旅行・旅の英語表現でTravel,Trip,Journey,Tourを比較!【役立つ英語フレーズを解説】

旅行・旅の英語表現でTravel,Trip,Journey,Tourを比較!

旅行や旅を意味する英単語では、Travelが最も聞き慣れているかと思います。ですが、他にもTripやJourney、Tourなど旅行には英語でいくつかの表現ができますね。

すべて日本語で旅行と言える英単語ですが、それぞれニュアンスの違いがありネイティブは使い分けされています。

  • Travel,Trip,Journey,Tourが意味する旅行・旅のニュアンス
  • 旅行に関する英語の例文から比較
  • 他にも使える旅行・旅の英語表現

といった旅行の英語表現で、役立つ知識を一通り解説します。これまで何気なくTravelやTripなど使っていた人でも、より正確な使い分けができるようになるでしょう。

1.旅や旅行を意味する主な英語表現

はじめに、旅や旅行を意味する英語表現・英単語をご紹介すると以下の4種類があります。

  • Travel:一般的な旅行
  • Trip:短めの滞在・旅行
  • Journey:長めの滞在・旅
  • Tour:出発地点に戻るツアー旅行

ざっくり比較すると、このような違いがあります。旅行の内容によって使い分けができますね。

1-1.Travel:一般的な意味での旅行

Travel:一般的な意味での旅行

Travel は一般的な「旅行」で使われます。

ある場所からある場所へ一定の期間旅行に行くことを指し、または移動の手段について言及するときにも使います。

Travelは名詞だけでなく動詞・形容詞の用法もある

Travelの特徴として、〜へ行く・旅行をする意味の動詞のほか名詞や形容詞としても使われます。汎用的なので、旅行表現ではよく使いますね。

【動詞例文】
・He really likes to travel.
「彼は本当に旅行することが好きです」

・She often travels for work.
「彼女はよく仕事で旅行します」

・My brother is currently traveling through South Europe.
「私の兄は今南ヨーロッパを旅行中です」

・We decided to travel by car.
「私たちは車で移動することに決めました」

【名詞例文(不可算名詞)】
Travel in that region of the country is dangerous.
「その国のあの地域に行くことは危険です」

・World travel gives you a new perspective.
「世界旅行は新しい視点を与えます」

【形容詞例文】
・She wants to study travel English.
「彼女は旅行英語を勉強したい」

・We need to keep down travel expenses.
「私たちは旅費を抑える必要があります」

1-2.Trip:短めの旅行

Trip:短めの旅行

TripはTravelと比べて、期間の短い「旅行」を表現する際に使われます。

旅行の行き先が決まっているものの、そこまで本格的な旅行ではないといった感じだとTripの方が自然です。

Tripは名詞用法のみ

Travelは動詞など多くの用法がありましたが、Tripは名詞用法のみとなります。以下フレーズのように、他の名詞と一緒になって表現できますね。

【Tripを使った名詞の表現集】

  • A business Trip 「出張」
  • A weekend trip 「週末旅行」
  • A day trip 「日帰り旅行」
  • A school trip 「修学旅行」
  • A road trip 「ロードトリップ・車での旅行」

また、Tripを使って旅行する・行くなどの動詞で伝えたい場合には、「go on a trip」「Take a trip」などのフレーズが使えます。

「My family and I are planning to go on a trip to Hokkaido this summer.(私と家族は、今年の夏に北海道へ旅行に行く予定です)」といった感じで、他の動詞と組み合わせた言い方もよく利用しますね。

1-3.Journey:長い旅・旅行

Journey:長い旅・旅行

Journeyは、ある場所からある場所へ行くことを指すのでこれも旅行を意味します。

多くの場合「長い旅行」を意味して、「旅」として使われることもあります。イメージとして「困難な旅行」を指すこともあり、人生の行程を例えられますね。

過酷な旅行・旅のイメージ

長い旅行・旅の要素があるJourneyは、過酷なイメージがあります。

有名なテレビ番組である「クレイジージャーニー」も、Crazy Journey(普通でない/狂った人生の旅)といった捉え方ができるでしょう。

【Journeyを使った例文集】
・A journey of a thousand miles must begin with a single step.
「1000マイル(約1600Km)の旅も初めの一歩から始まる。」
→「千里の道も一歩から」

・We made the 200 miles journey by bike.
「自転車で200マイル(約320Km)の長旅を達成した。」

・The journey takes 5 hours by plane or 28 hours by bus.
「その旅行は飛行機で5時間、バスで28時間かかります。」

