英単語

とりあえず生で!を英語でなんて言うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
とりあえず生での英語表現

「とりあえず生で!」

レストラン、居酒屋、バーなどでよく言いますよね。さて、これは英語でなんと表現すれば良いのでしょうか?

海外に旅行などで出かけたら、現地の食に親しむのも大きな楽しみのひとつですよね。はたまた、国内に居ても海外からのゲストを仕事でアテンド、なんてシチュエーションがあるかもしれません。

外食時の注文って英語ではどうなんでしょうか?
今日は、日本語で頻出の「とりあえず生」を取り上げていきます!

まずは「とりあえず」の英語表現

まずはこの「とりあえず」から攻略していきましょう!

  • To start with
  • To begin with
  • For now

このあたりが「とりあえず」の趣旨に近い表現です!直訳すると「まず始めに」という意味合いです。これは生ビールを頼むときだけでなく様々なシチュエーションで使えるので、汎用性は非常に高いフレーズです。

使えるシチュエーション

  • 会議の始まりに
  • レストランでオーダーするとき
  • ジムなどでトレーニングするとき

使えるシチュエーションは無限大。日常会話からビジネス英語でも使える非常に便利な英語フレーズです。

「生ビールをください」は?

「とりあえず」が英語で言えたら、今度は「生ビール」ですね。ビールは英語で・・・はい、そのままBeerです!笑

ちなみに「生」は “draft(ドラフト)” 、聞いたことありますね。
・・というのは語弊がありますので酒飲みの皆さん要注意!!

もともとDraftというのは「樽出し」という意味だそうです。でも、日本では缶入りのドラフトビールも売っているし・・どういうことなんでしょう?

どうも日本でいう「生」というのは、非熱処理のことを指すらしいですよ。つまり非熱処理であれば樽出しでなくても生ビールやドラフトビールとして出回ることもある・・。

紛らわしいですよね・・!

簡単に生ビールを注文する方法はないの!??

生ビールを注文するのがこんなに難しいなんて!と思われた方。

簡単です。
カウンターを見て、プシューとやるハンドルが置いてある銘柄にプリーズをつけましょう。

Fat Tire、プリーズ!でOKです。
(完全に余談ですが、奥の方のこれ、日本では知名度いまいちですが美味しいですよ!)

英語で生ビールを注文する

ドラフト=樽出し=お店で大量にストックしてあるビールということ。つまり、実は「ハウスワイン」的な位置づけなんです。なので、「プシュー」で出せる銘柄がいくつもあると、「生で」と言われても店員さんは困ってしまうんですね。。。

Heineken, please.(ハイネケン、ください)

I’ll start off with Blue Moon.(ブルームーンからいただこうかな)

Muller Light for now.(とりあえずミュラーライトで)

・・のように、「Beer」の代わりに、ビールの種類を伝えてあげるとスムーズに注文ができます。

「とりあえず生で」は日本語的な表現?

そもそも、海外では「とりあえず生で」って頼むんでしょうか?

これ、実は日本語独特の言い回しのような感じがします。
僕も世界中を見てきた訳ではないので絶対とは言い切れませんが・・普通に「ビールください」が一般的じゃないかと。

ビールください、と言ってみて、何種類かあれば、店員さんの方からどんなのがいいか聞いてくれますよ。

日本語独特の表現をそのまま英語にすると、ちょっと変な言い方になったりすることもあるんですよね。結局、簡単・シンプルがどこに行ってもベストな表現です。

「まず初めに〜」が一般的

経験上、アメリカでは「とりあえず〜」と言うよりも、「まず初めに〜」というニュアンスが一般的です。

「Start (off) with 〜」を使って(※ offはなくてもOK)、
I will start off with beer.(まず、ビールからいただきます)ですね。

まずビールをいただいて、食べ物はちょっと考えさせてください、と。

ちょっと今回はビールのトリビアに走ってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?笑

お酒って、食べ物と共にその土地の食文化をよく示すものだったりします。
となると、「とりあえず」ってちょっとビールに失礼かもしれないですね。

ドラフト(プシュー)でいただけるビールは、その土地ならではのものもよく置いてあります。「とりあえず生」と言わず、どれをいただこうか、真剣に吟味してみてもいいかも!??

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

  • 「独学でも英語を話せるようになるの?」

  • 「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」

  • 「一から英語を学ぶのが不安...」


Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

資料ダウンロードはこちら