英会話

英語学習で挫折する理由と対策まとめ|勉強が継続できる考え方・方法から上達へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
英語学習で挫折する理由と対策まとめ

英会話の習得を目指していたものの、学習が難しく挫折してしまったり、英語が全然上達せず嫌になった人も多いでしょう。

社会人になってから英語スキルの重要性に気付き、独学や英会話スクールで勉強を始める人は増えていますが、一方で学習が継続できる挫折する人もいます。

  • 英語学習で挫折する理由や傾向
  • 挫折しないための対策・ポイント
  • 初心者でも続けられる英語勉強法

上記のポイントを知っておくことで、今まで英語の挫折経験がある人でも再度チャレンジできます!

1.英語学習で挫折・課題を感じる人は多い

英語学習での挫折はあるあるで、グローバル化が進む現代において英語習得の意識は高まっていますが、諦めてしまう人も一定層います。

1-1.在宅勤務をきっかけに英語学習を考える

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)のアンケート調査によると、在宅勤務中の英語学習をしている人は23.4%いて、英語学習を始めたい人も23.4%の割合という結果でした。

在宅勤務をきっかけの英語学習

リモートワークをきっかけに、ビジネスパーソンの約半数が英語学習を始める(または始めたい)といった回答で、自分に使える時間が増えたことやスキルアップ・自己投資などの理由もあります。

やはり今のビジネススキルで満足していないほか、新しいことへの挑戦などを心掛けて、時間の有効活用を図るビジネスマンは多いです。通勤時間が減ったこともあり、在宅勤務を活かした英語学習はしやすくなったでしょう。

1-2.英語学習への不満や課題感もあり挫折する

ただ、同じ対象者へのアンケートでは「自宅での英語学習に満足していますか?」という質問に対して、3割以上のビジネスパーソンが不満に感じていることも分かります。

英語学習への不満

在宅勤務で勉強時間を多く確保できている一方で、英語学習があまり上手くいっていない要因もあるようです。

モチベーションを維持できない

不満と回答した人の多くが、「モチベーションが続かない」といった理由でした。勉強のやる気が続かなく、時間があっても英語力が身に付かないお悩みが伺えます。

英語の学習モチベーションを上げる方法でも解説していますが、語学の上達では動機付けや目標への意識が大事です。漠然としたスキルアップを理由とした英語学習では、継続できません。

英語の学習方法が分からない

また、正しい勉強方法が分からないことを理由に、学習への不満を抱えているビジネスマンも多くいます。

受験英語はそれなりにできていたのに、英会話で必要なスキルの習得が分からず、間違った学習を続けてしまうケースもあります。本記事でも以下で紹介していますが、話すことを意識した対策も必要ですね。

2.英語学習で挫折してしまう理由とは?

そのほか、英語学習で挫折する理由や傾向を以下でまとめました。スキルや目標意識の課題や、自信のなさなどマインドにも影響されます。

2-1.英語学習の目標が適切でない

英語初心者にとって、ネイティブレベルの英会話やビジネスシーンでの英語コミュニケーションなど、理想的なスキルに思えますよね。

ただ、「専門的な英語表現がしたい」とか「レベルの高い英単語を覚えたい」「いろんな教材を試したい」など、様々な学習を幅広くしすぎると、勉強効率が下がる恐れもあります。

英語力の目標が高すぎてすぐ挫折する

目標が高く諦める

英語学習の目標は、現実的なレベル設定が大事です。高い目標・ゴールを目指すと、成果を得られるまでの期間がそれだけ長くなり、挫折してしまいます。

ビジネスレベルの英語力や流暢やスピーキングなど、目指したい英語スキルはたくさんあると思いますが、まずは基礎的な目標の達成からコツコツ上達しましょう。英語初心者にとって、中学英語の文法マスターだけでも充分な成果です。

自分の英語力に見合わない対策をしている

自分の英語力に見合わない対策

英語学習の教材レベルも、最初から高度な内容だと理解できる範囲が少な過ぎて勉強が進みません。

英単語やリスニングなどの対策では、8~9割ほど理解できるレベルから対策するのがおすすめです。分からない残りの1~2割を少しずつ補完していくことで、無理なく英語力が向上します。

