「看護師 ワーホリ」

オーストラリアのワーキングホリデーでおすすめの仕事と探し方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
オーストラリアのワーホリで仕事探し

オーストラリアのワーキングホリデーでは様々な仕事がありますが、実際にどのように仕事を探すのか分からない人もいるのではないでしょうか。

ワーキングホリデーを通して海外で暮らす経験や、語学学校へ通って英会話スキルを上げるなど魅力的なこともありますが、オーストラリアでのワーホリではアルバイトもしておかないと経済的に苦しくなりますね。

  • オーストラリアのワーホリで稼げる仕事、良い経験になるアルバイトは?
  • 仕事はどのように探すのがベスト?
  • オーストラリアの仕事はやっぱり英語力が必要?

などなど、よくある質問・疑問に対してこちらのページで解説していきます!

ページコンテンツ

▼無料で参加できます!!▼

1.オーストラリアのワーホリで人気の仕事は?

オーストラリアのワーキングホリデーで人気の仕事では、英語力がそこまでなくても日本人が対応できる職種・アルバイトがありますね。

ビジネスレベルの英語力がなくてもオーストラリアでは働くことができますので、仕事を通して英会話スキルを上げるのも良い経験でしょう。

1-1.飲食店(レストランの・カフェ)の仕事|英会話スキル:初級〜中級

ワーキングホリデーのアルバイトで人気なのは、レストランやカフェなどの飲食店ですね。ウェイトレス・ウェイターのポジションは日本でのアルバイトと同様に、そこまでスキルが求められていないのでワーホリ初のアルバイトではおすすめです。

現地のお客様と英語でやり取りする機会がありますので、ある程度の英会話スキルは必要になってくるでしょう

ただ、日本食やアジアン系レストランの仕事では、お客様とのやり取りも言語的に不安がないという場合もあります。

また、キッチンの仕事(キッチンハンド)で調理の補助も仕事であり、日本でのアルバイト経験がある方は対応しやすいですね。

1-2.ツアーガイド|日本人観光客向けの仕事も多い!

ツアーガイドも定番の仕事であり、オーストラリアで観光に来る日本人客を相手にツアーの案内をします。

ワーキングホリデーの仕事として就きやすいですが、ツアーガイドでは現地に関する知識や観光スポットの情報など、事前に勉強しておくこともあるので想像以上に労力がかかるという声もありますね。

ただ、ツアーガイドを通してオーストラリアという土地の良さを学んだり、海外に興味のある観光客へ説明をするなど、仕事のやりがいはありますね!

1-3.ホテルやオフィスのクリーナー|楽だけどスキルはそこまで身につかない?

ワーホリの仕事ではホテルなどの宿泊施設やレストラン・オフィスのクリーナーもあり、そこまで難しくない清掃のアルバイトですね。

英語力もそれほど必要とされませんが、日本でも経験できるような仕事であるほか、業務時間が夜間になるケースもあるため、求人こそは多いですが長期間続けるべき仕事ではなさそうですね。

1-4.ファームジョブ(畑仕事)|安定して稼げるメリットが!

オーストラリアのワーホリではファームジョブも人気の仕事です。ピッキングや収穫作業などの力仕事メインで大変な面もありますが、シーズン時では需要が高く毎日働ける環境もありますので稼ぎやすいです

ファームによっては歩合制の報酬が用意されており、業務に慣れた方は1日に150~200ドルほどの収入を得られるので、短期間で多く稼ぎたいという方にはおすすめですね。

また、オーストラリアではセカンドワーキングホリデー制度もあり、指定されたファームで3ヶ月以上働くことを条件に滞在時間を1年延ばすことができるのもメリットの一つです!

1-5.オーペア(住み込みでの家事手伝い)|看護師経験がある方におすすめ!

また、オーストラリアの仕事では住み込みで家事手伝いやベビーシッターなどをするオーペアも人気です。看護師のワーホリでおすすめの仕事でもご紹介していますが、看護師経験のある方だと優遇されてオーペアの仕事をもらえます。

他のアルバイトと同様に時給が発生する仕事のほか、住み込みなので食事付きだったり家賃が無料・格安になるという条件でオーペアを選ぶ方もいます。オーストラリアで看護師資格を得るための準備をしていたり、英語でのコミュニケーションを取る機会としてオーペアは良い経験になりすね。

参考記事:海外で看護師として働く方法は?【国際看護師の資格】

2.オーストラリアのワーホリでできる仕事の時給・必要な英語力

ワーホリで代表的な仕事の内容についてまとめましたが、それぞれのアルバイト・業務において時給と必要な英語力もチェックしておきましょう。

ワーホリの仕事時給・収入必要な英語力
レストラン・カフェ19~22ドル程度初級〜中級
ツアーガイド20ドル以上(歩合制)中級
クリーナー19~22ドル程度初級
ファームジョブ歩合制が多い初級
オーペア20ドル程度(食事付など)中級

オーストラリアは物価が高い反面、世界的にも最低賃金の基準が高くなっていますので時給は高めですね。パートタイムの場合でも、2020年現在の最低賃金は19.49ドルとかなり高いです

2-1.ワーホリでも所得税(バックパッカー税)がかかる!?

