英文法

英語の文法を効率的に学ぶための順番と確実に定着させるための秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

英語で「読み・書き・話す」ために英文法は必要なルールで、英語の資格テスト・ビジネス英語・日常会話など、英語を扱う上での文法的な知識が重要です。

日常会話レベルであれば、中学で習う英文法の知識でネイティブにも通用します。具体的に英語の文法を学ぶ上でどのようなメリットがあるかというポイントや、効率良く英語・文法を学習する方法など確認しておくとさらに良いでしょう。

また、こちらのページでは基本的な英文法について一通り解説しており、苦手だと感じている文法やこれから学習したいカテゴリーなどあれば、個別でぜひお読みくださいませ。

Be動詞一般動詞文型
冠詞所有格否定文
疑問文疑問詞命令文
三人称単数進行形Can
過去形
(一般動詞)
名詞可算名詞
不可算名詞
Some・AnyThis・That代名詞
Be動詞
過去形
未来形過去進行形
Have to助動詞否定疑問文
付加疑問文動名詞不定詞
比較There is when・if
接続詞受動態現在完了形
分詞間接疑問文関係代名詞
形容詞副詞前置詞
時制仮定法使役動詞
知覚動詞

学ぶ順番さえわかれば英語学習の負担が大きく軽減されます。インプットとアウトプットを上手に取り入れることで学習効率が高まります。

英語学習のお役に立てると幸いです。では詳しく解説していきます。

1.英語の文法を学習する目的・方法は?

英語力を身につける上では文法の理解が必要不可欠です。ビジネス英会話やメールでの対応・ライティングなどアウトプットをするときなど、英文法の知識が役立ちます。

英文法を学ぶメリット

  • 正しい英語でアウトプットできる(会話も含め)
  • 自分の間違い正すことができる
  • ネイティブが使う表現を自分の知識に変えることができる
  • 調べさえすれば知らない知識も理解できる
  • リスニングでも役に立つ

英文法を学ぶメリットは英語で話す(アウトプット)ときだけでなく、英語を聞き取る(リスニング)際にも重要です。

1-1.ネイティブの英語を聞き取り(リスニング)でも英文法が役立つ

英文法を知らないと、英単語が聞き取れても文法に隠れているニュアンスまで理解できません。英文法はリスニングの際にも必要な知識です。

さらに英文法がわかれば、聞き取った英語から知識を得ることもできます。英語を効率的に学ぶためにも英文法を学習しましょう。

リスニングを3ヶ月で伸ばした方法を紹介!

1-2.英会話スクールで効果を出した英文法の学習方法

(英文法の知識+コミュニケーション力)× アウトプット量=英会話力

大人向けの英会話スクールで使われている学習方法をご紹介します。

英会話を身につけるためには3つのスキルが必要です。

  • 英文法の知識
  • コミュニケーション力
  • アウトプット量

3つのスキルをバランスよく学習することで英会話力が身に付きます。英文法をアウトプットすることで一生忘れない知識へと変わります。

暗記が苦手と伸び悩んでいる方は、インプット型の学習をアウトプット型の学習へ切り替えることをお勧めします。

英文法を効率よく学ぶためには「順番」が大切

英語習得で必要な学習時間は?」で解説していますが、英語習得には1000時間が目安とされています。英会話をマスターするためには長期の学習継続がカギです。中学文法の知識を学習するだけでも3〜6ヶ月必要です。

学習効率をあげるためにも、文法を学ぶ「順番」を意識することが肝心です。Aloha English英会話で効果を出し続けている学習の順番をご紹介します。

具体的な学習の順番と学ぶときのポイントについて解説してきます。以下のような流れ、カテゴリー別で一つずつ確認しておくと良いですね!

