Putの意味・使い方|6つの用法と類似する英単語との比較・コアイメージ

Putの意味・使い方|6つの用法

Putには「置く」を含めて6つの主要な意味と、18種類以上のイディオム(慣用句・フレーズ)があります。Putは日常会話では必ず使われる基本動詞で、幅広い使われ方をします。

「置く」ならともかく、様々な意味を持つイディオムとなると…全てを暗記するのは難しいと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

英語の基本動詞16選の使い方|イメージが掴める動詞完全版【これで英会話が上達】」でご紹介していますが、基本動詞にはコアとなるイメージが存在します。コアイメージを掴めば、Putの暗記が楽になります。実際に私たち日本人講師ですら、全てを暗記していません!

コアイメージさえわかれば、初めて聞くPutのイディオムや熟語も自然と理解ができるようになります。Putのコアイメージは「物をある場所に配置する」です。

  • Putのコアイメージとそこから派生する意味
  • Putを使う主なイディオム・フレーズ
  • SetやPlaceなど、Putと似たような英単語との違い

などを解説しますので、記事の最後までご覧いただければPutを日常会話でネイティブのように使いこなせるはずです。

1.Put の主な意味

はじめに、Putの主な意味や文法的な基本情報を確認しておきます。変化形など、初心者が間違えやすいポイントもありますので要注意です。

1-1. Putの主な6つの意味

Putの主な6つの意味

Putには「置く」という意味があります。加えてネイティブは、Putを日常会話で「置く」以外のニュアンスでも使います。ケンブリッジ英英辞典によると、Putは主に6つの基本的な意味があります。

  • 置く
  • 記入する
  • 表現する、述べる
  • 受けさせる
  • 投入する
  • 評価する

以下でコアイメージやイディオムなど詳しくご紹介しますが、「置く(配置する)」の意味から派生して様々な表現ができます。

1-2.Putの変化形・文法に関する情報

Putの変化形

Putに関する語形変化は以下の通りです。過去形や過去分詞でも、原形と同じになるパターンですね。

  • 動詞の活用法:put – put – put(過去形・過去分詞は原形と同じ)
  • 三人称単数:puts
  • 名詞の複数形:puts

三人称単数の現在形では「Puts」になるため、「She puts my pencil down.」(彼女は自分の鉛筆を下に置きます)といった表現が文法的に正しくなります。

また、Putは動詞だけでなく名詞としての活用もあります。金融用語でのプットオプション(put option)や、砲丸を投げることいった名詞的用法もありますが、今回は動詞としての使い方・イディオムを説明します。

2.Putを使った句動詞・イディオム

Putは単体でも使える英単語ですが、基本的には「put down」など他の英単語(前置詞・または副詞)との組み合わせで表現します。

そのため、Putの用法をマスターするにはPutだけでなく前置詞や副詞との組み合わせになる「句動詞」で覚えるようになります。

2-1.そもそも句動詞とは?

句動詞は動詞を使ったイディオム(慣用句)のことであり、英熟語とも言えます。動詞一つの単語だけでなく、複数の単語で表現します。

動詞+前置詞・または副詞のイディオム

句動詞の説明

句動詞は前置詞、または副詞が動詞とセットになります。例文は以下の通りで、前置詞と副詞を両方使うイディオムもありますね。

put in(〜を入れる・費やす|put+副詞
例文:I put gas in.(ガソリンを入れました)

put into(〜に投資する|put+前置詞
例文:He put his money into the business.(彼は自分のお金を事業に投資しました)

put down to(〜を…のせいにする|put+副詞+前置詞
例文:I shouldn’t put the mistake down to others.(私のミスを他人のせいにするべきではありません)

Putなど動詞単体だけでなく他の品詞との組み合わせが重要

このように、Putを使いこなすには前置詞や副詞の使い方・単語のビジュアルイメージも重要です。「Put」以外にも覚えることあるの? と大変に思われるかもしれませんが、コアイメージさえ理解できれば丸暗記は不要です。

関連記事より、前置詞の意味や使い方など解説しています。前置詞のイメージなどを理解できれば、Putを使った句動詞の意味・イメージがより分かりやすくなるでしょう。品詞について理解を深めたい方は、ぜひご参考ください。

英語の副詞の使い方も解説!