ただし、一つ注意点としましてオーストラリアのワーキングホリデーで得た収入では、高額の所得税(バックパッカー税)がかかります。物価の高いオーストラリアでは、15%のバックパッカー税とかなり取られますね

外部サイト:バックパッカー税がオーストラリアで成立

今後も法律が変わって税率変動や税金そのものがなくなる可能性もありますが、時給の額面だけで考えると「思ったよりも収入がない…」となるケースも。

そのため、より収入の高い仕事や経験する価値のあるアルバイトをするために、英会話学習をして英語力を高めていくことをおすすめします。ワーキングホリデーで必要な英語力を事前に得ておくことで、選べる仕事の幅も広がるでしょう!

英会話の体験レッスン|申し込みはこちらから!

3.オーストラリアでの就職でおすすめな職種は?

上記ではワーホリでおすすめする仕事についてご紹介しましたが、ワーホリ経験から将来的にはオーストラリアへの移住・就職まで目標をしている方向けに、長く続けられる職種や多い求人もまとめました。

職種にもよりますが、海外就職となれば外資系企業と同様により高い英語力が求められますね。詳しくは、外資系企業への転職で必要な英語力でも解説しています。

3-1.資格を取得してできる仕事はキャリアになる!

オーストラリアでの仕事の中には、資格を取らないと就職できない職種もありますが、国外の方でも資格さえあればすぐ就職できる強みとなりますのでおすすめです。

  • 看護師・介護士
  • 会計士
  • パーソナルトレーナー
  • 歯科助手
  • チャイルドケアティーチャー

などなど、日本での業務経験がある方ではオーストラリアで資格取得しやすくなりますので、今後のキャリアで有利になりますね。看護師であれば、オーストラリア以外にアメリカの看護師資格取得なども選択肢としてありますね。

3-2.オーストラリアで求人の多い職種・仕事

ワーホリでおすすめの仕事でもご紹介しましたが、ツアーガイドは需要も高く求人が多いですね。ほかにも、リゾート地のスタッフやマッサージセラピストなど職種も人気です。

ただ、2020年より世界各地でコロナウイルス感染が進んでいるため、今後は需要変動もあるでしょう。長期的な就職であれば、業界市場として需要の安定している職種もおすすめです。需要のある業界・仕事は主に以下の通りです。

  • ヘルスケア(児童や高齢者)
  • カスタマーサポート
  • マーケター
  • エンジニア
  • 調達(バイヤー)

IT業界では年々給料が上がっていることや、オーストラリアではWebエンジニアの人材不足があるなど、就職しやすい環境になりますね。日本国内での転職やキャリアップも意識している方は、転職で有利な英語の資格もチェックしておきましょう。

▼無料で参加できます!!▼

4.オーストラリアのワーホリで仕事を探す方法は?

オーストラリアで仕事を探す女性

オーストラリアで実際に仕事を探す方法では、日本でアルバイトを探す感覚と同じように求人サイトを活用することができます。

そのほか、フリーペーパーなど求人を探す方法について一通りまとめました。応募から採用までの流れは、日本とそこまで変わりありませんね。

4-1.ワーホリでの仕事は求人サイトでチェック!

求人サイトでは日本語対応しているものもあり、オーストラリアの生活情報について収集できるサイトがより参考になります。日系の飲食店などの求人も多くありますので、以下のサイトを一通りチェックしておくといいでしょう。

【参考サイト】

4-2.フリーペーパーや新聞の求人・飛び込みは?