・Without music, life is a journey through a desert.
「音楽なしでは、人生は乾ききった砂漠のような旅だ。」

1-4.Tour:出発地点へ戻ってくる旅行イメージ

Tour:出発地点へ戻ってくる

また、日本語でもよく「台湾ツアー」「日帰りツアー」など、Tourも使います。

Tourの特徴として、出発した地点にまた戻ってくるイメージがあります。旅行ツアーの日程でも、最初に集合してから終わりも同じ場所での解散が多いですよね。

複数の場所を訪れる旅行や見学ツアーなどの表現もある

Tourは一箇所だけでなく、複数の場所・エリアを訪れるような旅行のほか、もっと小規模な観光ツアー・見学ツアーでも表現できます。

  • I booked a guided tour to explore the ancient ruins of Rome.(ローマの古代遺跡を探検するガイド付きツアーを予約しました)
  • My friends and I went on a wine tasting tour through the vineyards of Tuscany.(私たち友人たちは、トスカーナのブドウ畑を巡るワインテイスティングツアーに参加しました)
  • During our European tour, we visited multiple cities, including Paris, Rome, Barcelona, and Berlin.(ヨーロッパツアーで、パリやローマ、バルセロナ、ベルリンを含む複数の都市を訪れました)

いろんな観光地を巡るツアーや、ちょっとした地ビール工場ツアーなどが当てはまるでしょう。

2.旅や旅行に関する例文・英語フレーズ

TravelとTrip、Journey、Tourについてそれぞれの違いを解説しましたが、旅行に関する英語表現・フレーズについて例文から確認してみます。

2-1.修学旅行・出張などのフレーズ(Trip)

修学旅行・出張などのフレーズ

一般的な旅行の英語表現はTravelが多いですが、Tripも名詞でよく使いますね。期間の短い旅行や、ちょっとした遠足など以下例文のように表現できます。

  • Next week, I have to go on a business trip to New York for an important meeting with our clients.(来週、クライアントとの重要な会議でニューヨークへ出張しなければなりません)
  • A Field trip to the local museum and park.(地元の博物館と公園への遠足)
  • The high school students are excited for their upcoming school trip to Kyoto.(高校生たちは、近々行われる京都の修学旅行を楽しみにしています)

出張の場合、短めの滞在であることが多いのでTravelでなく、習慣的にBusiness tripで表現します。ただ、主張経費の場合には「Travel expenses」と使われることが一般的なので、少々ややこしいかもしれません。

2-2.「良い旅行を!」と伝える時の英語表現

「良い旅行を!」と伝える時

旅行に関するフレーズで、「良い旅を!」と言いたい時には以下のフレーズが使えます。

  • Have a great trip!(良い旅を!)
  • Enjoy your journey!(旅行を楽しんで!)
  • Have a fantastic voyage!(素晴らしい航海を!)

良い一日を(Have a nice day.)などのイディオムと同じような感じで、楽しんできてねといった気軽な伝え方となります。

また、安全な旅行を! 気をつけてね! といったお声がけをする場合には「Have a safe trip.(気を付けて行ってきて)」とか「I hope you have a safe trip.(何事もないように願っています)」などの言い方ができますね。

2-3.訪れる・滞在する英語表現

旅行をする動作についてTravelやgo on a tripなどを紹介しましたが、他にも別の動詞で訪れる・滞在するといった表現が使えます。

〜へ行ったことがあると言う場合にはVisit

〜へ行ったことがある

旅行する=海外へ行く・訪れるというニュアンスから、動詞のVisitがよく活用されます。以下例文のように、〜へ行ったことがあるなどの説明でVisitが使えますね。

  • I visited several European countries this summer.(この夏、いくつかのヨーロッパ諸国を訪れました)
  • I have visited the Grand Canyon in Arizona.(アリゾナ州のグランドキャニオンに行ったことがあります)

下の例文では、経験を意味する現在完了の用法です。関連記事でも解説していますので、文法の知識も参考にしてみてください。

滞在予定などStayで表現

滞在予定などStayで表現

旅行では〜に滞在したといった言い方もできるので、以下例文のようにStayで表現できます。

  • We decided to stay at this hotel in the countryside for a relaxing weekend getaway.(リラックスできる週末の休暇で、田舎にあるこのホテルに滞在することにしました)
  • During our trip to Paris, we plan to stay at a boutique hotel near the Eiffel Tower.(パリ旅行では、エッフェル塔近くのブティックホテルに滞在する予定です)

旅行先や宿泊先の紹介で、Stayの言い方が自然にできるでしょう。

3.旅や旅行に関する質問で役立つ英語フレーズ

旅行に関する表現では、相手に行き先を聞いてみたりどのような旅になるのか質問をする機会もあるでしょう。以下では質問に限定した旅行の英語表現をまとめました。

3-1.旅行の内容に関する質問(行き先など)

旅行の内容に関する質問

旅行の行き先や感想などを質問する場合、以下のフレーズが使えます。

  • How was the trip?(旅行はどうでしたか?)
  • Which hotel will you be staying at?(どこのホテルに泊まる予定ですか?)
  • Where would you like to travel to?(どこへ旅行に行きたいですか?)

宿泊や行き先について、TravelやTripのほか上記で解説しましたStay・Visitでも表現できますね。

3-2.旅行の日程に関する質問(日数など)

旅行の日程に関する質問

旅行に関して、日程や出発日など聞きたい場合には以下の英語表現が使えます。

  • Will you be taking a 3-night, 4-day trip to Singapore?(3泊4日でシンガポール旅行をしますか?)
  • On which day of your trip did you go to that restaurant?(旅行何日目にそのレストランへ行きましたか?)
  • What day of your trip is it today?(今日は旅行の何日目ですか?)
  • When will you be going on the trip?(いつから旅行へ行きますか?)

