英単語

英会話が上達するコツ |『Garbage』と『Trash』の違い|Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

英会話が上達するコツは知ってる言葉を極めること!

英語で外国人とコミュニケーションと取るためには、たくさん英語で話す経験が不可欠!
間違えてでも話すことは英語文法を勉強するよりも、英会話にとって効果的なのです。
その上で
ま知っている言葉を活かして話すことが”英会話上達のコツ”。

知らない言葉を次から次に覚えるよりも、知っている言葉の知識強化をしよう!中学高校で覚え
た英単語にもう一押し!ネイティブが話す日常会話ではそのもう一押し
がとっても役に立つのです!

今回のテーマは『Garbage』と『Trash』の違いについて知識を深めていきましょう!!

『Garbage』と『Trash』の違いってなに??

『Garbage』と『Trash』両方ともゴミという意味があります。ネイティブ同士の会話ではどのようにつか分けているのでしょうか?

Garbage:一般家庭ゴミ

『Garbage』は家庭から出るゴミのことをさします。特にキッチンやお風呂から出るものをGarbageと呼びます。具体的には生ゴミ・食べ物の入れ物・空のシャンプーの容れ物などがあげ
られます。ヌメッとしているものがイメージ的には合うかもしれませんね。

Trash:ゴミ全般(生ゴミを除く)

『Trash』はゴミ全般のことをさします。家具や落ち葉、廃棄用の薬品なども全て入ります。
しかしキッチンや風呂・トイレから出るゴミは入りません。そしてGarbageは再利用が不可能なものを指すことが一般的ですが、Trashは再利用可能なものも範囲に含まれます。

とてもざっくり言うと、、、

放っておいたら匂いを発しそうなものはGarbage。それ以外はなんでもTrash。

上記で違いを説明しましたが、ネイティブも実際の日常会話で厳密にこの二つを分けて使っているわけではありません。あくまでも感覚的に違うという感じ。使い所を間違えても致命的な
ミスコミュニケーションが起こる可能性は少ないはずです。

ゴミに関するその他の英語表現

実は他にも「ゴミ」を表す表現はたくさんあります。「Rubbish」「Waste」「Litter」などです。地域によっては呼び方も変わるので併せて覚えておくと会話のときに便利かもしれません。

「ゴミ」を表す表現

・Rubbish:不要になったゴミ

・Waste:使用済みのゴミ(もしかしたらまだ使用可能なものも含む)

・Litter:公共の場に落ちているゴミ

さらにここではゴミに関連する表現も紹介します。分別するときには必要な表現です。街で困っている外人さんがいたら助けてあげてください。

ゴミに関連する表現
・Bottle:ビン ・Can:缶 ・Plastic bottle:ペットボトル ・Old paper:古紙

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

  • 「独学でも英語を話せるようになるの?」

  • 「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」

  • 「一から英語を学ぶのが不安...」


Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

資料ダウンロードはこちら