「看護師 ワーホリ」

アメリカで看護師になる・資格取得の難易度は高い?|知っておくべきデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
アメリカの看護師解説

看護師として働いている中で今後、日本国内で働き続けるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。海外での移住・転職先ではアメリカも人気の国ですが、看護師で働くには資格取得をする必要がありますね。

アメリカの看護師は年収が高いなど魅力的なポイントもありますが、結論から言うと求められる英語力が高く、資格取得まで大変といったデメリットが大きいので、海外移住・転職先をアメリカに絞らない方が良いでしょう

こちらのページではアメリカで看護師になる方法や資格取得について、一通り解説していきます!

▼英会話体験レッスンもおすすめ!▼

1.アメリカと日本の看護制度・看護師の職種で違いは?|給料で大きな差がある!

アメリカと日本の看護師において、役割や待遇が異なりますので最初に確認しておきましょう。

日本と比べて、アメリカの看護師には求められる業務が多く、医師としての技量も必要ですね。

1-1.アメリカの看護職・役割

アメリカの看護職では、正看護師と准看護師、看護助手などのポジションがありますが、それぞれの役職について以下表で詳細をまとめました。

アメリカの看護職詳細・業務内容
正看護師病院なクリニックなどの勤務がメインで、看護や診療補助などを行う。
※正看護師の立場は医師と同等で、カルテ管理などの事務的な看護助手に補佐を任せられる。
准看護師基本的には正看護師と同じような業務内容になるが、医師や正看護師の指示を受けることが法律上定められている。
看護助手看護師の補佐・患者の介助などが主な仕事で、看護師と同じく資格を取得する必要がある。

このように、日本とアメリカではわりと看護師の役割が異なり、資格取得や専門性など、アメリカでは制度区分が細かくなっていますね

アメリカの正看護師|医師と同等の立場

それぞれの看護職について詳しくご説明しますと、アメリカの正看護師では日本の看護師よりも立場が上で、看護業務に集中できるポジションです。

正看護師ではADN(Associate Degree in Nursing)とBSN(Bachelor of Science in Nursing)の2種類がありADNは短大卒レベルの看護師、BSNは大卒レベルの看護師がありますね。

看護師資格について以下でもご説明していますが、ADNまたはBSNになる上ではNCLEXというアメリカ正看護師の国家試験を受ける必要がありますね。それぞれ、年収や役割に差がありましてBSNの方は700万円以上の年収ベースだとされています。

アメリカの准看護師|医師・正看護師の指示を受ける立場

アメリカの准看護師のポジションでは、日本の看護師とそこまで業務の内容に違いがありませんが、看護師や医師の指示を受けて業務をすることが法律上定められていますね。

アメリカの准看護師も複数の種類があり、LPN(Licensed Practical Nurse)とLVN(Licensed Vocational Nurse)といった感じで、州によって異なるようです。

准看護師のメインとなるお仕事では正看護師と差があり、医師や看護師の補佐やルーティンワーク(患者のケア・健康状態の観察)などがありますね。

アメリカの看護助手|日本と違い資格が必要!

アメリカの看護助手は看護師の補佐というポジションですが、CNA(Certified Nursing Assistants)になるための資格が必要になります。

日本ではパート・アルバイトでも資格なしで働けますが、アメリカでは看護助手の資格取得で、8~16週間のコースを受講することになりますね。CNAのお仕事では患者の介助や血圧測定なども役割の一つです。

日本では看護師が血圧測定なども対応している一方で、アメリカでは看護助手が業務をしてくれるため、正看護師の業務負担が軽くなっております。

1-2.アメリカの看護師は給料が高い|専門性・待遇の良さがメリットに

アメリカの看護師では専門性が高い分、もらえる給料も日本と比べて多いです。日本国内での看護師年収平均は480万円ほどであるのに対し、アメリカの看護師では平均して700万円ほどとされています

国際看護師の給料・なり方のページでも解説していますが、アメリカの看護師における給与水準は世界的に見てもかなり高い方です。

そのため、責任の重さや専門性の高さなど、看護師としてのやりがいや高待遇を求めてアメリカでの転職を希望する方も多いですが、その分知識や技量も高レベルで、資格取得も大変ですね。

2.アメリカで看護師になる方法は?|日本での看護師免許はあった方がいい!

アメリカの看護師の子供

アメリカで正看護師になるには、いくつかの試験(CGFNS・NCLEX-RN)を受けるほか、英語力を証明するためのTOEIC・TOEFLも受験するため、事前準備や英語の勉強で時間を使いますね。

日本で看護師免許を取得していないと、長期間の留学でアメリカの大学に通う必要があるなど、より難易度が上がりますので、基本的には日本での看護師資格の取得が前提となります。

2-1.アメリカ看護師免許取得のステップ1|CGFNSの試験合格

アメリカで看護師として働く際に、日本で正看護師の資格免許を持っている場合にはアメリカの大学や短大に編入する必要はありません。

看護師になるためにはアメリカの各領土の看護協会 (Board of Nursing)へ受験の申請をすることになるのですが、その前段階でCGFNS(Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools)の申請・審査をします。

