英文法

5つの助動詞の役割と使い方を7分で解説|中学文法を思い出そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
5つの助動詞の役割と使い方を7分で解説

can / will / may / must / should 

ネイティブは助動詞を会話の中で頻繁に使用します。例えば、仕事で「できる・できない」の会話、レストランで注文をお願いするとき、相手にアドバイスを提示するときなど。

とても便利な助動詞を5個全てこの記事でご紹介します。しっかりと理解して、実際の会話で使えるようにしてください。

ページコンテンツ

1.英会話で助動詞が使えると表現が5倍増える

文に「may」が追加されるだけで、文のニュアンスが変わります。

・She drinks wine.
 「彼女はワインを飲みます」

・She may drink wine. 
「彼女はワインを飲むかもしれない

助動詞には「能力・義務・可能性」を動詞に意味を追加して伝えることができる機能があります。助動詞が英会話で使えるようになると、伝えたいことのニュアンスの幅が大きく広がります。

2.助動詞の共通ルール3原則

2-1.助動詞って文中のどこに置くんでしたっけ?

まずは助動詞の共通ルール3つをおさらい。基本的には肯定文→否定文→疑問文の3段階で変化を加えることができればOKです。基本中の基本なのでしっかりと身に着けてください。

Alohaチェック
肯定文:助動詞+動詞の原型~.
→She can speak English. 

否定文:助動詞+not+動詞の原形
→She can not speak English. 

疑問文:助動詞を先頭に+主語+動詞の原形~?
Can she speak English?

3.Canの4つの意味・使い方:コアの意味は「潜在的可能性」

Canには「潜在的可能性」というコアのイメージを持っています。ネイティブの感覚にはこのイメージが根底にあります。このイメージをとらえながら5つの意味・使い方を理解していってください。

3-1.「能力」:英会話初心者はこれだけでも十分会話で役に立ちます。

~できる=能力

例文チェック

  • I can play tennis.
    「 私はテニスをすることができます
  • Can she dance? 
    「彼女はダンスできますか?」
  • Can you sing a song? 
    「歌を歌うことできますか?」
  • He can’t swim. 
    「彼は泳ぐことができません

単純に「できる・できない」という意味で使われるのが一般的。全てその人・物の能力を表す言葉です。「できる・できない」の潜在的な可能性を秘めています。

3-2.「許可」海外旅行に行くとき、レストランでオーダーする時に便利な表現

~してもよいです / ~してもよいですか?

  • You can use my computer if you need it. 
    「もし必要なら、私のパソコン使ってよいよ
  • Can I have a cup of coffee, please?
    「コーヒーを一杯頂いてもよいですか?」
  • Can we go home now?
    「私たち今おうちに帰ってもよいですか?」

この表現は「できる」という言葉を少し応用した表現です。「あなたは~することができますよ」「私は~することができますか?」、つまり「許可」となるわけです。

3-3.「依頼」:ビジネス英語としても使えてとっても便利!

~してもらえませんか?

例文チェック

  • Can you check this document by tomorrow?
    「この書類を明日までにチェックしてもらえませんか?」
  • Can you pass me the salt, please?
    「そのお塩をとってもらえませんか?」

相手に「できる・できない」の可能性を聞いている。つまり、依頼表現となります。

3-4.「可能性」:これが出来たらネイティブライク、日常会話でつかいこなそう

~する可能性がある / ~がありうる

例文チェック

  • Do you think he can be still alive?
    「彼はまだ生きている(可能性がある)と思う」
  • Anyone can make mistakes. 
    「誰しもがミスをすることはある
  • It can be a real diamond. 
    「それは本物のダイヤモンドにもなりうる
  • It can`t be real. 
    「それは本物であるはずがない

これこそまさに「潜在的な可能性」ですね。これはCanの中でもかなりネイティブライクな使い方です。ぜひ理解して使えるようにしてくださいね!

