英単語

英語の基本動詞16選の使い方|イメージが掴める動詞完全版【これで英会話が上達】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
英語の基本動詞

英会話のスキルを上げるためには、一般動詞の中でも特に頻出の基本動詞について使えることが重要ですね。

こちらのページでは基本動詞の中でも特に大事な16の英単語について解説していますが、基本動詞を理解するメリットとしては幅広い英語表現が可能になる点があり、難しい英単語を知らなくても基本動詞だけで様々な言い方ができます。

また、基本動詞の意味や使い方を覚える上では、具体的な例文やそれぞれの英単語が持つイメージも重要なのであわせてご紹介します!

ページコンテンツ

1.基本動詞をチェックする前に|英語の動詞は大きく分けて2種類

基本動詞について一つずつ確認する前に、動詞全体について説明しますと、動作や状態を表す単語である動詞には「be動詞」と「一般動詞」の2種類がありますね。

1-1.be動詞は「〜にある」や「〜にいる」という意味

be動詞は「am,is(was)」や「are(were)」などの形がある動詞で、詳しくはbe動詞の基本・解説ページでも取り上げていますが、主語とイコールで結ぶ役割があります。

I  am a university student. (私は大学生です)

There is a pen on the desk. (机の上にペンがあります)

人や者の場所だったり、状態などを表す基本的な動詞なので基本的な英文法を学ぶ上では大事ですね。be動詞の過去形など、時制に対してまだまだ不安という方は以下の関連ページもご参考くださいませ。

be動詞過去形の正しい変化・使い方もチェック!

1-2.一般動詞は動作・状態を示す|特に重要なのが基本動詞!

対して一般動詞はbe動詞以外の全ての動詞であり、主に動作を示す動詞がありますね。そのほか、一般動詞の中では状態を表す動詞や、自動詞と他動詞で区分する場合もあります。

一般動詞について詳しくはこちら!【中学英語から復習】

一般動詞の分類例詳細動詞例
動作動詞動作を表す動詞go/come/wait/tell/ask
状態動詞状態を表す動詞like/know/think/have/feel
自動詞目的語が必要なく自己完結している動詞walk/look/sleep/arrive
他動詞目的語がないと表現できない動詞wash/show/teach/send

目的語による説明が必要かどうかというポイントや、動詞の意味によって分類されますが、これら全体の一般動詞の中でも特に頻出する重要な動詞のことを基本動詞と呼びます

英語の動詞はたくさんありますが、日常英会話やビジネスシーンで多用する単語は限られてきます。その基本動詞をおさえておけば、英語で伝えられることがかなり増えますのでぜひ覚えておきましょう。

2.英語の基本動詞一覧表まとめ

以下にて、覚えておきたい英語の基本動詞について表でまとめました。聞き慣れた基本的な英単語が多いですが、一覧で見ると結構多いですよね。

ただ、今回は基本動詞の中でも特に大事な単語について16個まで厳選しましたので、最低限それだけでも意味や言葉のイメージについて覚えておけば、短期間で英会話スキルが向上するでしょう。

赤字の基本動詞が、優先度高めの16選です。それぞれの基本動詞の意味など、個別で解説いたします!

基本動詞一覧意味
go行く
walk歩く
put置く
wait待つ
askたずねる
get手に入れる
say言う
talk話す
look見る
carry運ぶ
come来る
begin始める
start始める
drink飲む
sit座る
become〜になる
give与える
run走る
like好きである
have持っている
stand立っている
want欲しい
make〜を作る
take〜を取る
study勉強する
think考える
watch見る
break壊す
let許す、させる
try試す
bring持っていく
understand理解する
tell話す
keep維持する
hold持つ
grow〜を育てる
finish終える
enjoy楽しむ
turn変わる
eat食べる
borrow借りる

 

3.絶対に覚えておきたい16の基本動詞と使い方|例文でイメージをつかもう

特に重要な基本動詞について、一つずつ解説していきます。

それぞれの基本動詞には特有のイメージがあり、意味も一つだけでなく様々な英語表現ができますので、少しずつでいいので英会話で取り入れてみましょう。

3-1.基本動詞1:put|何かを置く・身に着ける

基本動詞・Put

「put」は何かを置くという意味が一番分かりやすいですが、置くというイメージより衣服を体の上に置く→身に着けるという意味にもなりますね。

また、置くから派生して何かを移動させる→伝える・片付けることも「put」で表現できますので、以下の例文もチェックしておきましょう。また、表現についての詳細は「Put」の例文・解説ページでも取り上げています。

