基本動詞

英単語 基本動詞Runを使いこなせ!Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

基本動詞をマスターしよう!

基本動詞を使いこなせれば、英会話もグングン伸びます!!
難しい単語をたくさん覚えようとする前に、まず中学校で習うような、誰でも知っている単語を使いこなしましょう!

基本動詞を使いこなすためのコツは「コアにあるイメージ」を正確につかむこと。
そして、何度も口に出して練習することです。

「力強く前に進む」イメージ

「走る」とついつい訳したくなりますが、コアにあるのは、力強く前進するイメージです。

おさらいまでに、現在-過去-過去分詞の語形変化は run-ran-run です。
なかなか発音の区別が難しいですが、丁寧に発音し分けましょう!

走る

王道中の王道、基本的な使い方からみていきましょう。

She runs fast!
「彼女、走るの速いね!」

He had to run to catch the train.
「彼は電車に乗るために走らなければならなかった」

A dog ran out in front of me.
「犬が私の前に飛び出してきた」
私の前にぱっと走り寄ってくる場合なんかには、「飛び出してくる」イメージですね。

逃げる

Run awayまで言わなくても、走り去る、つまり逃げるという意味もありますよ。

I dropped the gun and ran.
「私は銃を捨てて逃げた」

You can’t run from fate.
「運命から逃れることはできません」

運行する

力強く物事を推し進めるイメージをちょっと抽象化した感じですね。
運営、運行するとか働くという意味もあるんです。

「走る」から入ると、最初はなかなかRunと繋げてイメージしづらいかもしれません。

The buses run every 15 minutes.
「バスは15分間隔で運行しています」

This train runs between New York and Washington.
「この電車はニューヨーク、ワシントン間を運行します」

My uncle runs a convenience store in this town.
「うちのおじさん、この町でコンビニをやってるよ(コンビニを運営しています)」。

If you can run a home, you can run a business.
「家庭の切り盛りができれば商売もできる」

The engine runs on gasoline.
「エンジンはガソリンで動きます」
“on”はこの場合、「~をエネルギー源として」「~を食べて」という意味で使います。

America runs on Dunkin.
「アメリカはダンキンで動いています(アメリカの動力源はドーナツ)」
・・・なんてキャッチコピー、ローカルネタ過ぎるけどわかるひといるかな!??

流れる

力強く流れるとちょっと困っちゃう場面が多そうですが、、
コアのイメージはやっぱり同じですね。
勢いよく前(もしくは下!?)に流れるイメージです。

Your nose is running.
「鼻水が出てるよ」

Blood began to run from his mouth.
「血が彼の口から流れ出した」

Tears started to run down her face.
「涙が彼女の顔をつたって流れた」

なくなる、足りない

outやshortを伴うと、なくなるとか不足する、という意味になりますよ。
「時間が飛ぶように過ぎていく」とか「諭吉さんが1枚飛ぶ値段だ」というのと似ていますね。
大事な時間やお金が手元から去っていく・・それが勢いよく感じられるのは、文化圏を問わず共通なのかも!?

▸ run out :(時間・金が)なくなる
Hurry, we’re running out of time!
「急いで、もう時間ないよ!」

▸ run short :(時間・金が)不足する

The stock may be running short.
「そろそろ在庫がなかったかも」

Have we run short of coffee?
「もうコーヒーってなかったっけ?(コーヒーを切らしていますか?)」

Aloha English   お試しレッスン

調べない、覚えない。6ヶ月で育てる英会話力レッスン。
Skypeオンラインレッスン、東京、神奈川各所で開催中。
毎月お得なお試し英会話レッスン←から予約受付しています。
開催場所の詳しい情報はこちらから。