4.Mayの3つの意味・使い方:コアの意味は「可能性の低い可能性」

イメージは「可能性の低い可能性」。たぶんそうだろう、、でも違うかもしれない、確証は持てない。確か・・・。という曖昧さがこのMayにはあります。可能性でいうと50%程度くらいの認識で良いかと思います。

4-1.「推量」:英会話初心者はこれで十分、曖昧さを表す表現

~かもしれない、~だろう

  • 例文チェック
    I may have a chance. 
    「私にはチャンスがあるかもしれない
  • She may not hate you. 
    「彼女はあなたのことを嫌いじゃないかもしれない
  • May he know the truth? 
    「彼は真実を知っているかもしれない?

4-2.「許可」:相手に敬意を示しながら許可を求める、または与える表現

~してもよろしいでしょうか?/~してもよい(できます)

例文チェック

  • May I borrow the car tomorrow?
    「明日車をお借りしてもよろしいでしょうか?」
  • May I ask you a question? 
    「質問をしても宜しいでしょうか?」
  • Students may travel for free. 
    「生徒たちは無料で旅行することができます
  • You may not take photos here.
    「写真をとってはいけません

疑問文の場合は、敬意を持って許可を得るとき。肯定文の場合は、公的な場所でお客さんなどに丁寧な表現で許可を与えます。否定文の場合では、公共の場所での注意書きのような使われ方をします。

ここでのコアイメージとの関係は、「可能性は低いとは思いますが、~してもよいでしょうか?」のように少しへりくだったニュアンスがでます。

4-3.「祈願」:お祝い事でのグリーティングカードでよく使われる表現

~でありますように

例文チェック

  • May you both be very happy!
    「お二人ともお幸せでありますように!
  • May countless blessings come your way!
    「数えきれない祝福があなたに訪れますように!
  • May your birthday bring you everything you wish for!
    「あなたの誕生日があなたが望むもの全てを授けますように!
  • May this special day give you countless fond memories.
    「この特別な日があなたに数えきれない程の甘い思い出をあげますように!」→結婚式のお祝いなどに
  • May your son’s life be filled with happiness and love!
    「あなたの息子の人生が幸せと愛に満ち溢れますように!

May 主語 動詞の原形.という疑問文のような形で使います。未来の事は誰もわからない。」しかし期待をこめて祈願を「叶いますように!」と表す表現です。

5.Willの4つの意味・使い方:本質は「意志・精神力」

willの本質は「意志」や「精神力」がコアのイメージになります。中学では未来系を作る助動詞、なんて習ったりもします。しかし時々参考書などでも、willの本来の意味は未来系ではない!と書かれているものもあります。

5-1.「意志・意向・信念」:未来系ではなく、これは「意志」を表す表現

~しよう、~でしょう、よし~しよう

例文チェック

  • I will stop smoking.
    「 私はタバコをやめようとしてます
  • She won’t stop eating. 
    「彼女は食べるのをやめないでしょう
  • Will you come back here? 
    「ここに戻ってきますか?」

未来形でも出てくる助動詞、will。自分の意思や精神力を表します。「よし~しよう!」という感じ。

5-2.「依頼」:Canと同じくビジネスでも非常に使える表現

~してくれませんか?

  • Will you carry this for me, please?
    「これを私に運んでくれませんか?」
  • Will you open the door for me?
    「そのドアを空けてもらえませんか?」

Canと同じく「依頼」として使える表現です。Willでは相手の「意志」を確認している。「~してくれる意志はありますか?」という感覚でしょうか。

5-3.「推測・判断」:発話者の主観的または確率の高い推測を表すWillの表現

~するだろう

  • It will rain tomorrow. 
    「明日は雨が降るだろう
  • We will be late. 
    「私たちは遅れてしまうでしょう
  • He will be in his office. 
    「きっと彼はオフィスにいるでしょう