2-2. Putを使ったフレーズ・イディオム18種類

Putを使ったイディオム

Putを使った熟語・イディオムを以下表でまとめました。「置く」とはかけ離れている意味として使われるフレーズが厄介ですね。

番号  熟語・イディオム 意味
1 Put across:はっきり意見を述べる He put his views towards politics across really well.
「彼は政治に関しての意見をはっきり述べた」
2 Put aside:無視する、蓄えておく They put aside their differences to be friends.
「彼らは友達になる為、価値観の違いを無視する」Parents should put aside their time for their children.
「親は子供のために時間を蓄えておくべき」
3 Put away:(物を)いつものところに戻す、 put my keys and wallet away after I got home.「家に着いたら鍵と財布をいつものところに戻す」
4 Put back:元へ戻す、遅らせる、後退させる Please put the book back after you finish reading it.
「読み終わりましたら元の場所に戻して」The concert was put back due to the storm.
「台風のせいでコンサートは遅らせた」The economy has been put back because of Covid.
「経済はCOVIDのせいで後退させた」
5 Put down:やりこめる、(物を)下に置く、(~を)書く、(赤ちゃんを)寝かせる

Stop putting yourself down, you are doing fine!「自分をやり込めないで、あなたはそのままでいいから」

Please put your pencil down.
「鉛筆をしたに置いてください」

You need to put down your name and phone number so we can contact you in case of an emergency.
「緊急連絡のため、お名前とご住所を書いてください」

Can you be quiet? I just put the baby down.
「静かして!赤ちゃんを寝かせたばっかり」

6 Put down for:登録する I will put you down for the swimming class.
「あなたに水泳レッションを登録してあげた」
7 Put down to:〜の理由で His mistake can be put down to the lack of time.
「彼のミスは短時間のせいです」
8 Put forward:提唱する、早める She put forward her ideas about the upcoming event.
「彼女は近々のイベントについて自分の意見を提唱した」The conference has been put forward by a week.
「会議は1週間も早く押さえられた」
9 Put in:(時間または努力を)注ぎ込む、(物を)入れる put in 3 hours each day to study for the TOEIC.
「毎日3時間を過ごしてTOEICを勉強する」I put a new sink in the kitchen yesterday.
「キッチンに新しいシンクを入れた」
10 Put in for:申し込む You need to put in for your language test.
「言語試験に申込しなきゃ」
11 Put off:延期する、気をすぐ、いやがせる You must go to the hospital!You should not keep putting it off.
「病院に行け!ずっと延期するべきではない」That job pays well but I was put off by the long hours.
「その仕事は良い給料ですが長時間でやりたくない」
12 Put on:(服、帽子、靴などを、化粧) 着る/はく/被る/する、(体重)を増す、(〜の)ふりをする、(映画、ドラマ、プレー)出す You need to put on more clothes, it is cold outside.
「外が寒いのでもっと服を着て」I have put on 10 kilograms since I got married.
「結婚してから体重は10キロも増えました」She put on a happy face even on the funeral day.
「彼女は葬式の日でも大丈夫なふりをした」Recently our theater has put on many great shows.
「最近近所のシアターが良いショーをたくさん出している」
13 Put out:(火・光)を消す、失わせる The 10-year-old boy put out the fire and saved his family.
「10歳の男が火を消して家族を助けた」His team was put out of the league by my team.
「彼のチームは私のチームに負けてリーグに追い出された」
14 Put through:(電話で…に)つなぐ、(〜を)やり遂げる Please put me through your customer service team.
「カスタマーサポートチームにお繋ぎください」He has put himself through a tough training week.
「彼はハードのトレーニングを1週間やり遂げた」
15 Put together:寄せ集める、組み立てる We had put together a team of 5 to start our own project.
「私達はプロジェクト開始するため5人チームを寄せ集めた」I put together the IKEA shelf all by myself.
「私はこのイケアシェルフを自分で組み立てた」
16 Put up:建てる、(かべに)かける、上げる  Let’s put up the tent before it gets dark.
「雨が降る前にテントを張らなきゃ」Let’s put the picture up on the wall.
「この絵をかべにかけましょう」Please put your hand up if you agree to the solution.
「この解決方法に賛成したら手をあげてください」
17 Put up to:突く He could not have done this himself. Someone must have put him up to it.
「彼は自分自身でこんなことができなかったはず。誰かに突くらせたはず」
18 Put up with:〜を我慢する  I have been putting up with his bad behavior for years but I don’t want to do it anymore.
「彼の悪い習慣を何年間も我慢したがもうしたくない」

3.Put のコアイメージがわかれば暗記が不要になる

Putには「置く」以外にも複数の意味があり、ネイティブは上手に会話で使い分けています。では、私たちも全ての意味を暗記しなくてはいけないのでしょうか?