  1. 英語の語順・文型の基礎
  2. 時制の種類と疑問文(コミュニケーションに必要な文法)
  3. 助動詞・品詞(細かいニュアンス表現で役立つ文法)
  4. 中級者向けの文法(不定詞・動名詞・比較など)
  5. ネイティブが使う上級者向けの文法(間接疑問文・分詞など)

2.英語の語順(文型)に関する基礎知識を学ぶ

英文法の学習を始めるにあたり、英語独特のルールについて学ぶ必要があります。大前提として必要な知識は大きく分けて3つあります。

  • 英語の語順(5文型)
  • 名詞の前につける冠詞
  • 2種類の動詞について

2-1.英語の語順に慣れる|5文型に関する基礎知識

    study   English
 S            V                O

私は   英語を  勉強する
                      o                          v

英語と日本語では語順が違います。英語には5つの文の形があり、それらを「文型」と呼びます。英文法の初歩として、5文型について知識を深めておきましょう。

「5文型」の特徴をわかりやすく解説

2-2.「a」や「the」などの名詞の前につく冠詞や所有格

英語では名詞の前に「a」や「the」をつけます。これを冠詞と呼びます。または「my / his / her」など冠詞の代わりに所有格が使われます。

a pen

an apple

the movie

my friend

英語には名詞を「1・2・3・・・」と数える風習があります。日本語でいうところの助数詞にあたります。「一匹、一頭、一本」と数える方法と似ています。

冠詞や所有格に関する記事一覧

冠詞のAとTheの違いって?

「my / her / his 」などの所有格の基礎知識

数えられる・数えられない名詞の見分け方

2-3.動詞は2種類ある|Be動詞と一般動詞

(Be動詞)
I   am   an English teacher. 

(一般動詞)
She   studies   English. 

動詞には2種類あり、Be動詞と一般動詞に分類されます。英語は動詞を中心として成り立つ言語であり、動詞を理解することで英語で話すための近道になるでしょう。

Be動詞と一般動詞に関する記事

Be動詞はイコール関係?用法など詳しく解説

一般動詞とは?注意すべきポイント完全網羅

否定文・疑問文の作り方

動詞別で否定文の作り方を解説

疑問文を作る際の中すべき語順とは?

3.コミュニケーションに必要な英文法|6種類の時制と疑問文

6種類の時制・疑問文

話し相手と会話のキャッチボールをするために必要な英文法が時制と疑問詞です。Aloha Englishでは時制と疑問詞のアウトプットを徹底的に練習します。

3-1.単純時制

英語には全部で12種類の時制があります。その中でも単純時制と呼ばれる6種類の時制さえ使えれば英会話は成立します。

  1. 現在形
  2. 過去形
  3. 現在進行形
  4. 過去進行形
  5. 未来形①(will)
  6. 未来形②(be going to)

過去・現在・未来を表す時制まとめ

3-2.疑問詞(5W1H)を使った質問

疑問詞(5W1H)とは

  • What (何を)
  • When(いつ)
  • Where (どこ)
  • Who(誰が)
  • Why (なぜ)
  • How(どのように)

相手に5W1Hの疑問詞を使って質問をすることで、お互いの共通点を見つけることができます。相手の話を聞くさいに相槌などもタイミングよくはさめば、会話が盛り上がるはずです。

疑問詞を使った文を作るコツは?

会話で使える相槌表現

英語で会話を成立させるために必要最低限の英文法をまとめた内容をご紹介します。初心者が短期間で英語コミュニケーションを取るための秘訣です。

英会話に必要な英文法まとめ|少なくてもこの文法知識があれば会話が成立!

4.細かなニュアンス表現に役立つ助動詞と品詞

助動詞・品詞の種類

4-1.助動詞と動詞を組み合わせて細かなニュアンスを表現する

日常会話で使われる助動詞は5つあり、具体的には以下のような表現ができます。

助動詞✖️ 動詞=5つのニュアンス

  • will drink red wine. (未来)
  • can drink red wine. (可能)
  • may drink red wine.(推量:〜だろう)
  • should drink red wine.(当然:〜べきだ)
  • must drink red wine. (義務)

I drink red wine. (私は赤ワインを飲む)という文に助動詞を付け加えるだけで、異なるニュアンスを加え得ることができますね。単純に飲むだけでなく、飲む「だろう」や飲む「ことができる」など細かい意味を付け加えられます。

助動詞を使いこなすことで英単語の暗記を極力減らすことができます。

助動詞の学習に役立つ記事

5つの助動詞の役割が10分で分かる!