  • Put on(身に着ける)
  • Put away(片付ける)
  • Put across (〜をうまく伝える)
  • Put off (延期する)

【基本動詞:putの例文】

I put on a white shirt. (私は白いシャツを着ます)

We put off the meeting. (私たちは会議を延期しました)

3-2.基本動詞2:have|様々なものを「持つ」

基本動詞_haveのイメージイラスト

基本動詞の「have」もわりと聞き慣れた英単語で、よく使うのは何かものを「持つ」という意味ですが、具体的なものでない時間などでも応用できます。

  • have a book (本を持つ)
  • have a headache(頭痛がする)
  • have a good time(良い時間を過ごす)
  • have a meeting(会議をする)

持つというイメージより「所在する」や「存在する」といった意味に派生して、幅広い表現が可能になります。また、以下例文でもある通り「have」は「〜〜をくれませんか?」という質問でも「(相手が)〜〜を持っていますか?」という意味で、質問にも応用が効きますね!

▷関連記事:have toの使い方(〜しなければならない)

【基本動詞:haveの例文】

Do you have anything to write? (何か書くものはありますか?)

Let’s have lunch tomorrow.(明日、一緒にお昼へ行きましょう)

英語での質問・疑問文の作り方についてもっと詳しく!

3-3.基本動詞3:go|進む・離れる(移動するイメージ)

基本動詞_goのイメージイラスト

「go」も基本動詞の中ではメジャーな単語で、例えば家へ行く場合に「go home」といった使い方をします。

ただ、行くや進むという意味だけでなく特定への地点から「離れる」ことや、何かを「続ける」など、様々な観点で進んでいるイメージがありますね。こちらも幅広い表現ができますので、英会話で少しずつ使えるようになりましょう。

基本動詞:goの使い方について詳しくはこちら!

  • go to school(学校へ行く)
  • go on (〜〜し続ける)
  • go with (〜〜と一緒に行く)
  • go away (立ち去る)
  • go well (順調に進む)
  • go bad (悪くなる)

物理的な進行のほか、状況についても良い悪いについて「go」で表現できますね。基本動詞の中でも便利な英単語です。

【基本動詞:goの例文】

We had a meeting, but the project didn’t go well. (会議をしたが、プロジェクトは上手くいかなかった)

I went on studying english for two hours.(私は英語の勉強を2時間し続けました)

また、基本動詞の中には過去形が「ed」や「d」以外の形で変化する不規則動詞もあり、英語の時制も基礎から確認しておくといいですね。

中学英語から覚える過去形の基礎をチェック!

3-4.基本動詞4:get|手に入れる・ある状態になる

基本動詞_getのイメージイラスト

基本動詞の「get」は手に入れるという意味が最も分かりやすいですが、動きを伴うことから「〜〜という状態になる」使い方もできますね。

  • get on (電車やバスなどに乗る)
  • get off (降りる)
  • get it (理解する)
  • get sick (病気になる)
  • get up (起きる)
  • get to (〜〜に着く)

「get sick」という表現例でもあるように、「get + 形容詞」のパターンで「〜になる」との言い方ができます。これは日常的な英会話でも言える場面が多いので、ぜひ覚えておきましょう。

▷関連記事:「look」と「look like」の違いもチェック!

【基本動詞:getの例文】

As soon as he came back, he got sick. (彼が戻ってきた途端に、病気になった)

We get on the train. (私たちは電車に乗る)

3-5.基本動詞5:look|見るイメージより尊敬や調査など様々な言い方が!

基本動詞・look

「look」は見るという基本的な意味から、「目を通す」や「調査する」「世話をする」などの表現に派生します。

  • look up(見上げる、調べる)
  • look up to (尊敬する)
  • look over(ざっと目を通す)
  • look through (しっかり目を通す)
  • look after (世話をする)

同じ「look」でも見方によって強調が変わるので、使い分けるとより英語での細かい伝え方ができますね!

【基本動詞:lookの例文】

I like to look after children. (子供の世話をするのが好きです)

It is important to look through the documents. (その資料をしっかりと読むことが大事です)

例文では「to不定詞」を使った表現もしていますので、文法でちょっと不安…という方はto不定詞を使った3つの表現もご参考くださいませ。

3-6.基本動詞6:come|やって来る・近づくイメージ

基本動詞_comeのイメージ

基本動詞の「come」について、以下の関連ページでも取り上げていますが、来るという意味以外にも「近づく」や「到達する」といったイメージもありますので、様々な表現が可能ですね。

「come」の主な4つの意味について解説!

