英語のリーディングで効果の出る勉強法|学習のコツ・対策を解説!

英語のリーディングで効果の出る勉強法

英語のリーディング勉強法を知りたいという方の多くが、以下のようなお悩みを抱えています。

  • 英文をスムーズに読むことができない
  • 1回のリーディングでは理解できず、繰り返し読んでしまう
  • 速読ができず、TOEICのスコアが伸びない

このような英語リーディングの壁に直面している場合、英語をより正確に早く読めるためのコツや対策が大事です。リーディングへの苦手意識がある方でも、正しい勉強法を実践すればスラスラ読めるようになります。

読む力がアップすれば、TOEICなど受験対策だけでなく海外のWebサイトや専門書からの情報収集も可能になります。ビジネススキルにおいて他者と差をつけるチャンスにもなりますので、本記事を参考にぜひリーディング学習に取り組んでみましょう。

ページコンテンツ

1.英語のリーディング勉強のポイント・最初に知っておくべきこと

英語のリーディング学習を始める前に、知っておくべき情報を以下でまとめました。基本的なことでありますが、あまり意識していない方も多いのでおさえておきましょう。

1-1.黙読だけでなく自分で発音して練習する

英語のリーディング勉強のポイント1

英語の読解練習では黙読だけでなく、英語の聞き取り(リスニング)や発声練習(スピーキング)を通して対策するのが効果的です。

スラッシュリーディングなど以下でも詳しく解説していますが、音読をすることでリーディングのスキルが向上します。多読や速読にも対応できるようになり、英会話で必要な能力も身につけられます

リーディングの勉強法を知りたい方は、ただ英文を読みたいだけでなく、英語でのメールやり取りやビジネスシーンの英会話など、コミュニケーションツールとしての英語を学びたいというケースもよくありますよね。そのため、リーディング=黙読ではなく、英語の聞き取りや発音練習も兼ねた学習という捉え方が良いでしょう。

1-2.リーディングの勉強では日本語訳に頼らない

英語のリーディング勉強のポイント2

初心者によくある間違いで、リーディングの翻訳を考える際に都度日本語の文章を確認することがあります。これは読解だけでなく英単語やフレーズなどの暗記にも共有することですが、日本語での理解に頼ると英語本来の意味やイメージができない恐れがあります。

また、英語を読んでから日本語への変換をすると読解スピードが上がりません。例えば、「I had coffee and pancakes this morning.」という英文を読んだ場合、「コーヒーとパンケーキ・朝・食べた」と日本語に置き換えてからイメージするのではなく、英語の文章そのままで内容を理解するのが望ましいです。

学校や受験で対策するリーディングでは、正確な日本語訳を意識しがちなので翻訳文を確認することが多いでしょう。ただ、英会話などコミュニケーションスキル・実践的な英語力を求めるのであれば、日本語訳に頼らない勉強がおすすめです。

1-3.各段落の最初の文章に注目|英文は重要な情報が先に来る

英文を読むコツとして、重要なことは先に書かれている傾向を知っておくといいでしょう。具体的には以下のような「PREP(プレップ)法」で、結論ファーストでの表現が一般的となっています。

PREP法の構成

  • 結論・言いたいことを示す(Point)
  • 理由を説明(Reason)
  • 具体例でわかりやすく補足(Example)
  • 再度結論でまとめる(Point)

日本語では結論が後回しになりがちですが、英語表現ではまず言いたいこと・結論が先に来ます。

そのため、段落やセンテンス(文)を読む際には、先に来る情報をしっかりおさえておくことで文章全体が理解しやすくなるでしょう。段落の最初で重要な内容が来たら、その後に説明や具体例が入るという流れをイメージできると読解スピードが上がります。

