英会話

語学の勉強法・習得のコツを英会話講師より解説!【精神論・学習理論のポイント】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
語学の勉強法・習得のコツ

英語など語学を学ぼうとする際、確実な勉強法を知っておきたいですよね。英会話ができるようになりたいものの、長期間の学習で失敗をしたら時間がもったいない…というためらいや、そもそも英語初心者から目指すことへの不安もあるでしょう。

そこで、こちらのページで英会話講師より語学の勉強法に関して精神論と学習理論の両方から解説します。英語学習では正しい勉強法も大事ですが、学習モチベーションを維持するための精神論も同じくらい重要ですね。

  • 語学の勉強法で大事な精神論・学習理論のポイント
  • 諦めずに語学を学習し続けるための対策
  • これまで英語学習で失敗した方がするべきことは?

といった要点をご参考いただけますと幸いです!

ページコンテンツ

1.語学の勉強法には精神論と学習理論の2軸がある

語学の勉強法について、以下の2軸が大事であることを最初に確認しておきましょう。特に社会人になってからの英語学習では、精神論的な心掛けも重要となります。

  • 学習時間を確保する・勉強のモチベーション継続(精神論)
  • 初心者から英語を話せるようになるまで効率的な勉強方法(学習理論)

1-1.語学の精神論|学習量の確保・モチベーションの継続

語学の精神論

精神論的な位置付けでは、語学学習を継続できるかが大きなポイントとなります。英語学習で必要な時間でも解説していますが、中学から大学まで英語を勉強してきた方でも、英会話ができるレベルまで上達するには1,000時間ほどの独学が必要です。

仮に正しい学習方法でも勉強時間が足りないと、インプット・アウトプットの量が不足してなかなか英語を話せるようになりません。

これまで、英語習得にチャレンジしたものの「毎日の勉強がしんどい…」とか「仕事が忙しくて英会話スクールに通うのもやめてしまった」など、語学を諦めてしまう方も多いでしょう。そのため、無理なく勉強を続けられるための精神論を知っておくべきですね。

1-2.語学の学習理論|効率良く勉強を進めるためのメソッド

語学の学習理論

精神論に加えて、独学でいかに効率良く勉強を進められるか熟知しておきましょう。学習理論的なことを以下で説明しますが、間違った認識で勉強を進めてしまうケースも多いです。

★語学学習でよくある間違い

  • とりあえず英会話スクールに通う
  • 実践重視で英文法や語彙は後回しにする
  • 構文やフレーズ・英単語を覚えて、普段から英語をリスニングすれば話せると思っている

いずれの見解も全く違う訳ではありませんが、語学習得で重要なポイントが抜けています。自分がしている英語の勉強方法に不安を感じる方は、一度見直してみましょう。

1-3.正しい語学の勉強法を実践できれば社会人からの英語学習も可能

語学は英才教育に限らず、大人になってからでも第二言語の習得は可能です。

年齢によって脳の機能・働き方が異なるので早いうちに語学学習を始めるのが理想ですが、「もう30代だから英語の習得は無理…」と諦めてしまうのももったいないです。

また、英語習得でこれまで失敗してしまった方でも、正しい勉強法を実践すれば苦手意識もなくなり、語学の強みを活かせるでしょう。

2.語学の勉強法で前提となる精神論|諦めないこと・学習の継続

精神論的なポイントでは、ブレイクスルーを経験するまでの学習継続がとても重要となります。

また、英語が話せる方に共通するマインドセットを取り入れることで、語学コミュニケーション向上のきっかけとなるでしょう。

2-1.社会人になってからの学習では勉強の質と量・両方が大事

語学では勉強の質と量が大事

語学学習は長期的な計画が前提となり、1~2ヶ月程度の短期間では英語を話せるようにはなりません。

社会人になって一から英語を学ぶ場合、質だけでなく勉強量も大事ですね。簡単なことではありませんが、コツコツと学習を続けることで語学スキルの上達・成果につながります。

  • 毎日、決まった時間で英語学習の習慣をつける
  • 長期的な目標より、短期の目標を刻んで設定する
  • SNSや日記で勉強成果を振り返る(英語日記だとなお良い)

など、普段の生活に語学を取り入れて、英語を使うことが当たり前の認識になれば勉強を続けやすくなるでしょう。

2-2.成果が出るブレイクスルーまで語学を頑張る

語学学習でありがちなのが、成果を体感しないまま諦めてしまうケースです。英語など語学に関して、勉強時間・学習量に比例して上達すると思う方が多いですが実は間違った認識です。

実際、語学の上達は停滞と突然の向上を繰り返すイメージですね。とあるタイミングで急に英語が聞こえるようになり、スピーキングも上手くなるポイントが来ます。

語学とブレイクスルーのイメージ

語学の上達が停滞していたところ、ブレイクスルーによって急にレベルアップする感覚ですが、このブレイクスルーを経験する・しないの差は大きいです

英語力が伸びない人の原因・傾向とは?