2-2.英語学習をしても成果が出ない

英語習得を挫折した人の多くが、「何の成果も得られなかった」絶望感から諦めてしまいます。勉強を続けても上達しなければ、意味がないと思いますよね。

正しい独学の方法を知らない

正しい独学の方法を知らない

英語学習で大事なのは、時間をかけることだけでなく正しい学習であるかどうかです

英語を話すために必要な対策・スピーキングやリスニングで必要なスキルを知らないと、英単語や文法など基礎だけ対策しても英会話はできません。

英会話スクールに通っても独学ができなければ効果が出ない

英会話スクールでもだめ

また、英会話の習得=アウトプットの学習量を増やす目的で英会話スクールに通う人も中にはいるでしょう。在宅勤務で英語学習をするビジネスマンが増えたアンケート結果でもあったように、オンライン英会話で学ぶ社会人は増えています。

ただ、英会話レッスンを受けたからと言って、確実に英語を話せるようになる訳ではないです。詳しくは関連記事でもご紹介していますが、結局のところ独学でのインプット学習(英会話レッスンの予習や復習)ができない人は、上達せず挫折してしまいます。

オンライン英会話で効果が出ない理由

2-3.英語学習が辛く感じる

マインド的な要因で、英語の勉強がしんどい・辛いと感じてしまう人もいるでしょう。特に英語への苦手意識が強い場合、思うように上達しないことも多々あります。

学校のテスト対策のように暗記をしようとする

暗記作業だけでは挫折

英語学習が退屈・大変といったイメージは、暗記作業で苦労した経験が考えられます。学校でよくあった英単語の小テストがいつも嫌で、暗記しようにも覚えられないから挫折した…という初心者もいますね。

確かに英語の習得では英単語や文法などを覚える必要はありますが、暗記に注力するのではなく英語を活用して覚えていくのが理想的です。詳しくは以下で説明していますが、アウトプットの対策をしないと、英語はただただ暗記するだけのつまらない勉強になってしまいます。

成果・上達を実感しないと挫折しやすい

英語学習の上達を感じない

英語学習がしんどい人は、英語が全然話せない…聞き取れないお悩みがあるでしょう。やはり勉強をし続けても上達する気配さえないと、なかなかやる気は起きないですよね。

逆を言えば、英語が上達する実感があれば「英会話ができると楽しい!」といった向上心が生まれます。最初は大変ですが、ブレイクスルーを体験することで英語への印象は大きく変わります。

2-4.自分の英語力・英会話スキルに自信を持てない

英語学習で挫折しがちな日本人の傾向で、自信のなさや間違いを気にするのもありがちです。

英語に自信がないとアウトプットも消極的に

英語に自信がない

初心者にとって、「自分は本当に英会話ができるのか…?」と徐々に自信を失ってしまうシーンはよくあります。

  • 自分の英語表現が間違っていそうで、ついつい小声になってしまう
  • 相手の英語が聞き取れないと途端に不安になる
  • グループレッスンで自分の英語力のなさに自信喪失…

など、英会話レッスンに通ってみたもののダメだった…と諦めてしまう人もいるのでは?

スキルも大事だけどマインドも英語力アップに大きく影響する

マインドと学習効率

英会話の習得では正しい勉強法の実践以外にも、英語学習への向き合い方・マインドも大事です。

第二言語の習得は、間違いや失敗はあって当たり前です。むしろ、自分の英語力の弱点に気付くことで成長へとつながります。言語学者のクラッシェンによる理論でも、前向きに勉強するマインドが学習の効率性を高める要因だと言われています。

3.英語学習で挫折しない人と挫折する人の大きな違いとは?