ここでのポイントはmayの「推量」の確率よりも高い確率だということです。

5-4.「習慣・傾向・習性」:上級者レベルの使い方表現

~するものだ

  • Accidents will happen. 
    「問題は起こるものだ
  • People will talk. 
    「人はどうしても話してしまうものだ。」

高い傾向から派生して法則性を表すWillの表現。しかしかなり上級者レベルの表現で、何かを諭す場合に使う傾向にあります。日常会話では頻度はそこまで高くありません。

6.Mustの3つの意味・使い方:ぐいぐい迫る強烈な圧力

「~しなければならない」「~ちがいない」のような非常に強い圧力を表す表現です。主観的な意味合いで使われることがおおく、実際の会話で使うときは「絶対」という感覚でネイティブは使います。

6-1.「義務・命令・禁止」:この表現さえ抑えれば初心者の方は大丈夫!

~しなければならない、~してはいけない(否定文)

例文チェック

  • You must stop here. 
    「ここで一時停止しなければならない
  • I must not do this again. 
    「私はこれを繰り返してはいけない
  • Must you do that?
    「  あなたはこれをやらなければならないの?」

「絶対に~する」義務などを表す強い言葉。なかなか会話でも使いません。(個人差があります・・)使うときは相当な決断です。

6-2.「強い確信(推量)」:圧力をぐいぐいかけて決めつける表現

~にちがいない

  • It must be kidding. 
    「それは冗談に違いない
  • You must be Emma. 
    「あなたはエマに違いない
  • He must be the man who we are looking for. 
    「彼は私たちが探している男に違いない

主観的ではあるが、これは~にちがいない!という表現を表す言葉です。強い確信をもってこの表現は使われます。

6-3.「強い希望・強い勧誘」:これが使えるとネイティブライク!マスターしよう!

ぜひとも~をしたい・ぜひとも~してください

  • I must take you to that mountain. 
    「私はぜひあなたをあの山に連れて行きたいです」
  • I must see you again soon. 
    ぜひともまたすぐにお会いしたいです
  • You must go to Disneyland in California. 
    ぜひともカリフォルニアのディズニーランドに行ってください
  • You must try this new shampoo. 
    ぜひともこの新しいシャンプーを試してみてください

どちらかというとお節介?かなりぐいぐいと圧力をかけた表現となっていますね。多用すると嫌がられることもあるので、場面を見極めて使い分けてください。

7.Shouldの2つの使い方・意味:「当然」というネイティブの感覚

Mustとよりは弱い表現で確信を得ているニュアンスのShould。日常会話では非常に使い勝手の良い言葉です。

7-1.「義務・提案」:Mustよりは少し弱め、気持ちの強さは70-80%くらいの表現

(当然)~すべきだ

例文チェック

  • You should finish it more quickly. 
    「あなたはもっとこれを早く終わらせるべきだ
  • I should not give you this. 
    「私はあなたにこれをあげるべきでない」
  • Should I give up? 
    「諦めるべき?」

「義務」として使うこともできますし、「提案」としても使うことができます。使い分けは文脈や言い方・感情でかわってきます。かならず声にだして、実際の会話で使ってみてください。

7-2.「推量」:日常会話で頻出な表現!これが使えるとネイティブぽい表現に!

(当然)~するはずだ

  • This bus should arrive in 5 minutes. 
    「そのバスは5分後に到着するはずだ
  • My dry cleaning should be ready this afternoon.
    「ドライクリーニングは午後には準備できているはずだ

8.まとめ

5つの助動詞の使い方をご紹介しました。助動詞にはそれぞれ多彩なニュアンスを表現するために、とても大事な文法です。ネイティブの感覚をしっかりと理解すれば、英会話でも必ず役に立ちます。

誰もが中学で学習していることなので、全く難しくありません。すでに知っている知識に少しネイティブの感覚を追加してあげるだけ。実際の会話でどんどん使って、英会話を上達させてくださいね!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!