英会話

ジャーナリングで英会話スキルが上がる理由とは?|効果的な学習手順を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
ジャーナリングの解説ページ

英会話学習では様々な勉強方法がありますが、ジャーナリングという英語で日記を書く練習もあります。学習手順はシンプルで、一般的な日記を英語でのライティングにした感じですが、継続することで英語力を上げる効果があります。

  • ジャーナリングで本当に英語スキルが上がる?
  • より英語能力を上げるためのジャーナリング対策
  • ジャーナリングで気をつけるべき注意点

など、こちらのページではジャーナリングでの英語学習で知っておくべきポイントをまとめました。英語の勉強をしたけどなかなか続かない方や、何から学習したらいいか迷っている方など、ジャーナリングが役立ちますのでぜひご参考くださいませ。

1.ジャーナリングとは?|英会話スキルが上がる理由

ジャーナリング(Journaling)は英語で日記・日誌を書くことですね。

ただ、一般的な日記やTwitterなどSNS投稿のように「今日〜があった」とか「〜だから嬉しい!」など、日常的な内容がイメージされますが、英語力・英会話スキルを上げる目的を考えると、ジャーナリングは単純な日記とは異なります。

1-1.日々あったことだけでなく特定のトピックを英文で書いてみる

「日記を英語で書けば勉強になるかも」とか「Instagramで毎日英語で投稿しよう」などのやり方で英語を学ぼうとする方もいますが、一応ジャーナリングとして見なされる勉強方法で、継続すればライティングに慣れて上達する効果はあるでしょう。

ですが、よりジャーナリングで英語力をアップしたいとか実用的な英語スキルを身に付けたい場合、以下のような基準から英語で書くトピックを選定するのが大事ですね。

  • 仕事や日常シーンなど、具体的なシチュエーションをイメージする
  • 誰といつ話しているのか?まで詳細の想定もする
  • 最終目標として、ジャーナリングで書いた英語を英会話としてアウトプットする

言わば、ジャーナリングは本番となる英会話シーンで活用する台本を用意する準備・練習段階であり、ただライティングして終わりでなく自分自身で作った英語を日常英会話・ビジネス英会話で活用することでジャーナリングの学習価値が大きくなります。

1-2.ジャーナリングで学習するメリット・効果について

ジャーナリングを続けることで、自己紹介や相手への基本的な質問トピックなど英会話で使えるフレーズを覚えられます。また、独学などでインプットした英単語・文法を活用する場としてもジャーナリングはおすすめですね。

単語や文法など個別に勉強しても、ライティングやスピーキングでどう応用すればいいか分からず、結局英語が話せないままというもったいないケースも多いです。そこで、アウトプットへつなげる準備するジャーナリング・英語での日記により「どこで・誰と・どのようなシーンで」適切な英語表現を確認することのが重要です。

英語文法の基本・種類について全て解説!

2.ジャーナリングでの英語学習手順

ジャーナリングのイメージ

具体的なジャーナリングの学習方法・手順について以下でまとめました。ただ英文を書いて終わりでなく、ライティングした英語が正しいかどうかのレビューまでできるのが理想ですね。

2-1.英語で表現したいトピック・内容を決める

最初に英語でどのような内容を表現したいのかを選定します。慣れない段階では日常的なこと・今日の予定など単純なトピックでも問題ないですが、どのようなシーンで英語を話したいかを思い浮かべて考えるとより効果的ですね。

  • 海外にいる友人とSkypeで、それぞれの国について最近の状況を話している
  • 職場で本部の外国人スタッフと、今月の業務成果をチャットで報告する
  • タレントになりきって、グラミー賞に受賞した時のスピーチをする

などなど、具体的なシーンを設定することで実際の英会話でも役立つフレーズが身に付くでしょう。

2-2.最初は3~5文ほどの英語で書いてみる

ジャーナリングにおいて、いきなり500文字〜1,000文字ほどの長文を書こうとすると負担が大きいので、まずは3~5文ほどの日本語トピックを用意して、少しずつ英語で書いてみるのをおすすめします。

また、考えた内容について日本語でもライティング・文章にするのが丁寧ですね。頭の整理をする上でも、時間をかけてジャーナリングの手順を踏むといいでしょう。

2-3.ライティングをしたら添削をする

英語で書いたら、文法的に間違っていないかどうかの添削も必須ですね。英会話スクールに通っていたり、外国の友人がいればお願いしてもらって、ネイティブの観点から英文を直してもらうと正確な英語表現が身に付きます。

Hi Neitive

▷引用元:HiNative 公式サイト

また、Aloha English英会話にて生徒さんへおすすめしている教材・参考サイトでは、HiNativeという語学学習プラットフォームもあります。HiNativeでは英語などの外国語で、分からない表現や自分で書いた文章が合っているかどうかネイティブスピーカーにチャットで質問することができますね。

HiNativeは無料でアカウント開設が可能なので、お気軽にご利用いただけます。ネイティブに直接英文表現など質問できる良いツールですので、ジャーナリングの際にはぜひ活用してみましょう!

2-4.音読をすることでより効果的な学習に!