4-2.正しい英語で話すために必要な品詞の知識

英語を学習しているときに、次のような疑問を感じたことはありませんか?

  • 英語の順番がわからなくなる
  • 単語の配列がよくわからない
  • 英語は不規則なルールがあり覚えられない

名詞・動詞・形容詞・副詞がメインの品詞。そして代名詞・接続詞・前置詞と機能的な役割をもつ品詞がある。どちらも大切な品詞で全部で8種類あります。

品詞と文型を学習することで、英語の順番や単語の配列などについて詳しく学ぶことができますね。

主要な品詞に関する記事一覧

名詞の種類と正しい用法について

ネイティブがよく使う基本動詞16選

2種類の形容詞の用法・使い方

副詞の位置・語順を徹底解説

機能的な役割をもつ品詞に関する記事一覧

名詞の代わりになる代名詞とは

「だから」「しかし」などの接続詞36選

会話で頻出の前置詞の具体的な使い方?

5.中級者向けの英文法|「英語が上手ですね」と褒められる

中級者向けの英文法

英語レベルをあげる方法は1文を長く作るのがコツ。初級から中級レベルへ上がるために必要な文法をご紹介します。

中級レベルに必要な英文法とは

  • 不定詞
  • 動名詞
  • 比較
  • 受動態
  • 現在完了

I went to the park yesterday.
「私は昨日公園に行きました」

I went to the park yesterday to play basketball with my friend.
「私は昨日友達とバスケットボールをしに公園へ行きました」

一文が長くなることで具体性かつ説得力をもった表現になります。英語初心者の一文は3〜8ワードが平均的に使われています。中級レベルの英語力に必要なワード数は一文に12〜20ワードが必要です。

中級レベルに必要な英文法を学ぶための記事

3種類ある不定詞の使い方

動名詞と不定詞の正しい使い分け

意外と難しい比較表現の例文まとめ

受動態は実は簡単!?ポイント解説

現在完了は他の時制と何が違う?

6.ネイティブが日常的に使う上級レベルの英文法

上級者向けの英文法

中学3年生または高校で習う英文法を会話で使いこなせれば上級者。ネイティブライクに会話をするために必要なハイレベルな文法知識です。

上級者向けの英文法とは

  • 間接疑問文
  • 関係代名詞
  • 分詞
  • 仮定法

If I had met her, I would have learned the piano.(もしも彼女に会っていたならば、ピアノを習っていただろう)

「もしも〜だったら」を表現する仮定法のように、上級レベルの英文法は細かなニュアンスを表現できるようになります。

たった4つの文法を学ぶことで豊かな表現力が身に付きます。英単語を暗記するよりも汎用性が高いのが特徴です。

上級レベルに必要な英文法を学ぶための記事一覧

間接疑問文の分かりづらい語順を解説!

関係代名詞って会話でいつ使うの?

難しい分詞も用法を整理すれば簡単に!

応用できると会話で便利な仮定法

7.英文法を完全マスターするためのコツ

英文法の学習方法に関して、効率的に学習する順番を公開しました。Aloha Englishでもこの順番で指導しています。

英文法をマスターするために必要な手順は以下の通りです。

知る⇨理解する⇨使う⇨実践する

英文法の参考書を使って理解(インプット)することも大切です。理解した知識を使う(アウトプット)ことはさらに重要です。

英会話をマスターしたい方は英文法を学習する順番に従い、この4手順に沿って学んでください。英語が話すための正しい学習方法であり近道です。関連記事もありますのでご参考くださいませ!

英会話に必要な英文法まとめ|少なくてもこの文法知識があれば会話が成立!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!