2.英語のリーディングで効果的な4つの勉強法

英語のリーディングパターンでは、大きく分けて以下4種類の勉強法があります。それぞれ大事で、バランス良く実践することで上達しますので網羅しておきましょう。

2-1.多読|より多くの英文をインプット

多読のイメージ

多読は、より多くの英文・英語の情報をインプットする勉強法です。

英語が苦手な方にとって、長文読解の集中力が持たないと言った懸念点もあるかもしれませんが、多読を続けることで以下のような学習メリットがあります。

  • 英文の読み返りがなくなり、1回のリーディングで文章を理解できる
  • 長い英文から要点・情報の抽出ができる
  • 知らない単語が出てきても、前後の文脈から推測できる

詳しくは以下で勉強法のポイントを解説していますが、多読はリーディングの土台・基礎体力をつける学習になるので欠かせないところですね。

2-2.精読|英文を正確に読む

精読のイメージ

精読は多読と対照的に、一文ずつ正確に・丁寧に読み込む勉強法となります。多読は分からない単語や文法があっても推測で乗り切れますが、精読は確実に理解することが求められます。

  • 文法や構文を正確に把握する
  • ボキャブラリー・語彙力を強化する
  • 専門的な情報や難解や文章の構造も理解する

よりハイレベルな英文の理解力をつけるためにも、精読の勉強も大事となります。多読とあわせて実践することで、よりリーディングの質が上がるでしょう。

2-3.音読|声に出して読む

音読のイメージ

声に出して読む音読により、文章と発音のイメージを結び付ける学習効果が得られます。

リーディングはある程度できるのに、実際の英会話になるとリスニングやスピーキングが上手くいかないという方は、ぜひリーディングの勉強法に音読を取り入れてみてください。

声に出して読むことで、英語の語順通りに理解するクセも身に付きます。英文の構文・構造もイメージできるようになり、英語力の底上げにつながりますね。

2-4.速読|英文を早く読むことの需要も高い

速読のイメージ

また、英語のリーディング勉強法では速読も注目されるでしょう。TOEICの長文読解問題でスピードを上げたいといった目標や、膨大な量の契約書を英語で把握したいなど、資格やビジネスシーンなど様々な場面で速読が役立ちます。

シンプルに言うと、速読=英文を速く読むトレーニングではありますが、具体的な勉強法では上記で説明しました多読や音読が効果的となります。

速読により読解スピードの向上や、多読や音読学習の効率アップなどの相乗効果が期待できます。実用的なメリットだけでなく、リーディングスキルの基礎力が上がるといった手助けにもなるでしょう。

3.英語のリーディングは多読をメインに|多読のおすすめ勉強法

具体的なリーディング勉強法で、まずは多読について詳しく解説します。独学でもすぐ実践できる学習法では、スラッシュリーディングやサイトトランスレーションなどがありますね。

3-1.スラッシュリーディングで読み返りのクセをなくす

リーディング学習法でよく知られているスラッシュリーディングは、多読で効果的な対策となります。

具体的にはスクリプトを紙で用意して、意味のかたまりごとにどんどんスラッシュで区切っていきます。簡単な英文例もご紹介します。

スラッシュリーディングのポイント

  • I think / I left my bag / here / last night.
  • I always / meet my friends / on a weekend.
  • Hannah / got home late / from work today /, and / she was / very hungry. 

長い文章でもスラッシュで細かく区切ると、簡単な英単語・フレーズとして理解できます。まずは、自分の読みやすい区切りや最低限の意味がわかる単位でスラッシュを入れて、語順通りに英語を理解しておくと、次第にスラッシュなしでもスラスラと順番通りに英文を読めるようになりますね。

3-2.サイトトランスレーションで読解スピード向上

スラッシュリーディングと似たような勉強法で、サイトトランスレーションもおすすめです。

サイトトランスレーションのやり方はスラッシュリーディングと同じく、意味のかたまりごとに区切って理解するリーディング方法となります。違いとしては、サイトトランスレーションは日本語訳までアウトプットする練習で、英語通訳者向けのトレーニングです。

