基本動詞

英単語 基本動詞Takeを使いこなせ!Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

基本動詞をマスターしよう!

基本動詞を使いこなせれば、英会話もグングン伸びます!!
難しい単語をたくさん覚えようとする前に、まず中学校で習うような、誰でも知っている単語を使いこなしましょう!

基本動詞を使いこなすためのコツは「コアにあるイメージ」を正確につかむこと。
そして、何度も口に出して練習することです。

 

「ひょいと取る」イメージ

コアにあるのは、「ひょいと取る」とか「何かを話者(聞き手)からどこかへ持っていく」イメージです。

おさらいまでに、現在-過去-過去分詞の語形変化は、take-took-taken ですね。

 

手に取る

まずは基本の「き」から。

I took the book in my hand.
「私はその本を手に取った」

Let’s take a break.
「休憩しようよ」

Take a break なんかは、キットカットをぱっと手に取るのをイメージするとわかりやすいですね。笑

Can I take that brochure?
「あのパンフレット、もらっても良いですか?」

手に取ってそのままもらっちゃう場合にもTakeが使えます。

 

連れて行くまたは持って行く

どこかに連れて行く、または持っていくのもTakeです。

I often took you to the park when you were child.
「あなたが子どもの頃、よくあなたを公園に連れていった」

I’m going to take some cake to Paul’s house for his birthday party.
「ポールの誕生日パーティにはケーキを持っていくつもりだよ」

Take this ticket to the officer at the entrance.
「このチケットを入口の係員のところまで持っていってください」

ファーストフード店で購入してから持ち帰る、「テイクアウト」の使い方ですね。

 

受け入れる

ちょっと抽象的になりますが、受け入れる、許容する、といった意味もあります。

She will take your advice.
「彼女はあなたの忠告を受け入れるでしょう」

I would like to take your offer.
「私はあなたのオファーを受けます」

This car takes only 2 passengers.
「この車は2人乗りです=許容人数は2人までです」

 

BringとTakeの違い

Bringも同じように「持っていく」の意味があって、いつどっちを使うのか迷う・・なんてことありませんか?

Takeとの違いは、視点を誰・どこに置くか、という点です。
ものが、視点・起点となる人や場所に近づいてくる場合にはBring、反対に遠ざかっていく場合にはTakeです。

I will bring you an umbrella.
(傘を持っていってあげる)→ この場合、傘が you に対して近づいていってますね。

Take an umbrella with you; it’s going to rain.
(傘を持っていきなよ、雨になるから)→ 起点である家から、傘を遠くに持っていくイメージです。

She brought me some flowers.
(彼女は私に花を持ってきてくれた) → 花がmeに近づいています。

He brought his wife to the party.
(彼は奥さんをパーティーに連れてきた)→ 奥さんがパーティ会場に近づいているイメージです。

「視点・起点」というやや抽象的な言い方がちょっとわかりにくいな・・と感じた方がいるかもしれません。
しかし「話者」や「聞き手」では割り切れないこともあるので、あしからず。。。

ネイティブの表現にTakeやBringが出てきたら、誰・どこ目線で近づいている or 遠ざかっているのか考えてみると参考になりますよ!

 

Aloha English   お試しレッスン

調べない、覚えない。6ヶ月で育てる英会話力レッスン。
Skypeオンラインレッスン、東京、神奈川各所で開催中。
毎月お得なお試し英会話レッスン←から予約受付しています。
開催場所の詳しい情報はこちらから。