騙されたと思って地道に英語を勉強し続けると、急に英会話ができるタイミングを体感して、そこから「英語を使える自分への自信・英語でのコミュニケーションの楽しさ」を感じ、より学習を頑張ろう!といったモチベーションにもつながるでしょう。

2-3.英語のコミュニケーションで重要なマインドセットも

また、精神論に関して英会話で重要なマインドセットも覚えておきましょう。

詳しくはこちらのページで解説していますが、マインドセットは経験や教育、先入観などから形成される心理状態のことで、英語が話せない原因を作っていた思い込みを解消します。

語学で大事なマインドセット

語学スキルは文法や英単語、リスニングや発音など言語学的な領域だけでなく、いかに快く言語を使えるようになれるかといった心構えも大事な要素です。

マインドセットの例では「英語の正解は一つでなく、正解を求める勉強でない」ことや「失敗があることで、次の成功につながる」「英語は勉強するものでなく、一つのコミュニケーションツールとして楽しむもの」など、学習成功に大きく影響する考え方があります。

英会話で不可欠なマインドセットを詳しく解説!

3.語学の勉強法を5つのポイント・学習理論で確認!

マインドセットや学習継続など精神論的なポイントをおさえた上で、具体的な勉強法・進め方をチェックしてみましょう。

3-1.何のために学習するか明確な目標・計画を立てる

語学の勉強法・学習理論1

漠然とした目標で語学を続けてしまうと、自分が何のために習得するか不明確になり、投資した学習時間が無駄になってしまうリスクも考えられます。

マインドセットでもご紹介しましたが、英語はただ学ぶものでなく、コミュニケーションツールとして活用・楽しむものとしてスキルアップするのが望ましいです。英語を習得することで何をしたいのか、将来的にどういったライフスタイル・キャリアアップを叶えたいか具体的な目標を立てるといいでしょう。

英会話の目標を設定する方法を詳しく解説!

3-2.語学力の目標達成を向けたテストの活用

語学の勉強法・学習理論2

語学の勉強成果を確認する目的などで、TOEICや英語検定などのテストを活用できます。

★TOEICなど資格試験・テストを受験するメリット

  • 語学学習で具体的な目標を立てられる(3ヶ月で600点達成など)
  • 今の自分の英語レベルを客観的に分析できる
  • 転職、キャリアアップで武器になる英語力を示せる

英語初心者の方は、まだ準備ができていないからTOEICの受験を後回しにしてしまうかもしれませんが、むしろ初心者の方だからこそ一度受験してみることをおすすめします。

予定しているTOEIC受験対策として英語学習のモチベーションになりますし、想定以上のスコアが得られることで自分への自信や達成感になるでしょう。

3-3.毎日できる勉強法を決める

語学の勉強法・学習理論3

語学の勉強法は以下の点を軸に、実践してみるといいでしょう。

  • 毎日続けやすい学習方法(海外ドラマ・英語日記など)
  • 隙間時間に向いている方法(YouTube動画・アプリなど)
  • 自分の語学力よりも少し上のレベルのインプット

初心者向けの学習では、英語に触れる時間をなるべく増やすくことが効果的ですので、自分の好きな海外ドラマを使ったリスニングや、SNSや日記でのライティングなど続けやすい方法がおすすめです。

また、文法や英単語などの基本的なインプットは、自分の苦手な分野など少し上のレベルを学習することが有効だとされています。インプット学習に関して、英語の上達で参考になる第二言語習得理論でも紹介していますのでご参考ください。

3-4.インプットとアウトプットを繰り返す|インプットの量を増やすことから始める

語学の勉強法・学習理論4

英語学習を一から始める場合、インプット学習を優先することをおすすめします。ここで言うインプットは英文法や構文・英単語など、基本的な知識を意味します。

少し専門的な言語学を参考にしていますが、インプット(形式文法)とアウトプット(機能文法)のバランスの良い学習が語学習得に適しています。ただ、英文法などの知識が不足しているとアウトプットでの英語表現で苦戦してしまうので、まずはインプットの量を独学で増やしましょう。

▷参考:形式文法と機能文法の違いと学習のポイント

理想的には、学習中の言語で普段から会話することが一番大事です。学んだことを常に自分の言葉で使い、慣れることで短期間の上達を実現します。

3-5.語学を使った成功体験を手に入れる|海外の人とのコミュニケーション

語学の勉強法・学習理論5

インプット・アウトプット学習を繰り返し、実際の会話でトレーニングすることでの成功体験も大きな経験値となります。

  • 今まで全然英語を話せなかったけど、海外の友達とチャットで話せた!
  • 英会話スクールで自分の意見をネイティブ講師に伝わった
  • 海外旅行で現地の人と日常会話が意外とできた!