サイトトランスレーションのポイント

  • サイトトランスレーション:スラッシュで区切ってから順番に日本語訳をする
  • スラッシュリーディング:スラッシュで区切って、日本語訳をせずに英語のまま順番通り理解する

スラッシュリーディングで理解が追いつかない場合、時間をかけてサイトトランスレーションで日本語訳まで確認するやり方がおすすめです。勉強の流れは以下のようなイメージですね。

  1. 英文をチャンクごとにスラッシュで区切る
  2. 区切った英文を一つずつ読んで日本語にする
  3. 一文全て読んだら、通しで再度リーディング

スラッシュリーディングとサイトトランスレーションは、共通して英語の読み返りを防ぐことにあり、最初から最後までスムーズに読んで理解できることを目的とした練習です。

サイトトランスレーションのコツ・やり方を詳しく解説

3-3.スキャニングで文章全体を理解

多読では大量の英文をリーディングすることになりますが、文章全体を大まかに理解するスキャニングの実践も効果的です。

スキャニングは特別な技能でなく、みなさんの普段の生活でも実践しているスキルです。例えばスマホでおすすめのイヤホンをGoogleやYahooで検索してブログ記事で調べる際、記事全ての文章を読み込もうとする人はほとんどいないですよね。

スキャニングのポイント

大抵の場合スクロールで全体を流し見して、イヤホンの料金や性能など特定のキーワードを探して、気になるポイントだけを読んで情報収集をするでしょう。

スキャキングも同様に、特定の単語やフレーズを探して期待している情報があるかなどを判断する手段となります。英文全てを読まなくても、要点だけおさえておきたい場合に有効ですね。

3-4.スキミングで英文の要点を読み取る

スキャニングと似たような言葉・方法で、スキミングも読むコツの一つです。クレジットカードから個人情報を盗み取るのもスキミングと呼ばれますが、本などをざっと読む「skim」という意味から来ています。

英文を一語一句丁寧に読むのではなくざっと読み通して、頻出する英単語や表現を理解した上でどのようなジャンルの情報かを推測すると、リーディングの理解度が上がるでしょう。

スキミングのポイント

例えば、スキミングで「cat」や「animal」など動物関連の英単語を多く読み取れたり、「protection group」といった表現から、動物保護に関する情報であることが推測できます。どのような内容が書かれているか大枠を把握する際にスキミングがおすすめで、長文を読み始める際にはスキャニングやスキミングを活用することで効率アップになります。

3-5.知らない単語があったら文脈から推測

多読では大量の英文をインプットすることが求められるため、文中に分からない英単語があってもすぐ調べようとせず、前後の内容から推測するようにします

知らない単語の対策

例として、「She got depressed because of this news.」という英文を読んだときに「depressed」という形容詞の意味がわからない場合でも、「this news」がネガティブなニュースだと文脈から読み取れば、「そのニュースのせいで彼女は落ち込んだ・意気消沈した」といったイメージを掴むことができますね。

ただ、あまりにも語彙力がないとリーディングが進まないため、最低限の英単語は覚えておくといいですね。ボキャブラリーに自信のない方は、関連記事より英単語の効果的な覚え方・暗記のコツを解説していますので、こちらもご参考ください。

4.精読で英語のリーディングスキルの質を上げる勉強法

続いて、精読でのリーディング勉強法を以下で詳しく解説しました。多読と異なり、大体の情報を理解することではなく100%の理解度まで突き詰めます。

4-1.英文全体を読み進めて分からない部分をマークする

精読は文章を飛ばすことなく、一文ずつ確実に読んで理解します。まずは読み進めて、単語や構文・意味など分からない部分が出てきたら都度マークするといいでしょう。

英文の理解にあたり、構造が複雑なケースもありますので文法が苦手な方は品詞を意識したマークがおすすめです。例えば、「I’m in charge of the sales department.」の一文について意味が分からない場合、各単語の種類を分解してみます。

品詞の確認

I (主語S)/ am (述語V:be動詞)/ in charge(形容詞・補語Cの働き) / of(前置詞) / the sales department(名詞)

このように分解できて、英語の文型自体は第二文型(SVC)のシンプルな文章です。「in charge of」のフレーズが「〜を担当している」と分かれば翻訳は簡単で「私は営業部門を担当しています」との意味になります。

4-2.文法や構文を調べて正確に理解する

文法や構文の理解

上記の例文みたく、構文や各単語の品詞を整理できれば、単語・フレーズごとの意味を調べることで理解ができます。逆を言えば、精読では構文・文法が基礎知識として大事になりますね

英語構文の効果的な学習方法とは?