  • come to (〜になる)
  • come back (戻る)
  • come up with (思い浮かぶ)
  • come after (〜の後から来る)
  • come along (一緒に来る)

【基本動詞:comeの例文】

I came from Tokyo. (私は東京から来ました)

I hope he will come up with a new and good idea. (彼が新しく良いアイデアを思い浮かぶであろうことを望んでいます)

自己紹介などの英会話でも使える表現で、「come」に関する意味やイメージも応用してみましょう。

3-7.基本動詞7:give|様々なものを「与える」

基本動詞_giveのイメージイラスト

「give」の基本的な意味は与えることですが、具体的なものだけでなく様々なものを与えたり、外に出したりすることが可能です。詳しい表現は「give」の使い方・例文まとめでも取り上げています。

  • give up (諦める)
  • give a speech (スピーチをする)
  • give (人) a hand (手を貸す)
  • give (人) a ride (車で送る)
  • give out (配る)

また、「give」は主語 +「give」+「人」+「物などの目的語」という文型で表現します。これは英語の五文型の中でも第四文型に該当しますが、基本的な文型についてもあわせてチェックしておきましょう!

中学英語で勉強する五文型を復習!

【基本動詞:giveの例文】

I will give him the last chance. (彼に最後の機会を与えてみよう)

I gave out free samples to customers. (多くの方々へ試供品を配りました)

例文でも第四文型の語順になっていますね。それと、未来形の時制も取り入れましたので、未来形での英語表現・文法ページも大事な基礎です!

3-8.基本動詞8:run|継続して進むイメージ

基本動詞_runのイメージイラスト

「run」は走ることを示す動詞でもありますが、途切れることなく進んでいるイメージより継続した動きも意味します

  • run into (偶然会う・立ち止まる)
  • run across(偶然会う・そのまま通りすぎる)
  • run a campany (会社を経営する)
  • run after (追いかける)
  • run out (使い果たす・終わる)

よく日本語やビジネスシーンで「ランニングコスト」といった言い方もいますが、継続的にかかる費用(維持費)で「run」が使われているように、様々な表現ができますね。

基本動詞:runの使い方について詳しくはこちら!

【基本動詞:runの例文】

I’m running out of time. (もうすぐ時間がなくなります・時間が足りません)

I ran into her. (たまたま彼女に会いました)

例文では現在進行形(running)を利用していますが、「今まさに終わりそう!」という現在のことを示していますね。こちらも重要な時制・文法の一つですので、現在進行形の基礎ページもご参考までに!

3-9.基本動詞9:make|意図的に変える・変わる

基本動詞・Make

「make」は何かを作るという印象が強いと思いますが、作るという意味から意図的に起こす・変化させたり何かをするニュアンスでも表現可能です。詳しくは基本動詞・makeの表現方法まとめでも取り上げています。

  • make a decision (決定する)
  • make an effort (努力をする)
  • make a mistake (間違いをする)
  • make sure (確かめる)
  • make sense (意味が通っている・なるほど)

日常的な動作でも「make」だけで割と網羅できますね。また、日本人がする相づちで「なるほど」と言う代わりに、ネイティブでは「Make sense」と使います。

【基本動詞:makeの例文】

I have to make a decision today. (私は今日までに決定をしなければならない)

You should make an effort to pass the exam.  (あなたは試験に合格するために努力するべきだ)

例文では「make」の表現以外に、「〜すべき」と意味する「have to〜」と「should」を活用しました。それぞれの違いについて曖昧な方は、have toとshouldの使い分け・解説ページをお読みくださいませ!

3-10.基本動詞10:take|持っていく・手に取るイメージ

基本動詞_takeのイメージイラスト

「take」の基本的な意味では(持っていなかったものを)手に取る・持っていくイメージで、そこから連れていくことや何かをすることでも応用できます。

基本動詞・takeの使い方について詳しくチェック!

  • take a bath (入浴する)
  • take a shower (シャワーを浴びる)
  • take a break (休憩する)
  • take a picture (写真を撮る)
  • take out  (持ち出す)

【基本動詞:takeの例文】

I will take you to the station. (駅までお連れします)

I just want him back so I can take a break. (休憩できるように彼が早く戻ってきて欲しいです)

「take」で様々な英語表現ができますが、似たような意味である「bring」も以下で紹介しますので比較しましょう。

3-11.基本動詞11:bring|持っていく・手に取るイメージ

基本動詞_bringのイメージイラスト

「bring」でも持つ意味はありますが、「take」が持って行くことに対して、「bring」は持って来るという違いがありますね。

どこか離れた場所から自分の近くに・自分の場所に持って来るイメージには「bring」にはあり、takeとbringの違いについて解説したページもありますので、こちらも学習の参考になります。