英語の挫折理由をこれまでご紹介しましたが、逆に挫折せず英語を習得できる人は何が違うのか? といった比較ポイントも確認してみましょう。

3-1.自主的な英語学習・習慣化

英語学習で挫折する・しないの分岐点は、勉強を習慣化できるかというポイントです。

挫折しない人:自然と勉強を続けられる

自然と英語学習ができる

挫折しない人は、英語学習はやって当たり前のことだと認識しています。勉強自体は大変ですが、日々のルーティンワークとして取り入れており、ランチを食べたり好きなYouTuberの最新動画を観るような感覚と同じように、自然と英語学習ができます。

仕事やプライベートで時間がない日でも、「電車に乗っている間に英語アプリをしよう」とか「寝る前に英単語のチェックをする」など、コツコツと勉強できます。

挫折する人:勉強をやらさせている感がある

英語学習をさせられている

対して英語学習で挫折する人の多くは、自分の意志とは別に英語をやらさせているようなイメージが残っています。

  • 同僚に英語学習を勧められてみたけど興味が湧かない
  • 同級生が外資系で働いていて、なんとなく憧れていた
  • ビジネススキルでコスパが良いと思った

など、主体性が今ひとつ欠けるような動機付けでは英語習得のモチベーションを保てないですね。

3-2.英語学習の目的・英会話のイメージ

英会話に対する考え方も、挫折する人としない人では大きな違いがあります。

挫折しない人:英語学習はコミュニケーションを目的に

コミュニケーションが目的

英語を習得できる人は、実践的な英会話・コミュニケーションを使う目的があります。インプット型の学習だけでなく、どう活用するか・どういった場面で英語を話すかが明確です。

  • 仕事での定例mtgで、海外スタッフとの英会話を少しずつできるようになっている
  • 海外の友人とSNSで連絡している
  • 海外旅行が趣味で現地のネイティブとよく話す

英語の実用により、英会話の上達も実感できます。自分がこれまでしてきた学習の成果が具体化されると、挫折せず続けて勉強できます。

挫折する人:ただ勉強することが目的に

勉強が目的

一方で、英語の学習を続けられない人は勉強だけが目的になっており、「英会話スキルで何をしたいか・何ができるか」のイメージが足りていない傾向にあります。

語学の習得は、対人コミュニケーションが本来の目標です。英語で話すことへの興味や目的意識がないと「英語を勉強する意味はないのでは?」と疑問に感じ、勉強を諦めてしまいます。

3-3.英語の覚え方・学習方法

英語の習得方法も違いがあり、挫折しない人はアウトプット学習を効率的に実践しています。

挫折しない人:インプットとアウトプットを繰り返して習得

インプットとアウトプット学習

英語習得で大事なポイントとして、インプット学習とアウトプット学習のバランスがあります。

  • インプット学習:基礎的な文法や語彙力などの知識を取り入れる
  • アウトプット学習:スピーキングやライティングで英語を使う

インプットとアウトプットの反復で英会話は上達します。また、インプットで覚えたフレーズ・表現をスピーキングで使ってみると、より習熟度が上がります。

挫折する人:最初から完璧に暗記しようとする

最初から暗記に頼る

英語は使って覚えるのが理想的な方法なので、最初から無理に暗記だけで理解しようとすると学習効率が下がります。

英語の勉強方法を知らない初心者は、「高校受験で使ってた単語帳で暗記をする」とか「必要な英文法を一から覚える」など暗記に頼りがちです。

4.英語学習で挫折しないためのマインドセット

学習方法も大事ですが、ポジティブな感情・マインドセットも英語習得に欠かせません。

語学の習得には感情やモチベーションが影響して、自信を持って勉強を続けられる人が上達します!