文書全体の意味を理解できた段階で、再度英文を読んで確認します。黙読だけでなく音読で振り返ることで、語彙や構文がアウトプットで活かせる知識になるでしょう。

4-3.英単語を調べる時には英英辞典がおすすめ

精読では分からない英単語をなくすことが重要ですが、英和辞典で確認するより英英辞典を使うとより勉強になります

英語初心者からすると、英語の意味を英文で確認するのはちょっと難しい…と思うかもしれませんが、英英辞典による学習を続けることでより読解力が向上します。

英英辞典の活用ポイント

  • 日本語を介さず把握する英語脳のスキルが身に付く
  • 英単語の語彙力が向上してリーディングで役立つ
  • 英英辞典での確認自体がリーディング勉強になる

などのメリットがありますので、ぜひ英英辞典を活用するといいでしょう。

5.音読・速読で英語を早く読めるようになるためのポイント

英語のリーディング対策で、音読や速読の学習効果も確認してみましょう。英文を速く読むためには、英語の基礎知識が大事になるほか、多読のトレーキングが効果を発揮します。

5-1.声に出して読むことで読み返りを防げる

速読のポイント1

黙読でのリーディング勉強では、英文の内容が分からない場合に後ろから読み返してしまうことがよくあります。初心者にとって、日本語と英語の構文が異なることで少し長い文章を読もうとすると….

There exists a gap between she and you.
→「she and you」(彼女と自分)→「between」(の間)→「a gap」(ギャップ)

といった具合に、日本語の語順で再度確認してしまうことで、読むスピードが遅くなってしまいますね。

対して、音読によって英語の語順に沿って通しでリーディングをしていくので、読み返しをすることなく続けられます。最初はゆっくりでもいいので、音読でのリーディングを実践してみるといいでしょう。

5-2.正しい英語の語順理解が必要|文法や構文をおさえる

読み返りに関連して、英語の語順通りに内容を理解するためには文法や構文の勉強が必須となります。これは速読だけでなく、精読や多読でも同じことが言えますね。

文法の理解に自信のない方は、中学英語から復習をしてみてはいかがでしょうか。ゆっくり読んでもリーディングが難しい場合には、基礎固めから確実に対策しておきましょう。

英文法の学習で役立つ記事はこちら!

5-3.スラッシュリーディングやサイトラなどの多読が効果的

速読のポイント2

速読を磨く上で、多読の勉強法でご紹介しましたスラッシュリーディングやサイトトランスレーションなどもおすすめです。

速読で必要な英語の構文知識を増やすためにも、主語や動詞、目的語、修飾語に構文を分解することで、スラッシュリーディングに慣れることができます。

また、音読との組み合わせでより英語のまま把握する力がつきますので、これまでご説明しました多読・精読・音読それぞれをバランス良く練習して読むスピードをあげてみましょう。

6.英語のリーディング勉強でおすすめのサイト・無料教材

リーディングの独学では役立つ教材も欲しいところですが、初心者から上級者まで個人の英語レベルに適した無料教材やWebサイトを参考に取り組むといいでしょう。

サイトによってはレベルの高い英語表現が多く難解であるため、自分のリーディングレベルと同じくらい(または少し上のレベル)で学習をするといいですね。

6-1.初心者向けのリーディング勉強で活用できるサイト

初心者向けのリーディング教材

初心者向けのリーディング学習は、子供向けの英語教材・サイトが役立ちます。

TIME for KIDSで簡単な情報収集に慣れる

TIME for KIDSはインターネット上で読める記事を集めたサイトで、子供向けのオンライン新聞みたいなメディアです。有名な雑誌「TIME」の記事をネイティブの子供でも読めるように、分かりやすく掲載されています。