CGFNSは看護師に必要な知識や英語力が問われる試験でして、日本で看護師免許を取得している方には、大学で取得した単位や成績が評価対象になるほか、アメリカの各州から要求されている技術な知識の有無について判断されますね。

なお、CGFNSでは必要な英語資格もあり、TOEFLの場合は540点以上(TOEICスコアで725点以上)といった条件もありますので、アメリカで看護師になるためには英語の学習も重要になります。

2-2.アメリカ看護師免許取得のステップ2|CGFNSの試験合格

CGFNSをパスした段階で、アメリカ正看護師の国家試験・NCLEX-RN(准看護師の場合はNCLEX-PN)の受験資格を得られます。

NCLEX-RNは制限時間:6時間で75~265問が出題されます。複数選択問題や計算問題のほか優先順位を記述させるものなど、複数のパターンで問題が出されるので対策が必要ですね。

また、NCLEX-RNの試験は全て英語で行われますが、日本国内での受験も可能です。東京と大阪に試験会場があります。

2-3.日本で看護師免許を取得していない場合は?|アメリカの大学に通う必要あり

上記は日本で看護師として勤務経験のある方(看護師免許をお持ちの方)が対象となりますが、日本の看護師免許がない場合ではまず、アメリカの大学で看護師過程を受講・修了することが条件となりますね。

アメリカのカレッジ(短大)や大学に進学して、NCLEX-RN受験に必要な単位数を取得してから試験を受ける流れになります。長期間の留学では費用や労力がかかるので、海外で看護師になりたいという方は日本でまず看護師免許を取得する方がいいですね。

3.アメリカで看護師になるのは難しい?|英会話・資格勉強で挫折するデメリット

アメリカで看護師になるためには試験勉強のほか英語学習もやっておくべきですが、他の国と比べて資格取得や求められる英語のレベルが高いことなど、懸念点やデメリットもありますね。

3-1.アメリカで看護師を目指すデメリット1|資格取得までが大変

アメリカで看護師になった方の口コミで多いのは、正看護師になるための試験(NCLEX-RN)対策勉強がとても大変ということですね。

NCLEX-RNの試験専用のプログラムに参加する方もいますが、勉強は楽ではなく授業についていくのがやっとで、加えて英会話学習もしなければならない…といった追い込まれるような状況になるケースもあるでしょう。

アメリカの看護師は地位が高く、給料などの待遇も良いですがそれだけの語学能力や医療能力を身につけるのは簡単ではありません。

アメリカでのワーホリや留学に行く前に、ある程度英語力がある方ならまだしっかり準備ができますが、全く英語が話せない方がアメリカで看護と英語の勉強を両立させることは相当なことですね

関連記事:ワーホリで必要な英語スキル|英会話が上達するためには?

3-2.アメリカで看護師を目指すデメリット2|物価が高く経済的な理由で暮らしにくい

また、アメリカではニューヨークやロサンゼルスなど、移住するのに憧れる都市が多くありますが、実際に住んでみると物価が高かったり治安が悪いなど、理想と現実のギャップが生じることもあります。

看護師になれば日本よりも高収入が見込めますが、看護師になるまでの留学・ワーホリ費用が多くかかりますので、金銭的な不安もありますね

また、海外で看護師を目指す目的でインターンシップという方法もあります。しかし、インターンシップではさらに費用がかかるデメリットもあるので、物価の高い国では経済的な負担が気になりますよね。

4.海外で看護師になるにはオーストラリアなど他の国もおすすめ!

看護師として働くイメージ

『将来的には絶対にアメリカで暮らしたい!』という強いこだわりがなければ、看護師として働きやすい他の国も検討してみるといいでしょう。

おすすめはオーストラリアの看護師でして、看護師を目指す上で以下のようなメリットがあります。

  • 看護師資格が取得しやすく、4ヶ月程度あれば可能(ワーキングホリデー中で資格取得できる)
  • 給与水準も日本より高く高待遇
  • 求められる英語力はアメリカよりも低い

オーストラリアで看護師を目指すのであれば、費用が安く済むワーキングホリデーで渡航するといいでしょう。ワーホリを通してオーストラリアの文化や暮らしに慣れつつ、アルバイトをしながら看護師を目指すことも可能ですね。

参考記事:オーストラリアのワーホリでおすすめの仕事は?

まずは留学エージェントに話を聞いたり、英会話の勉強を日本でし始めるなどの準備をしておくといいでしょう。Skype英会話から気軽に英語学習をするサービスも必見ですので、こちらもご参考までに!

オーストラリア留学・ワーホリ|無料カウンセリング

オーストラリア留学で憧れのワーキングホリデーに参加してみませんか?

オーストラリア留学を本気で考えている方やワーホリに少しでもご興味のある方は、ぜひ一度ワーホリセミナーにご参加くださいませ。無料でカウンセリングを行うことができます!

【ワーホリセミナーの内容・参加費用は無料!

・オーストラリアワーキングホリデー最新情報
・オーストラリア留学に関する資料のご案内
・ワーホリ個別質問&カウンセリング

カウンセリングにお申し込み頂いた方全員へ、海外で使える携帯SIMカードをプレゼント! 詳しくはこちらのワーホリセミナー特集ページでもご紹介しています。

 

 

無料相談をしてみる