実際は丸暗記することなく、Putの意味を全てたった一つのイメージで理解することができます。Putのコアにあるイメージを理解すれば、Putをネイティブのように使いこなせます。

3-1. Putのコアイメージ:物をある場所に位置させる

Putのコアイメージ

Put=「置く」が主流の意味・イメージですが、「物をある場所に配置させる」のコアイメージを持つと、「置く」以外で使われている表現も納得できます。

「置く」と限定的な観念にとらわれてしまうと「なぜ着るや書くこともPutが使えるのか?」など、幅広い用法に対応できなくなるため要注意です。

置くからの派生で「着る」「入れる」など様々なイディオムに

Putのイメージ派生

Put=「配置させる」というコアイメージをご紹介しましたが、ただ置くだけでなく「配置」と定義したのは、「上から物を置く」だけの意味に限定せず幅広い位置のイメージを持たせる理由があります。

  • 文字を紙に配置する→書く
  • 服を自分の体に配置する→着る
  • 新品の食器をキッチンに配置する→入れる
  • 自分のアイデア、考えを外部に配置する→述べる
  • 自分自身をとある状況に配置させる→受けさせる・投入する

「配置・位置」という表現には幅広い捉え方・考え方があり、上記のような意味がPutのイディオムで言うことができます。

Putを使いこなすには置くだけにイメージを固定しない

そのため、便宜上「Put=置く」と説明することもありますが、厳密には「Put=場所や物体を問わず配置・位置する」ことが本来の意味であり、コアイメージだと言えます。

中学の英語授業を通して、「Putは置くという意味」といった固定観念がついてしまっている人もいるでしょう。間違いではありませんが、実用的な英語力・英会話スキルを身に付けるためには一度忘れてしまいましょう。幅広いコアイメージに認識を置き換えておくと理解スピードが向上します。

3-2. コアイメージからの派生:「物」と「場所」は見えると限らない

位置させるものは非物質でも適応

Putの持つコアイメージが「物をある場所に配置・位置させる」と説明しましたが、対象となる物体は人・動物、または見える物に限りません。意見・時間・努力などのような見えない物でも、「配置する」ことができます。「場所」も見える・見えない場所が使われます。

「物をある場所に位置させる」というコアイメージで覚えて想像すれば、非物質を対象にした表現でも理解がしやすくなります。Putの主な6つの意味は以下の通りでしたね。Putのコアイメージから考えるとよくわかるはずです。

  • 置く
  • 記入する(情報をインプットする)
  • 表現する、述べる(言葉で伝える)
  • 受けさせる(とある状況に置かれる)
  • 投入する(時間を消費する)
  • 評価する(比較する)

では、Putの主要6つの意味をコアイメージを使いながら確認していきましょう。

4.Putの6つの意味と使い方

Putの主な6つの意味・用法を以下でまとめました。例文と合わせて確認してみましょう。

4-1. Putの基本は「〜を置く」

Putの意味1:置く

物または人をどこに配置するのか。Putの一番基礎的な使い方です。品詞の関連記事として、英語の名詞の種類・使い方でもご紹介しております。

Put + 名詞(人・物)+ 前置詞 (+ 場所)

例文でチェック

  • Time’s up! Please put your pen on the table.
    「もう時間になります!ペンを机の上に置いてください」
  • put the baby in her bed.
    「赤ちゃんをベッドに置きました」

4-2. 記入する、書きつける、載せる、打つ

Putの意味2:記入する

名前、情報、署名などを紙にまたはPCフォームに記入する時使う。文字を紙またはフォームの上に置くイメージです。

Put + 名詞 (名前や情報など)+ 前置詞

例文でチェック

  • Please put your full name at the top of the form.
    「フォームの一番上にフルネームをご記入ください」
  • It is a good proposal but the final price has not been put in.
    「良い提案書ですが最終金額がまだ記載されていない」
  • You can save a lot of time and effort by putting your accounts online.
    「アカウント情報をオンラインに載せたら、時間や手間を減らせるよ」

4-3.表現する・述べる

Putの意味3:述べる

自分の言葉や考えを体の中から外に配置するという感じでしょうか。そこから表現する・述べるという意味になります。

例文でチェック

  • I don’t want to hurt her feelings but I don’t know how to put it in a less painful way.
    「彼女に傷を付けたくないがより少なく痛めつかない言い方がわからなかった」
  • As our team leader has put it, we have a lot of work and very little time to do.
    「チームリーダーが言った通り、やりことがたくさんだが時間が少ない」

4-4.受けさせる

Putの意味4:受けさせる

人・動物を状況に配置させる。コア意味から考えると人・物・動物を見えない場所(状況)に置くというイメージです。辞書的には「受けさせる」とありますが、「置く」と変換して考えても問題ありません。