シンプルな英語表現で記載されていますので、英語初心者でも比較的リーディングがしやすいですね。また、トピックも豊富なので様々なジャンルの情報収集にも慣れるきっかけとなります。

News in Levelsでレベルに合ったリーディングができる

News in Levelsも初心者のリーディング学習で役立つサイトです。海外の記事をまとめたメディアで、レベル1~3の英文レベルで分けて読むことができます。

まずはレベル1で記事を読んでみて、ある程度理解できたらレベル2のリーディングにチャレンジできるなど独学に適した教材となっております。

2分で読めるやさしい英語ニュースで隙間時間学習

2分で読めるやさしい英語ニュースは、日本人の通訳翻訳のプロが運営しているサイトです。日本国内の時事を中心に、リーディングのほか動画でも紹介されておりリスニング対策にもなります。

記事内容が短くまとまっており、隙間時間での英語学習で使いやすくおすすめです。

▷参考:初心者向けの英語勉強法を詳しく解説!【英会話講師が教えるコツ】

6-2.中級者向けのリーディング勉強では幅広いトピックをインプット

中級者向けのリーディング教材

中級者から上級者を目指すリーディング学習では、より幅広い話題・トピックをインプットすると効果的です。リーディングスキルの上達だけでなく、英会話で話すネタでも活用できるでしょう。

Buzz Feedでエンタメ・世界情勢の情報収集

Buss Feedはエンタメ系のニュースをまとめているサイトで、日本語版もあるので知っている人は多いのではないでしょうか。

サイト内での言語設定を変更して、英語で読むことができます。世界各地で話題になっているニュース・社会現象などを知ることができるでしょう。

ABC Learn Englishでリスニングなど幅広く対策

ABC Learn Englishは、海外のニュース記事を読めるほかYouTube動画でのリスニングもできます。

英語の内容は少し難しくなりますが、英語学習者向けのノウハウも学べるのでリーディングだけでなくリスニングなど総合的な英語対策で手助けとなるでしょう。

精読を学ぶなら「思考力をみがく 英文精読講義」

精読向けの英文読解について詳しく学びたい場合、「思考力をみがく 英文精読講義」という教材がおすすめです。「なんとなく」でなく「正確な」リーディングのスキルを磨く上で、参考になります。

英文法や英単語の知識はあるもののリーディングが苦手という方は、こちらの教材から精読のポイントを学んでみてはいかがでしょうか。

6-3.上級者向けのリーディング勉強はネイティブが使う高度な英語を学ぶ

上級者向けのリーディング教材

よりハイレベルなリーディング学習をしたい方は、専門的なジャンルや高度な英語表現を学べるサイト・教材がおすすめです。

Scienceで専門用語を学習

Scienceは海外の科学技術に関する情報・ニュースを掲載しているサイトです。科学分野での専門的な用語が多数あるので、難易度の高い英文となります。

上級者向けのメディアですが、語彙力を高めるためのリーディング対策ができるほか、科学領域における知識が養われるメリットもありますね。

The Economistでレベルの高い英語を体感

The Economistは国際政治や海外の経済情勢など、レベルの高い英語表現が使われています。英検1級レベルの単語も頻出するので、明らかに上級者向けの英語教材となるでしょう。

難しい内容ですが、ビジネス英語を習得したい方にとって有益な情報が多くあります。海外の経済や金融、歴史など幅広いトピックを学ぶことができますね。

英検1級レベルの学習をするなら「英語リーディングの極意」

上級者の英語教材・書籍では、「英語リーディングの極意」も評価が高いです。英検準1級〜1級レベルの長文を厳選しており、効果的な10つの読解原則を基に解説されています。

多読や精読の方法論が分かるほか、難しい英文の構造を読み解く手法が分かりやすくまとまっています。高いレベルのリーディングを学ぶにあたり、参考になるでしょう。

7.英語のリーディング勉強法で大事なポイントまとめ|他の英語スキルも向上!

