TOEICは何点取れば就職で有利になる?|TOEICスコアごとの英語力と対策まとめ

就職で必要なTOEIC

TOEICは就職や転職においてアピールポイントになり、英語力が求められる業界ではTOEICを受けておくことが重要です。

ですが、TOEICを受けたことがない方にとって、就職や転職でどれほどのスコアが必要になるかとか、そもそもTOEICスコアがないと就職で本当に不利になるのか、というポイントついてよく分からないということもあるでしょう。

  • TOEICがあると就職で有利になる理由やメリット
  • 職種・業種別で必要なTOEICのスコアや基準
  • TOEICのスコアアップ・対策で必要なこと

などなど、TOEICで英語力を上げてキャリアアップしたい方へ、知っておくと就職で成功する知識をまとめましたのでご参考くださいませ!

▼体験レッスンで特典あり!▼

TOEICはどんな試験?|就職・転職で必要な理由

TOEICは一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会より開催している英語力を測るテストで、世界160ヶ国・14,000以上の企業や教育機関で利用されている有名な資格です。

TOEIC Programには2つのテストブランドがあり、それぞれ4技能のスキルを測定できます。
測定したいスキルとレベルに応じてご活用いただけます。

引用元:TOEIC Program とは

TOEIC試験には4種類のテストがありますが、一般的なのがTOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)で、リスニングとリーディングの能力が試されます。

TOEIC Listening & Reading Test 試験詳細
試験時間 リスニング(約45分間・100問)リーディング(75分間・100問)
試験日

年10回 (1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)※2020年5月現在、新型コロナウイルスの影響により、開催中止の月もあります

受験地 全国約80都市
受験料 5,725円
申し込み方法 インターネット申し込み・コンビニ端末など
試験内容 マークシート形式(990点満点)

日本国内での受験者数では年間約250万人もいて、グローバル化の進む社会で年々注目度が高くなっています転職で有利になる英語の資格でもご紹介していますが、英語力を示す資格ではTOEICは必須と考えておいた方がいいでしょう。

TOEICがあると就職・仕事で役立つ理由1|英語力を具体的に示せる

TOEICを採用基準で利用している企業は多く、国際ビジネスコミュニケーション協会 英語活用実態調査2019のデータによると、英語資格における認知度の高さや利用者数の多さ、採点基準の分かりやすさなどを理由にTOEICが使われていることが調査から判明されています。

TOEIC導入している企業調査

詳しくは以下でも紹介していますが、業務で利用する英語のレベルに応じて、求人要項にTOEIC800点以上が必須といった感じで適正な人材を採用するためにTOEICが基準になっていますね。

TOEICがあると就職・仕事で役立つ理由2|就職後の昇進・昇格でも評価される!

また、TOEICが重要になるケースは就職時だけでなく、社内での人事評価でもTOEICスコアに応じて昇進・昇格を判断することもあります。

TOEICでの人事評価

調査によりますと、課長クラスの人事評価ではTOEICを要件(または参考)にしている企業・団体は全体の3割以上もあります。

英語でのコミュニケーションが仕事で主流になっている企業は当然ですが、今後において海外への事業展開などを視野に入れている大手企業では、現状英語を業務で利用していなくても将来的な需要で、マネージャークラスに英語力を求めるところも多いでしょう。

英語が苦手な人におすすめの勉強法って?

就職や転職で必要なTOEICのスコア・英語力の基準は?

英語が苦手な方にとって、TOEICでどれほどのスコアを目標にすればいいのか分からないということもありますよね。

一つの目安として、TOEICのスコアごとに一般的な英語力のレベルをまとめました。

TOEICのスコア 対応する英語力
TOEIC400点台 中学英語の基礎レベルで、日常英会話も難しい
TOEIC500点台 中学英語を一通り理解したレベルで、簡単な聞き取りができる
TOEIC600点台 高校英語レベルで、簡単な英会話ができる。少しずつビジネスで使える英語が通用し始める。
TOEIC700~800点台 ビジネス英語を理解できて、読み書きはかなり対応できるレベル。
TOEIC900点台 専門的な英語なども不自由なく理解できるレベル

『英語が全然できない!』という方がTOEICを受験すると、おそらく500点にも満たないスコアになりそうですが、TOEIC対策で基礎を学べば、600点くらいであればそこまで難しくなくレベルアップすることも可能ですね

TOEIC600点を取るための対策・秘訣って?