ジャーナリングで書いた英文を英会話でも応用する上では、音読・発声練習も効果的です。添削された正しい英文を音読することで、覚えやすくなるほかスピーキングの上達にもなりますね。

音読練習では一文ずつ英語を繰り返して発音するリピーティングなど、効果的な学習方法があります。関連記事でもご紹介していますので、こちらもお読みくださいませ。

レシテーションの英語学習メリット・方法をご紹介!

3.ジャーナリングでの英語学習でよくある質問・注意点

ジャーナリングをこれから試す方や、「こんなやり方で英語力が上がるのか?」と不安に思う方向けにジャーナリングに関する質問や注意点もご紹介いたします。

3-1.ジャーナリングの学習時間は?|短くても毎日継続することが大事

ジャーナリングを含め英語学習全体に共通することですが、英語脳に慣れるという目的を考慮すると毎日続けることが大事ですね。

そのため、10~15分程度の短い時間でも構いませんので、毎日コツコツと続けるようにしましょう。勉強時間量を重視する方では週1回・2時間一気に独学するというケースもありますが、間隔が空き過ぎるとインプットしたことがなかなか吸収できないので、あまりおすすめはしませんね。

また、ジャーナリングなどライティングの学習では書く量(文章の長さ)を基準とするより、学習時間を基準にする方が良いですね。決まった時間内にどれだけ英文が書けるようになったか、という学習成果を明確にしたいところです。

3-2.ジャーナリング(ライティング)に時間をかけすぎない

ジャーナリングでは書きたいトピックが決まっても、「どう英語表現すればいいのか…」と時間をかけすぎて、結局10分かけて1文しか書けなかったという方も中にはいるでしょう。

丁寧にやることも確かに大事ですが、ジャーナリングではライティングから添削・発音まで一連の流れ・サイクルにて学習をすることが求められますので、最初は間違った英語や単純な英単語でもいいので、ライティングにあまり時間をかけず添削でしっかりとレビューができるような方法を取るのがいいでしょう。

3-3.ジャーナリングで使えるトピック・例文

ジャーナリングで実際に利用できそうなトピック・テーマの例もまとめましたので、ご参考くださいませ。

  • 自己紹介
  • 自分の趣味(好きな有名人・スポーツ・映画など)
  • 現在・過去にしていた仕事
  • 家族のこと・飼っているペット
  • 日本など各国のこと(外国の友達に日本について説明)
  • 過去の思い出

例えば、日本に来たことのない海外の友人に「東京に行きたいんだけど、有名な街とか教えて!」と聞かれた時を想定した場合、東京のおすすめスポットを以下英文のように表現できますね。

I want you to visit Asakusa.Because Asakusa is popular as a city where you can enjoy shopping and eating while enjoying Japanese traditions. So I have been there many times.

訳:浅草へ訪れてほしいですね。なぜなら、日本の伝統を楽しみながら買い物や食事を楽しめる街として人気だからです。なので、私は何回も行ったことがあります。

最初は三文ほどのシンプルな会話内容でもいいので、想定した会話相手との自然なコミュニケーションを意識して「こんな内容を相手に伝えてあげられるといいかな」と考えられるようになると、より幅広い英語表現ができるようになるでしょう。

また、ジャーナリングでは勉強したボキャブラリー(単語)や文法も活用すると、より内容のある学習になります。例文では経験を意味する現在完了形の文法場所を補足説明する関係代名詞などを応用しているほか、基本的な文型や構文も理解しておくと一層ライティングで役立ちますね。

英語構文の効果的な学習方法もチェック

4.ジャーナリングでは英会話スキルの向上にも役立つ!

英語での日記イメージ

ジャーナリングでの学習手順や例文など一通りご紹介しましたが、これから英会話スキルやスピーキングの能力をアップしたい方にとって、効果的な勉強方法ですのでぜひご活用いただければと思います。

4-1.英語での話題作り・話のネタでジャーナリングが活かせる

ジャーナリングで単純な日記に留まらず、シーンや状況を仮定した会話想定など具体的な英会話のシチュエーションに合わせた英文を書くことで、実際の英会話でも役立ちます。

  • ジャーナリングで書いたフレーズが英会話でアウトプットできる
  • 自分の趣味や仕事のことなど、基本的な話のネタを用意できる
  • ネイティブとの英会話でも様々なトピックの話に対応

英会話レッスンで不安に感じるポイントとして、先生と会話が続かず沈黙の時間が長くなることもありますが、事前にジャーナリングで様々な話題を練習しておけばアウトプットの場でも対応できるでしょう。

4-2.オンライン英会話ではアウトプットや添削などサポートもしてもらえる!

また、ジャーナリングで書いた英文の添削や、用意したトピック・英文を活用する場としてオンライン英会話もおすすめですね。ジャーナリングでの独学と英会話スクールを併用することで、学んだ英語をより理解できるようになります。

そのため、独学のアドバイスや英文チェックなど頻繁に英会話スクールへ通いたい場合、回数の多いオンライン英会話がおすすめです。Aloha Englishでは月20回のスピーキングコースで月額:13,000円(税込)とお手頃なプランもありますので、短期間で英語を上達できる環境になります。

詳しくはAloha Englishのスピーキングレッスンコースにてご紹介していますので、レッスン内容や初心者におすすめな理由などぜひチェックしてみてくださいね!

▼月20回まで通えるコースが人気!▼

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!