リーディング学習で大事なポイント

英語のリーディング対策を一通り解説しましたが、重要なポイントを最後にまとめました。

リーディングの独学ができるようになれば、リスニングやスピーキングなど英会話に必要な他のスキルも上達します。もちろん、リーディングの勉強法は読むことを目的としていますが、英語学習本来の目的である、英会話や英語でのコミュニケーションなど実用的な能力につなげられると、より有意義な英語学習となるでしょう。

7-1.英語の語順通りに読み英語のまま理解

リーディングが苦手な方は、英文を一度読んだ後に戻って日本語訳を考える傾向にあります。また、日本語のスクリプト・解説を読んで確認をする癖もあり、英語のまま理解する習慣がないのも課題ポイントです。

多読や音読を使って、英語の語順・構文通りに理解する練習を続けることでリーディングは上達します。日本語訳を考えたくなりますが、英語のままインプットする意識を持つことで読むスピードが向上するでしょう。

7-2.正しい勉強法を実践することで英語脳が身に付く

英語のまま理解する・語順通りに理解することについて繰り返し提案しましたが、これは英語脳の対策にもつながります

英語脳は英会話の習得・バイリンガルといった目標にとって大事な要素で、英語をダイレクトに理解し、日本語を介さず文章の流れ通りに把握できる思考回路が備わっています。他人とのコミュニケーション・英会話のアウトプットなど、実践的な英語スキルを目的としている方はより重視するべきでしょう。

リーディングでも正しい勉強法を続ければ、英語脳が作れるようになります。英語脳について詳しく知りたい方は、英語脳の特徴と作り方の解説ページをご参考ください。

7-3.リーディングを対策することで他の英語技能・スキルも向上する

今回はリーディング中心の解説となりましたが、インプット対策でリスニングも勉強できたり、発音練習から表現対策までアウトプットも関連するなど、全体的な英語力を上げる学習になります。

「英語の聞き取りも改善したい」といった課題や「アウトプットではライティングも苦手」など他の技能において改善したい方は、独学での対策を推奨します。リーディングと同様に、リスニングやライティング、スピーキングの対策なども独学で上達する方法がありますので、以下記事からぜひ実践してみましょう。

リスニングの勉強法を徹底解説|英語の聞き取りは「音」の理解が重要

英語のライティング勉強法を知りたい方はこちら【参考書やコツは?】

インプットができるようになれば、英会話への積極性やコミュニケーションが取れることの楽しさなど実感できるはずです。リーディングの勉強自体は地道ですが、実用的なスキル・英会話力を手に入れるために欠かせないトレーニングなので、ぜひ続けてみてはいかがでしょうか。

時間のない社会人でも継続できる勉強法もチェック!

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. CEFRの英語レベルを解説

    CEFRの英語レベルを詳しく解説|英語初心者はB1を目指すべき理由も紹…

  2. 英会話をとことん楽しく身につけるには?おすすめのコンテンツ15選

  3. 英語と英会話の違いを解説

    英語と英会話の違いをメリット・勉強方法から解説【両方のスキルが必要な理…

  4. CEFR(セファール)による英語力の基準|他の英語試験との相対比較まとめ

    CEFR(セファール)による英語力の基準|他の英語試験との相対比較まと…

  5. 英会話の上達法をスクール講師が解説

    英会話の上達法をスクール講師が解説!上達する方・しない方は何が違う?

  6. 英語の日常会話レベル基準

    英語の日常会話レベル基準を具体的に解説!日常会話の英語力に到達する学習…

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話は意味ない?
  5. オンライン英会話のフリートーク解説
  6. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  7. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。

ページコンテンツ