  • bring up (育てる)
  • bring in (参加させる)
  • bring about (〜を引き起こす)
  • bring out (明らかにする)

【基本動詞:bringの例文】

Trying to bring up a small child on your own is no easy task. (自分で小さな子供を育てようとするのは、簡単なことではありません)

That moment brought out the best in her. (あの瞬間が最高の彼女を引き出した・彼女にとって最高のパフォーマンスだった)

3-12.基本動詞12:break|打破する・何かが起こるイメージ

基本動詞_breakのイメージイラスト

「break」は破壊するという英単語で浸透していますが、壊すことから打ち破る(達成する)意味や、発生するなどの使い方もしますね。

  • break the silence (沈黙を破る)
  • break down (故障する)
  • break up(別れる)
  • break through (〜から抜け出す)

課題や問題を突破することについて、ブレイクスルーと呼ばれることもありますが、英語でも通じる言葉です。また、彼氏と別れたという日常英会話でも「break」が使えますね。

【基本動詞:breakの例文】

I broke up with him two years ago. (2年前に彼と別れました)

The sun broke through. (太陽が見え始めた)

3-13.基本動詞13:let|自由にさせる・許すイメージ

基本動詞・Let

「let」も重要な基本動詞の一つで、自分に対して許可をもらうシーンやお願いをする際に使えます。

  • let me know (知らせてほしい)
  • let me explain (説明させてほしい)

【基本動詞:letの例文】

Let me ask you lots of question.  (たくさんの質問をさせてください)

Do not let him go to pachinko.  (彼をパチンコへ行かせないでください)

命令文での英語表現でも応用できますので、基本的な命令文の語順やフレーズもあわせてチェックしてみるといいでしょう。

命令文の英語表現について詳しくはこちら!

3-14.基本動詞14:keep|同じ状態で保つ・継続する

基本動詞_keepのイメージイラスト

「keep」は続けるという意味や同じ状態で維持するイメージがあり、これも様々な表現ができる基本動詞ですね。

  • keep on (〜し続ける)
  • keep going (やり続ける)
  • keep in touch with (〜と連絡を取り続ける)
  • keep in mind (覚えておく、注意する)
  • keep A from doing (Aが〜〜しないようにする)
  • keep one’s word (約束を守る)

以下例文でもあるように、動名詞を使った表現でも「keep」が使えますね。他人に禁止を求める行為では、「〜から遠ざけることを続ける」というイメージです。

【基本動詞:keepの例文】

I still keep in touch with my cousin in Britain. (私は今でも、イギリスにいる従姉妹と、連絡を取り合っております)

I couldn’t keep my word. (私は約束を守れなかった)

3-15.基本動詞15:hold|力が加わった状態の「keep」

基本動詞_holdのイメージイラスト

「hold」も「keep」と同じような使い方をしますが、より力が加わった状態で保っているイメージですね。そのため、日本語訳では「押し留める」だったり「抑える」といった抑圧の要素も入ります。

  • hold back (思い留まる)
  • hold on (少し待つ)
  • hold meeting (会議を開く)
  • hold down (抑える)

【基本動詞:holdの例文】

We failed to hold costs down. (私たちは経費を抑えられなかった)

Please hold on a second. (少々お待ちください)

少しだけ待っててください、という表現は電話でのやりとりでも使えますね。ビジネスシーンでの電話のかけ方・英語での表現マニュアルでも、ご紹介しております。

3-16.基本動詞16:turn|回る・変化する

基本動詞_trunのイメージイラスト

「turn」は回る意味やひっくり返るという表現のほか、「〜に変わる」要素があります。こちらも使えるフレーズが多いので、覚えておきましょう。

  • turn on (電気などをつける)
  • turn off (電気などを消す)
  • turn out (〜という結果になる)
  • turn down (弱める・却下する)
  • turn in (提出する)

【基本動詞:turnの例文】

Please turn off the stove. (ストーブの電源を切ってください)

I didn’t turn in my homework. (宿題を提出しなかった)

4.基本動詞をマスターすれば英語の表現力が上がる!

基本動詞について一通りご紹介しましたが、難しい英単語を使わなくても16個だけの基本動詞だけで幅広い表現ができますね。これだけでも覚えておくと、英語で話せることがかなり多くなります。

また、基本動詞などの一般動詞では過去形などの変化も覚えておくといいので、不規則動詞の変化・一覧まとめもあわせてご参考くださいませ!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!