英単語

英語と日本語(漢字)の共通点とは?知っていると英単語の暗記が楽になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

日本語と英語について違いすぎて、なかなか英単語を覚えられないという方もいるでしょう。

  • 英語と日本語、違いすぎ。。。何か共通点はないの?
  • 単語が覚えられない!語彙を簡単に増やす方法ってない?
  • そんなこと、ふと考えたことはありませんか?

日本人が英語が苦手としている理由の一つで、文法がそもそも違うなど、日本語との違いが大き点がありますね。

ただ、英語と日本語(漢字)には類似点もあります。この記事では気になる日本語と英語の共通点をご紹介します。単語を一生懸命増やしている方におススメです。

▼体験レッスンで特典あり!▼

英単語と日本語の共通点|漢字の部首と同じ仕組みになっています!

英単語と日本語の漢字の部首には非常に似ています。日本人であれば知らない漢字を見たときでも、なんとなく意味を想像できるはずです。

たとえば、「鯆」。

自分は全く持って、なんと読むのか見当もつきません。しかし「魚」の種類ではあるのだろうとは予測はつきます。英単語にも同じような似た仕組みが存在します。それが接頭語と接尾語です。

ちなみにこの漢字は「イルカ」と読むそうです。

接頭語:単語の先頭につけると意味が変化する言葉

日本語では、「不」や「非」みたいな否定語が先頭につくと、
「可能:できること」⇔「不可能:できないこと」に意味が変化しますね。

Possible「可能」 に同じく否定の意味を持つ “in” を単語の頭につけると⇔ Im-possible「不可能」と、意味が変化します。(※ 後ろにつく言葉がpやbで始まるとnがmになる、なんて細かなルールはさておき、ともかく「イン」は否定を意味します)

そのほかにも”in”を使った例はいくつもあります。

  • active 「活発な」⇔ inactive 「活発でない」
  • dependent「頼っている」⇔ independent「独立した」
  • visible「目に見える」⇔ invisible 「目に見えない」

さらに、”un”も同じような意味の変化をします。

  • important「重要だ」⇔ unimportant「重要でない」
  • lucky「幸運な」⇔ unlucky「不運な」
  • limited「限定された」⇔ unlimited「無限の」

接尾語:単語の後ろにつける言葉。単語の意味を想像できる。

もっと長くて、カタカナだけみる「???」な単語も、実は・・・

  • エコ意識の高い人たちが使う「サステナビリティ」は
    sustain(維持する)+ able(~できる)+ –ity(~の性質)= sustainability (維持できる性質)

  • 教育やマーケティングの領域で最近流行りの「ゲーミフィケーション」は
    game(ゲーム)+ -ify(~にする)+ –ation(~のこと)= gamification(ゲームにすること)

  • -erがつくと人になります。「プレイヤー」はplay+-er = player. 「インタビューワー」interview + -er = interviewer(インタビューする)

さしずめ、日本語の「~可的」とか「~化性」みたいな感じでしょうか。この組み合わせの法則を覚えると、案外語彙って簡単に増やせるかも!?そして、舌噛んじゃいそうなカタカナ語をさらっとカッコよく言える、なんて嬉しいおまけもついてくるかもしれません!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!