また、企業側から就職・転職で応募者に期待するTOEICのスコア基準は以下の通りです。

  • 新卒新入社員|465~670点(平均:565点)
  • 中途採用社員|610~815点(平均:710点)
  • 英語使用部署|660~840点(平均:750点)

新卒の方は600点台のTOEICスコアがあれば、平均以上の英語力があるという見解ですね。ただ、中途採用や英語を利用する部署などは基準が高くなり、700点台のスコア(ビジネス英語に対応できる能力)が求められます

TOEICスコアを重視している業界・職種まとめ

以下では実際の求人事例などを参考に、TOEICスコアを採用基準にしている業界や職種の傾向をまとめました。

TOEIC600点以上|英文事務で対応

TOEIC600点からでも、メール対応や書類作成などで対応可能なレベルだと評価されています。

ライティング・リーディングスキルがあれば英語の仕事ができる事務や、海外取引先と交渉をするバイヤー・貿易関連業務でTOEIC600点以上が要件になる傾向にありますね。

また、人材派遣でも社内通訳者やバイリンガルアシスタントなど語学専門の人材紹介コーディネーターでも、営業経験とあわせてTOEIC600点以上のレベルがあると望ましいでしょう。

TOEIC700点以上|グローバル展開している企業など

TOEIC700点以上のレベルになると、海外営業などのボジションで求められる英語力となります。

グローバル企業での人事でも英語力は必須で、例えばジーユー(GU)では、人事関連業務の知識や経験だけでなく、語学力でTOEIC700点以上または同等のビジネス英会話レベルを応募条件にしています。

また、子供向けのインターナショナルスクールでも海外留学の経験やTOEIC700点以上などは歓迎といった人物像を記載していますね。

TOEIC800~900点以上|翻訳業務・英語講師・海外事業など

TOEIC800点〜900点のレベルでは翻訳・通訳業務や英語講師などで要件にされますね。スピーキングでも高いレベルが求められる仕事だと、TOEICのスコアも高くなりますがハイクラスの求人ではTOEIC以外の要件でも難易度高めです

詳しくはTOEIC900点からの転職でもご紹介していますが、外資系企業では業務経歴や学歴も重視される傾向にあり、転職では業界選びも大事ですね。

TOEICのスコアを上げるための対策|転職で使える英語力も重要!

TOEICが就職で有効活用できることについて解説しましたが、 TOEICをこれから受験しようと考えている方は、まずTOEIC600点を目標に勉強対策をしておくのがいいですね

ただ、TOEIC対策で間違った勉強方法を続けると時間を無駄にしたり、なかなかTOEICのスコアが上がらないなどの失敗もありますので、効果的なTOEIC対策も確認しておくといいでしょう。

TOEICの問題形式に慣れる|模擬問題集を繰り返し解く

TOEICではマークシート形式での回答になりますが、TOEICの出題形式を把握することが大事ですね。リスニング・リーディング両方の模擬問題集で解き方や時間配分を覚えておくことが、TOEICスコアアップの近道となります。

TOEIC600点という目標では、リスニングとリーディングで苦手な方から対策してくと効率よくスコアを上げられますね。どちらもTOEIC対策で基礎的なことを把握しておけば、600点台という目標はそれほど難しくありません。

たった3ヶ月でリスニング上達する方法を紹介!

約2時間のTOEIC試験で持続できる集中力も大事

TOEIC L&Rはリスニング約45分とリーディング75分の計120分ほどの試験時間で、実際にTOEICを受けた方は分かるかもしれませんが、約2時間のテストは長く集中力が続かないことも多々あるでしょう

リスニングで聞き逃したり、リーディングで問題文が頭に入ってこないなど、どうしても集中力が途切れがちなので、模擬試験では2時間通しで何回も繰り返し、TOEICの試験に対応できる集中力を得ることも重要となります。

就職・転職で英語力を求めるなら『使える英会話スキル』も!

就職や転職においてTOEICのスコアが採用基準になりますが、大事なのは『使える英語力・英会話スキル』を身に付けることですね。せっかくTOEICスコアを上げても、海外の方とのコミュニケーションで全く英語が話せないようだと、もったいないと感じますよね。

Skypeオンラインレッスンではスピーキングのスキル習得とあわせて、TOEICのリスニング対策もできますので、気軽にできるオンラインレッスンで英会話学習をしてみてください。

Aloha EnglishのSkype英会話は受講者からの評判が良く、短期間で英語のスキルが上がるカリキュラムを個別で用意していますので、興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ!

▼体験レッスンで特典あり!▼

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. 外資系企業への転職で必要な英語力

    外資系企業への転職で必要な英語力を解説【働くメリットは?】

  2. ビジネス英会話と日常会話の違いとは?

    ビジネス英会話と日常会話の違いとは?バイリンガルが実践した学習法

  3. 焦らず電話応対をする為の役立つフレーズ【22選】

    ビジネス英語|焦らず電話応対をする為の役立つフレーズ【22選】

  4. 転職で有利な英語の資格

    転職で有利な英語の資格まとめ|TOEIC以外におすすめの資格は?

  5. 英語が苦手でもTOEIC600点とるために必要な11の秘訣

    英語が苦手でもTOEIC600点とるために必要な11の秘訣

  6. 海外のオフィスで今すぐ使える英語の電話対応テンプレート

    海外のオフィスで今すぐ使える英語の電話対応テンプレート【無料版】

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話で上達しない理由
  5. オンライン英会話は意味ない?
  6. オンライン英会話のフリートーク解説
  7. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  8. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。