーイング|瞬間的な読解能力なども対策
  • サイトトランスレーション|聞き取りや読解能力を強化する対策

自分が特に強化すべき英語スキルや弱点にあわせて、トレーニング方法を使い分けます。

ネイティブの発音を真似して、自身の発声で再現できるようにあればスピーキングの質が上がります。詳しくは関連記事でも紹介していますので、独学でのスピーキング対策でお困りの方はぜひご参考ください。

英語のスピーキングが上達する方法をこちらで解説

9-2.アウトプットが苦手な人はライティングがおすすめ

英語表現が苦手ならライティング

アウトプットへの苦手意識が強い場合には、時間を使って英語表現をするライティングが効果的です。英文法や構文の確認にもなり、正しい英語の語順で話すような感覚でライティングができると英会話も上手くなります。

関連記事でも紹介していますが、英語ノートの効果的な書き方も実践することで復習も効果的に進みます。ライティングを続けることで、日々の学習成果を振り返られるでしょう。

英語のライティング勉強法解説ページ

9-3.アウトプット学習量を増やすにはオンライン英会話が効果的

オンライン英会話の活用

自主学習でのスピーキングも大事ですが、一人でのアウトプット学習では英会話のスピードや相槌などのリアクションなど、実践的なコミュニケーションに慣れない課題もあります。

「日本人講師に初心者向けの指導をしてもらいたい」とか「ネイティブ講師との会話で専門的なトピックでもコミュニケーションできるようになりたい」など、目的に応じてオンライン英会話を活用する選択肢もあるでしょう。

オンライン英会話の効果と注意点をチェック

独学のノウハウをもっと知りたい方は英語学習ガイド・コラム記事で

独学でお困りの人

Aloha Englishではオンライン英会話などのサービスを提供しているほか、当サイトにて英語をより勉強したい方向けの学習資料もダウンロードできるなど、サポートさせていただいております。

無料で配布している英語学習ガイドについて、これから英語を話せるようになりたい初心者の方へ必要な知識・学習ノウハウをまとめていますのでぜひご活用ください。

当サイトのコラム記事も独学を中心に、役立つ情報を公開しています。英語を話せるようになるために大事な言い換え・置き換えテクニックなど、ちょっとした知識や対策をすればすぐ効果が出る英語表現の方法もあるので、引き続きAloha Englishのコラム記事をお読みいただけますと幸いです。

Aloha Englishでの初回は無料カウンセリングでお悩み相談

無料カウンセリングからの相談

また、英会話レッスンにご興味のある方向けに、Aloha Englishでは初回受講にて無料のカウンセリングと体験レッスンを受けられるようになっております。

無料カウンセリングでは、個人での英語に関するお悩みや、英語を話せることで達成したい目標などお聞かせいただき、あなたに合った最適のレッスンやカリキュラムなどご提案させていただきます。

体験レッスンの詳細・お申し込みはこちら!

実際にレッスンを受講した生徒の体験レビューからでも、レッスン内容のイメージなどご参考いただけますのでぜひお読みくださいませ。

Aloha English英会話の生徒さん体験談はこちら!

人気のスピーキングレッスンコースで基礎から学習

スピーキングレッスンコース

英会話やスピーキングを重点的に上手くなりたい場合には、月20回まで受講できるスピーキングレッスンコースがおすすめです。

他の英会話教室では週1回程度しか通えず、どうしても英語を話す機会の少なさがネックになることもありますが、Aloha Englishではオンラインでのお手軽な方法で、英語漬けの環境を体験することができます。

スピーキングレッスンの受講の流れや料金詳細について、気になる方はチェックしてみてください。Aloha Englishでは無理な勧誘はなく、まずは皆さんのお悩み・ご希望についてお聞かせいただき、望む結果に見合う提案でのサポートから始めさせていただきます。

10.英語を話せるようになるためのポイントまとめ・注意点

英語を話せるようになるために必要な情報・学習対策について、一通り解説しました。大事なポイントは以下の通りです。

  • 初心者からの英語学習は、CEFR:B1レベル(中級者)の英会話力を目指す(いきなりネイティブレベルの目標は高い)
  • 語学面の幅広いスキルのほか、英語を話すマインドセット・考え方や目標なども重要
  • 英語の基礎力やアウトプット対策など、独学でも十分に上達できる

英会話講師からの立場でも、一からの英語学習ですぐ英会話レッスンなど本格的なアウトプットの対策をするのは望ましくないと考えます。

10-1.英語初心者は独学からの対策|留学やコーチングに頼らない

初心者は自主学習の対策から

英語で話す環境を求めて、英会話スクールのほか留学やコーチングも選択肢によく入ります。

結論から言えば、英語の基礎ができている人であれば留学やコーチングで短期的な成果・上達は期待できます。ただ、最低でも中学英語の知識がないと留学先で全然話せず終わったり、コーチングの強度なカリキュラムについていけないといったリスクもあります。

特に初心者はスタートダッシュや学習の方向性決めが大事で、焦らず段階的なステップアップを目指しましょう英語で話したい初心者向けのガイドラインも参考に、独学から成果を出すための対策を確認してみてはいかがでしょうか。

10-2.独学・インプット学習がある程度できたらオンライン英会話を活用

英語の基礎力がついてきた段階で、スピーキングなどアウトプット学習でも高いレベルを希望したくなるでしょう。その場合、オンライン英会話のレッスンが役立ちます。

通常の英会話スクールもありますが、オンライン英会話は仕事で忙しい社会人に向いており以下のようなメリットがあります。

オンライン英会話の活用メリット
  • 25~30分の短時間から受講できるので、隙間時間で対策しやすい
  • 料金も割安で、通い放題のプランを使ってアウトプットの学習量を増やせる
  • 体験レッスンやカウンセリングもあり、自分に合ったカリキュラムかどうか検討できる

オンライン英会話の正しい選び方を基準に、まずは体験レッスンから複数のスクールを比較してみてはいかがでしょうか。オンライン英会話は複数での体験レッスン比較が確実ですが、以下の注意点もあります。

  • 冷やかし目的での体験レッスンのハシゴはNG(カウンセリングも中途半端になる)
  • スクールの下調べはしておく(評判のほかカリキュラムやサポート内容など)
  • 強引な勧誘があっても丁寧に断る

期間限定だったり、当日入会キャンペーンなどを訴求してカウンセリング時に強く契約を促すスクールもあるので要注意です。仮に契約の意思がある場合でも、カウンセリング・体験レッスンの場では決めずに、持ち帰って冷静になって検討するのが確実ですね。

10-3.インプット学習とアウトプット学習のバランスが大事

インプットとアウトプットの意識

英語を話せるようになるには、インプット学習とアウトプット学習をトータルで対策するのが効果的です。初級者に限らず、ある程度英語を話せるようになった中級者以上でも同様に、「インプット学習が足りていないから伸びない」とか「アウトプットの対策が不十分」などの課題がよくあります。

英語を話すことに対して、はじめは慣れなかったり思うように言葉にできず苦戦することも多いですが、インプットとアウトプットの反復で確実に上達します。

  • オンライン英会話と並行して、予習や復習を自主的に行う
  • 昨日覚えた英単語を今日のライティング対策で積極的に使う
  • 少しずつ聞き取れるようになったリスニング教材で、シャドーイングの練習をする

などの対策ができれば英会話が上手くなります。当サイトのコラム記事を参考に、ぜひ取り組んでみてください!

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

  • 「独学でも英語を話せるようになるの?」

  • 「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」

  • 「一から英語を学ぶのが不安...」


Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

資料ダウンロードはこちら