求人サイト以外でも新聞やフリーペーパーでも求人紹介されているので、無料で出回っている求人紙も見ておくといいですね。

また、求人が出ていない職場でも直接尋ねてみると、人手不足でアルバイトを募集していて雇ってもらえるケースもあります。ワーホリで実際に現地に行ってみてから、「こういう仕事・場所で仕事をしたい!」と感じたら、ダメ元でもいいので聞いてみてもいいでしょう。

4-3.ワーホリの仕事に応募〜面接の流れ

応募に必要な書類は日本と同じように、履歴書があります。オーストラリアではレジュメ(Resume)やCV(Curriculum Vitae)と呼ばれていますが、履歴書の紙面・フォーマットは決まったのもがなく、ワードやエクセルを使って記載する感じですね。

名前や住所・職歴や学歴など基本的な情報から、志望理由について具体的に書けるといいでしょう。日本で経験してきた仕事や学業で活かせることや自分の強みについて、履歴書で紹介していきます。

書類選考が通ると面接に進みますが、英語力に自信がない方でも英語である程度答えられるように準備しておくといいですね。想定される質問への答えやアピール内容について、英文を書いて用意しておくとより確実です

5.オーストラリアでの仕事探しで注意するべきこと

自分で求人探しから応募まで一通り対応することができますが、オーストラリアのワーホリで気をつけておくべきこともありますので、確認しておきましょう。

オーストラリアのワーホリで英会話スキルを上げたり、将来的には海外での移住・就職を実現したいなどの目的がある一方で、思わぬトラブルに遭うリスクもありますね

5-1.仕事をしているけど英会話が上達しない!?|日本人の多い職場はデメリットも

英語力が低く、まだまだ英会話に慣れない方は日系企業の飲食店などを選んだ方が安心だとは感じますが、日本人の多い職場環境だと英語を使う頻度が少なくなり、なかなか英会話が上達しないという失敗例も多く聞きますね。

日本人が周りに多いと自然に集まり、英語環境から離れてしまう恐れもありますので、徹底的に英語を使うようにしたい方は日本食レストランなどの職場は避けておいた方が良いでしょう。

5-2.業務内容が怪しい?|実はアダルト向けな仕事に要注意!

マッサージやエステなどの仕事では、免許がなくてもできる求人もありますが場所によってはアダルトな要素があるため特に女性の方は注意しましょう。

時給が良い反面、男性客からマッサージ中にアダルトなことを要求されるケースがあり、安全面で問題のある職場も中には存在します。

  • ショッピングモールやホテル内など、安心できるマッサージ・エステ店であるか?
  • ネットの掲示板や口コミで怪しい噂はないか?
  • 都心から少し離れた、治安の悪い場所ではないか?

などなど、求人選びは慎重にしておくといですね。

5-3.エージェントに依頼しても求人の質が良くないこともある!

また、自力でなくエージェントを利用してワーホリ中の仕事を紹介してもらうことも可能です。履歴書の作成や面接対策などもしてもらえるメリットもありますが、エージェントに依頼しても希望する仕事をあまり紹介してもらえない可能性もありますね。

日本の転職エージェントと違い、依頼するのに1ヶ月:30ドル程度の費用がかかることもあり、希望する求人が見つからないと損した気分になりますよね。

それでも、海外での仕事探しに不安な方やワーホリでの情報集めを希望する場合、無料でカウンセリングしてもらえるエージェントもありますので、ぜひご利用くださいませ。オーストラリア在住のエージェントが対応してくれるため、より確実なアドバイスができますよ!

オーストラリア在住の留学エージェントとの無料カウンセリング

6.オーストラリアのワーホリでは英会話スキルが高ければ仕事の幅が広がる!

Skype英会話でワーホリの準備

オーストラリアのワーホリでできる仕事や探し方について一通りご紹介しましたが、ご自身の希望する仕事を経験するためには最低限の英会話スキルが必要になります。

ワーホリに関する事前調査のほか、英語学習も大事ですが手軽にできるSkype英会話であればすぐに始められます

2020年7月現在、コロナウイルスの影響で海外への渡航が難しくなっている状況ではありますが、将来的にワーホリや留学を検討している方は、今のうちから英語に触れておくと英会話が上達しますよ!

英会話の体験レッスン|詳細・申し込みはこちらから!

オーストラリア留学・ワーホリ|無料カウンセリング

オーストラリア留学で憧れのワーキングホリデーに参加してみませんか?

オーストラリア留学を本気で考えている方やワーホリに少しでもご興味のある方は、ぜひ一度ワーホリセミナーにご参加くださいませ。無料でカウンセリングを行うことができます!

【ワーホリセミナーの内容・参加費用は無料!

・オーストラリアワーキングホリデー最新情報
・オーストラリア留学に関する資料のご案内
・ワーホリ個別質問&カウンセリング

カウンセリングにお申し込み頂いた方全員へ、海外で使える携帯SIMカードをプレゼント! 詳しくはこちらのワーホリセミナー特集ページでもご紹介しています。

 

 

無料相談をしてみる