英会話で大事なマインドセットをこちらのページでも解説

4-1.簡単に達成できる目標から見つける

簡単に達成できる目標から

英語学習の原動力は「成長していることの実感」です。そのために、設定する学習目標を低めにしておきます。

達成感を得られることで挫折しなくなる

達成が簡単な目標から目指せると、成長をより実感しやすくなります。初心者にとって、最初の目標は「過去形と未来形の時制ルールが分かるようになる」「挨拶や簡単な質問を英語で聞き取れる」など、小さなことで構いません。

少しずつ英語でできることを増やしていくことで、大きな目標達成へと自然にレベルアップできます。背伸びをせず、目の前のゴールからコツコツ目指していきましょう。

英語学習で役立つノートの書き方を解説

英語学習が意味ない・成果が出ないと思わない

英語学習は確かに、間違った方法だとなかなか上達しません。ただ、自信をなくして「どうせ勉強する意味はない」とネガティブに捉えてしまうのも良くないですね。

  • 英語のできる他人と比べない
  • 英語を習得すれば自分の生活・キャリアは変わる
  • 少しでも英語ができる実感があれば、今やっていることは間違っていない

焦らず、ゆっくりでもいいので英語学習を進めるといいでしょう。急いで上達しようとしても、かえって負担が大きくなり挫折する要因となります。

英語学習は意味ないと思う理由・原因について

4-2.自信を持って堂々と英語を話す

自信を持って英会話に取り組む

英会話において、スキルよりも自信がコミュニケーションを成立させる要素になる時も。

英語を話すのが苦手でも、堂々を応対することで思った以上に英語が通じます。まずは自分の感情や意見をしっかり伝えて、相手の言葉や考えていることをしっかり汲み取る姿勢を持ちましょう。

発音や文法の間違えは気にしない

英語の発音や英文法は、最初から完璧を求めない方が良いですね。発音や英語の正しい構文・語順など気にし過ぎると、会話がぎこちなくなります。

出川イングリッシュの解説ページでも紹介していますが、「ドゥ ユー ノー ガーガーバード?」などメチャクチャな英語でも、遠慮せずどんどん自分から話すことで最低限の意思疎通ができることもあります。逆に正確な英語でも、目線が下がっていたり小声で自信なさげだと相手に上手く伝わらないでしょう。

他人と比較せず英会話のコミュニケーションを楽しむ

英会話の場ではスキルやレベルを気にするより、英語でのコミュニケーションへの興味関心・積極性を求める方が上達します。

英語をどんどん自分から話してみて、どんどん失敗してください。その中で少しでも相手に自分の英語が伝われば、充分なプラスです。初心者はまず、英会話の楽しさや達成感を手に入れてみるといいでしょう。

4-3.現実的な目標を立てて目指す

現実的な目標達成

挫折をなるべく避けるためにも、無理な課題・目標はやめておきましょう。目標は成長だけでなく、確実に達成できる勉強時間もあります。

あれこれ詰め込め過ぎずシンプルな目標から達成

初心者は文法や語彙力、リスニング、発音などやりたいことは多々ありますが、全てをいっぺんに対策しようとすると学習負担が大きくなります。

多くのタスク・目標を抱えず、一つずつ確実に消化する方がおすすめです。小さな成功体験が、より大きなスキル・実績へとつながります。

1日の学習目標時間を決めて守る

自分が英語学習を予定通り進められているかどうか、学習量・勉強時間で判断してみましょう。具体的にはまず、1日の学習時間を設定して毎日達成していきます。

英語学習の正しい目標設定方法を参考に、自分にとって必要な対策への学習比重も考えておきましょう。文法が苦手ならインプット型の学習時間を毎日設定したり、リスニングへの苦手意識が強い場合には発音や聞き取りの対策を多めにするなど、自分の英語レベルにあわせた目標を立てるといいですね。

5.英語学習で挫折しないおすすめの勉強法

英語初心者でも、今すぐ実践できる勉強法・対策内容を以下でまとめました。独学でも挫折することなく、基礎から英語を学べます。

5-1.英語学習の習慣化・毎日継続できる勉強法を

英語学習の習慣化

まずは英語に慣れることが大事です。初心者の方は、本格的な勉強から取り掛かると理解できないことが多く、挫折の原因となってしまいます。

勉強が苦手な方は楽しく学べる方法から英語に慣れる

勉強が苦手で辛いと感じるのであれば、楽しく学習できる方法から習慣化を目指しましょう。

  • 海外の映画・ドラマでリスニング対策をする
  • スマホゲームなど英語の言語設定で遊んでみる
  • 海外で流行っているSNSを試す

などの方法で気軽に英語に触れてみて、苦手を克服してみてはいかがでしょうか。関連ページより、英語を楽しく学習する方法・コツを紹介していますので、こちらもぜひお読みください。