など、ちょっとしたことでも語学でコミュニケーションができた経験は重要で、反復学習の成果が具体的に見えてくるといいでしょう。

4.語学の勉強法を実践しても挫折・失敗を感じた時は?

語学学習・勉強法の要点をお伝えしましたが、それでも「自分は英語を独学で上達できる自信がない」という方もいるでしょう。

語学は人にとって得意・不得意があったり、過去に英語習得で失敗した経験がある人は特に、大人になってからの英語学習に対して消極的になっても無理はないでしょう。

そこで、語学の苦手意識や挫折した経験を克服する方法など役立つアドバイスもご紹介します!

4-1.語学による活用イメージ・自分にとって楽しいことを探す

語学で挫折・失敗したときの対策1

語学はただ勉強するだけでは長続きせず、目的意識を失うと学習効果も薄れてしまいます。

社会人にとって勉強な学び直し=しんどいこと・大変なことのイメージもありますが、本来語学の勉強はコミュニケーションツールの活用や、自分にとって嬉しいこと・楽しいことの夢を叶える手段となります。

  • 外資系企業に転職して、より刺激的な職場でチャレンジする
  • 海外ドラマや英語を吹き替えなしで観れる
  • 海外の友人や恋人を作れる!

自分が何のために英語を学習するのか、語学力への憧れのきっかけは何か考え直してみていかがでしょうか。

4-2.英語脳についての理解・適応を意識する

語学で挫折・失敗したときの対策2

実用的な英会話スキルの習得では、英語脳の考え方・適応も求められるでしょう。英会話ができない方は、英語を日本語に翻訳してコミュニケーションをする日本語脳から脱却できない傾向にあります。

英語をそのまま認識・理解することができれば、ネイティブとの英会話もスムーズに対応できます。関連ページでも解説していますので、こちらもぜひお読みください。

英語脳の作り方と効果的な対策方法は?

4-3.自分の語学レベルや苦手分野を確認

語学で挫折・失敗したときの対策3

英語ができないという方は、ただ英語が苦手という漠然とした認識でなく、具体的に英語のどういった知識・コミュニケーションで挫折をしたか分析してみましょう。

  • 全くの初心者レベル:時制や三人称単数など基本的なルールもよく分からない
  • 簡単な英語なら読めるレベル:ネイティブの英語を聞き取れないから会話ができない
  • 大学試験などでリスニング対策ができたレベル:英語表現でつまづいている

同じ「英会話ができない人」でも、語学スキルがある程度備わっている場合もあれば、基本から学ぶ必要がある人もいます。自分がどこから勉強するのが適切か、確認してみるといいですね。

4-4.教材・参考書を自分のレベルに合うものにする

語学で挫折・失敗したときの対策4

上記の苦手分野と関連して、語学学習で使う教材や参考書の難易度・レベルも大事です。

英語初心者の方がいきなりネイティブの英語スピードでリスニングしようとすると、全く聞き取れず学習が進まないでしょう。まずは自分の学習レベルに合った教材がおすすめです。

4-5.日本語の語学も大事なほか言葉の置き換えテクニックも役立つ

語学で挫折・失敗したときの対策5

また、語学の勉強では英語など第二言語に限らず、母国語(日本語)のスキルも重要です。

以下の関連ページで解説していますが、第二言語ができない人は日本語も上手でない傾向にあります。「て・に・を・は」の使い方や要約説明といった国語力は、英語表現にも影響します。

語学力を高めるために重要なポイントをチェック

英語表現で、言いたことがなかなか英語でアウトプットできないという方は、置き換えテクニックを知ることでスピーキングの反応が早くなります。

ただ難しい英語表現を覚えるだけでなく、日本語での説明力や語彙・言い換えスキルを活かすことで英会話の対応力が向上します。詳しくは英語の置き換え・言い換えテクニックのページで解説しています。

5.語学の勉強法から考える英語の習得のコツまとめ

語学の勉強法に関して、大事なポイントをまとめました。コツを知っておけば、今まで難しいと思っていた英語習得も取り掛かりやすくなるでしょう。

語学の勉強法で重要なポイントまとめ

  • 継続的な学習と適切な勉強法で上達する
  • 勉強法のほか、英語への認識の仕方や苦手分野の分析も大事
  • モチベーションの維持は、語学で自分がどう変わるかのかメリット・活用イメージを明確に

英語の習得では、前向きに学習を続けるマインドが必要です。語学力を身に付ける自分がどのような目標に向かうのか、ポジティブな成功イメージや英語活用のメリットを意識するといいですね。関連記事で、語学力を高めるための必要な対策もご参考ください。

英語が話せるメリットを詳しく解説

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

  • 「独学でも英語を話せるようになるの?」

  • 「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」

  • 「一から英語を学ぶのが不安...」


Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

資料ダウンロードはこちら