宿泊日数について、「a trip for three nights and four days(3泊4日の旅行)」と伝えられるほか、省略して「The trip is for three nights.(旅行は3泊です)」といった言い方もできます。

3-3.旅行の手荷物に関する質問

旅行の手荷物に関する質問

旅行と関連性の高い言葉である「荷物」も、ホテルで預けてもらう時などの表現を覚えておくと役立つでしょう。

  • What should I bring for the trip?(旅行では何を持って行けばいいでしょうか?)
  • Have you prepared your luggage for packing?(荷造りの準備はしましたか?)
  • Can I check in my luggage?(荷物を預けられますか?)

luggageがよく使うほか、belongingsやstuffなども同じ荷物を意味します。「Make sure to pack all your essential belongings in your carry-on luggage.(必需品は全て手荷物に詰めておくようにしましょう)」といった言い方ができます。

4.TravelやTrip以外でも使える旅・旅行の英語表現

TravelとTrip、Journey、Tourのほか、旅行に関する英語表現を以下でまとめました。旅行の内容や交通手段によって、英単語を使い分けられます。

4-1.交通・渡航手段によって使い分けができる

交通・渡航手段によって使い分けができる

旅行では飛行機のほか、船など移動手段によって様々な英語表現ができます。

  • Voyage「旅」:Journeyと同じ意味合い。やや古風な言い方
  • Cruise「クルーズ」:船やボートで旅行すること
  • Crossing「渡航・横断」:船や飛行機に乗って海を渡ること
  • Flight「フライト・飛行機旅行」:飛行機でいく旅行のこと

空港でもよくカウンターのチェックインで、「Have a good flight.(良い空の旅を)」と決まり文句のように言われますが、Flight=旅行という捉え方ができますね。

また、フランス語でのボン・ボヤージュ(Bon voyage)を聞いたことがある人も多いかと思いますが、船旅の場合には英語でVoyageが使えます。

※ただ、フランス語ではのVoyageは航海だけに限定せず旅全般を意味します。

4-2.団体での旅行:excursion

団体での旅行:excursion

旅行を意味する単語では「excursion」もあり、団体での小旅行や観光のニュアンスが含まれます。

  • We are planning a weekend excursion to the nearby mountain resort.(私たちは週末に近くの山のリゾートへの旅行を計画しています)
  • The school organized a one-day excursion to the local museum for the students. (学校側では生徒たちのために地元の博物館への日帰り旅行を計画しました)

こちらの例文のように、グループで行く旅行や学校などの遠足旅行が当てはまるでしょう。

4-3.探検的な旅行:expedition

探検的な旅行:expedition

また、探検的な要素がある場合には「expedition」があります。旅行というより探検や遠征と日本語で訳されるようなニュアンスで、以下例文のような過酷や旅・冒険を想像できます。

  • The group of scientists embarked on an expedition to the Arctic to study climate change(科学者たちのグループは、気候変動を研究するために北極への遠征に出発しました)
  • The mountaineering team successfully completed their expedition to the summit of Mount Everest.(登山チームは、エベレスト山の頂上への遠征を見事に成功させました)

日常会話ではあまり使うような表現ではありませんが、海外のドキュメンタリーや映画などで耳にするかもしれませんので、参考までに覚えておくといいでしょう。

5.旅や旅行で役立つ英語表現・フレーズを知っておこう!

TravelとTrip、Journey、Tourの違いを理解できると、スピーキングやライティングでもよりネイティブに近いアウトプットができるようになります。

自分の海外旅行に関する話や、友達との雑談などで今後ぜひ使い分けてみましょう。通常の旅行ではTravelの汎用性が高いですが、TripやTourなどを交えて相手への説明や質問を実践するといいですね。

また、当サイトでは日常会話で役立つフレーズ・英語表現も関連記事で紹介しています。英会話の苦手意識がある方はぜひ、お読みいただけますと幸いです!

日常会話で役立つ英語フレーズもチェック!

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. 『デッドヒート』の意味|和製英語を攻略して暗記効率を2倍に

  2. Ishって便利な言葉知ってる?Aloha English英会話

  3. 流行りの仮想通貨、英語でなんて言うの?

  4. ドライブスルーは和製英語?ドライブインとの違い

    ドライブスルーは和製英語?|ドライブインとの違い【注文用フレーズつき】…

  5. オムツのパンパースに、実は素敵な意味が!?

    パンパース(Pampers) 英語の意味|実は素敵な意味が隠されている…

  6. 和製英語のギャラは通じない、微妙に違う「報酬」を表す6つの英単語

    和製英語のギャラは通じない、微妙に違う「報酬」を表す6つの英単語

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話で上達しない理由
  5. オンライン英会話は意味ない?
  6. オンライン英会話のフリートーク解説
  7. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  8. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。