Put + 人・動物・物 + 前置詞 + 状況

例文でチェック

  • Her husband’s sudden death put her in a very difficult financial situation.
    「 彼女の夫の突然死で彼女を非常に困難な経済状況を受けさせた」
  • She decided to put her mother at ease by getting married to a rich man.
    「彼女は金持ちと結婚することで母親を安心感を受けさせることを決めた」
  • Having no time to study for the test puts me under pressure.
    「テスト勉強する時間がないことを私はプレッシャーにさらされています」
  • Covid-19 has put many local shops out of business.
    「Covid-19のせいで多くの地方の店を廃業させました」

4-5. 投入する・強調する・注力する

Putの意味5:投入する

金・努力・時間・信頼を投入する時に使われます。Putのコアイメージから考えると時間やお金などを人・物に置く様子です。

Put + 金・努力・時間・信頼 +  in/into + 名詞

例文でチェック

  • put a lot of money into bitcoin.
    「ビットコインにお金をたくさん投資しました」
  • She puts all her faith in her students.
    「彼女は学生に全ての信仰を投入する」
  • My mother puts much time into her cooking.
    「母は料理するのに多くの時間を費やす」
  • Grandmother puts so much care into making our daily meals.
    「祖母は毎日の食事に思いやりを注いでいます」

4-6. 評価する(比較する)

Putの意味6:評価する

人・物を評価するとき、同じ種類の人物と比較して評価するという意味。人または物をランキングの中に置くというイメージです。

Put + 人・物 +  前置詞 + ランク

例文でチェック

  • You should put your family first.
    「家族をあなたの第一に置くべきだ=家族をまず第一に考えるべきだ」
  • Rachel was put in the top 5 players this year.
    「Rachel は今年度トップ5プレーヤーの中の一人だと評価されました」
  • I would put “Doraemon” among my most favorite 10 manga.
    「『ドラえもん』は私の最も好きな10の漫画の1つです」

4-7.参考:Putを使ったスラング表現の例

Putを使った英語のスラング

そのほか、Putのイディオムで表現できるスラングもご紹介します。くだけた表現なのでフォーマルな場では不適切ですが、友達との英会話では自然に使えますね。

  • Put on(からかう・ジョークを言う)※接する・冗談を発信するイメージ
    例文:You’re putting me on!(私をからかっているのね!)
  • Put off(ドン引きする)※put onとは逆に、離れていくイメージ
    例文:I was put off by his behavior.(彼の行動には引いてしまった)
  • Put someone on(誰かを何かに夢中にさせる)※接する・興味を惹かせるイメージ
    例文:I put you on this popular tv series.(あなたを、この人気のTVシリーズに夢中にさせます)

また違ったスラングのニュアンスになるものの、根本的なPutのコアイメージに即した表現であることはお分かりいただけるかと思います。未確認のイディオムでも、コアイメージや前置詞・副詞からある程度の意味は推測できるでしょう。

5.SetやPlaceなどPutと似たような動詞との比較・違い

これまでPutの意味について説明しましたが、英単語には似たようなものが多く存在します。

特にPutでは、同じように「位置する」意味になる「Set」や「Place」など、類似する動詞がいくつかあります。大枠的には同じような意味になりますが、細かいニュアンスは異なりますのでそれぞれ比較してみましょう。

5-1.PutとSet・Lay・Restとの違い

Putとの比較で、同じく「置く・位置する」意味があるSet・Lay・Restがあります。どれも似たような意味ですが、置く・位置することのニュアンスが変わります。

putは言わば、ポンと置いておくようなイメージで「I put cookies on the table.(テーブルの上にクッキーを置きます)」など、気兼ねなく置きます。

Setは特定の場所へ固定するように置く

Set:特定の場所へ固定するように置く

対して「Set」は、ただ位置するだけでなく特定の場所へ固定するような置き方となります。

例文で「I set a flagpole in concrete.(コンクリートに旗竿を埋め込んで立てます)」と表現できるように、動かないように置くイメージです。日本語でも「カメラをセットする」と言うように、設置的な意味合いが強くなります。

ただ、PutとSetは割と似たような意味になるので、同じ前置詞・副詞で以下のような表現ができます。

Put/Setの後に続く単語 Putの句動詞 Setの句動詞
aside 〜を取っておく 〜を取っておく
〜を無視する
down 〜を書き留める
〜を下に置く
〜を書き留める
〜を下に置く
off 〜を延期する 〜を爆発させる
〜を引き起こす
out 〜を消す 出発する
up 〜を上げる
〜を建てる
〜を設立する
〜を提唱する