仕事の忙しい社会人でもアプリや動画で学べる

英語学習の習慣化では、ちょっとした隙間時間での対策が効果的です。時間がなくても、通勤途中やお風呂・食事後など決まったシーンで英語を勉強する意識付けが大事ですね。

関連記事で、社会人向けの英語学習方法もご紹介しています。まずはコツコツ、短い時間でもいいので毎日実践してみましょう。

時間のない社会人でも一から確実に英語学習する方法とは?

5-2.初心者は英語の基礎から対策

英語の基礎対策

少しずつ本格的な英語対策をする際、英語を話すための土台作りが優先されます。

基本的には覚えるタイプ(インプット型)の学習がメインとなりますが、ただ暗記するだけでなくアウトプットの対策が重要です。

英文法や単語は暗記でなくアウトプットで覚える

文法や単語のインプット学習の効果は、アウトプットによる活用が大きく影響します。英会話の習得を目的としているのであれば、なおさら大事ですね。

関連記事でも紹介していますが、英会話スクールに頼らなくても発音やスピーキングなどアウトプットの対策は可能です。

挫折しない英語学習・独学の方法はこちら【初心者必見】

TOEICの対策も基礎学習でおすすめ|レベルチェックでも使える

また、社会人の英語学習ではTOEICのスコアアップを目的とすることも多いでしょう。

「TOEICの対策は効果的か?」という質問もよく聞きますが、ざっくり言えばTOEICだけでは英会話の習得は難しいですが基礎学習で効果的です。TOEICの対策で、文法や英単語など基礎学習ができるようになりますので、初心者も一度はTOEICのテスト対策をしてみるといいですね。

英語のレベルチェック・対策方法では、TOEIC以外の英語力を確認する方法を紹介しています。自身のレベルチェック・正しい目標設定で役立ちますので、ぜひご参考ください。

5-3.英会話・話すことを意識した勉強も

話すことを意識した対策

英語の基礎をある程度身についた段階で、コミュニケーションスキルを習得する勉強も増やしていきましょう。

英会話学習の解説ページもチェック!

リスニング・聞き取りができれば英会話の自信がつく

英会話に自信のない人でも、相手の言っていることを理解できれば落ち着いてコミュニケーションを取ることができます。

スピーキングに意識しがちですが、発音向上でもリスニング対策がより大事になるでしょう。リスニングの勉強法解説ページでも、独学で上達するコツをご紹介しています。

英語でのコミュニケーションで成功体験を得る

アウトプット学習は、失敗と成功の繰り返しです。間違ってもいいので、どんどん自分から発信していって学んでいきましょう。

小さなことでもいいので、一つの成功体験が次の目標な向かうモチベーションとなります。スピーキングの効果的な独学方法もチェックしてみてください。

英語スピーキングの効果的な学習方法はこちら

6.英語学習の挫折は克服できる!|一から英語を学び直そう

英語学習でこれまで挫折してしまった人で、対策方法を確認・実践すれば克服できます

まずは、スキルやマインドで足りていない部分・考えを振り返ってみた上で、英語習得の目標や目的を検討してみましょう。

当サイト・Aloha English英会話では、英語学習で挫折してしまった人や、これから英語を挫折せず確実に習得したい初心者向けに、実践的な対策方法・ノウハウをコラム記事より公開しています。

おすすめ記事として、初心者向けの英語学習ページ中学英語のやり直しでおすすめの勉強法があります。独学での英語習得で役立つ情報がたくさんありますので、ぜひご参考ください

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

  • 「独学でも英語を話せるようになるの?」

  • 「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」

  • 「一から英語を学ぶのが不安...」


Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

資料ダウンロードはこちら