Layは横たわる・水平に置く

Lay:横たわる

Layも別のニュアンスがあり、「横になる・水平に置く」イメージが付与されています。

例文で見ますと、「My cat lay on your stomach.(私の猫があなたのお腹の上で横たわっています)」と言うように、対象の人や動物が横になる感じですね。

また規模感が大きくなると、街や都市・川などの自然が広がっている様子もLayで表現できます。「The Bermuda Triangle lies in the Caribbean Sea.(バミューダトライアングルは、カリブ海にあります)」などの使い方ができるでしょう。

Restは支えてもらうように置く

Rest:支えてもらうように置く

Restは「レストチェア」という言葉が使われているように、何かに支えてもらって置くニュアンスが加わります。

これも例文で紹介すると「I rested the ladder against the wall.(ハシゴを塀にかけました) 」と、塀・壁にもたれかかっているハシゴを想像できますね。寄りかかるという意味合いでの置くが、Restのイメージとなります。

5-2.PutとPlace・Positionとの違い

また、Putとの比較で「Place」と「Position」も似たような動詞となります。この二つも、置き方のニュアンスで異なる部分があります。

Placeは慎重に決めて置くイメージ

Place:場所を慎重に決める

Placeを使う場合には、Putよりも慎重になって置く・位置するイメージがあります。ただ置くのではなく、注意深く・慎重になって置く動作となります。

「I carefully placed the vase on the shelf.(慎重になって花瓶を棚を置きました)」という英文が一つの例で、注意深く位置する様子が伺えます。

Positionは位置や向きを気にするイメージ

Position:位置や向きを気にする

また、Positionにも別の意味があり対象の位置や向きを考慮するイメージがあります。

ビジネスで使う「ポジショニングマップ」やサッカーの戦術である「ボジショナルプレー」など、他の人・物との位置関係や距離感などを意識する考え方となります。

「We positioned the table in the center of the room.(私たちは部屋の隅にテーブルを置きました)」など、部屋の配置などを考慮した言い方ができますね。

5-3.PutとLeaveの違い

Putの比較対象として「Leave」の動詞もあり、こちらに関しては進行形的な時制の意味合いがポイントとなります。

Putは置く・位置する一瞬の動作

Putは置く・位置する瞬間的な動作を示すので、時間軸で表すと一瞬の出来事が対象となります

例えば「I put my keys and wallet away.(鍵と財布を元の場所に戻しました)」の英文表現では、鍵と財布を置く一瞬の動作が対象となり、その後の状態には触れていません。

Leaveは置いた後の状態も意味する

Leave:残る・そのまま

対して「Leave」は厳密に言うと「置く」意味はなく、「残す・そのままでいる」状態を示します。よく「 Leave something somewhere」のフレーズで忘れて物をする、といった言い方がされます。

「I leave my keys and wallet at your house.(鍵と財布をあなたの家に置き忘れています)」など、置くだけでなく置いた後の状態も意味に含まれています。

そのため、現在形(または「left」の過去形)で使う場合でも、実質では現在・または過去のとある地点まで残されていることが続いているようなイメージです。

6.Putなど基本動詞をマスターすれば英語の表現力が上がる!

Putの用法やイディオムを覚えるほか、類似する英単語・フレーズを覚えておくことでより英語の表現力が向上します。

大事なのは「置く」など決まった意味で固定するのではなく、Putのコアイメージ「物をある場所に配置する」を掴めば、暗記をすることなく幅広い表現をアウトプットできます。

より英語の語彙力・表現力を鍛えたい場合や、英会話で役立つ動詞・フレーズを知っておきたい人は基本動詞からマスターしてみましょう。詳しくは以下記事でご紹介していますので、ぜひご参考ください。

英会話で役立つ基本動詞16選をチェック!

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. Makeの意味・使い方

    基本動詞Makeの意味とコアイメージを知って使いこなす!役立つ例文と類…

  2. Runの意味・用法8選

    基本動詞Runの意味・用法8選を解説!走る以外の表現を使いこなす

  3. Giveの意味・用法5選を解説

    Giveの意味・用法5選を解説!基本的な使い方や重要なイディオム・文型…

  4. wantで重要な7つの使い方・意味を解説

    wantで重要な7つの使い方・意味を解説!コアイメージから読み解く

  5. Takeの意味・使い方10選

    Takeの意味・使い方10選|コアイメージが分かれば理解度が上がる!

  6. Haveの意味・使い方8選をコアイメージから理解

    Haveの意味・使い方8選をコアイメージから理解!|類似した動詞・助動…

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話は意味ない?
  5. オンライン英会話のフリートーク解説
  6. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  7. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。