基本動詞

英単語 基本動詞Putを使いこなせ!Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

基本動詞をマスターしよう!

基本動詞を使いこなせれば、英会話もグングン伸びます!!
難しい単語をたくさん覚えようとする前に、まず中学校で習うような、誰でも知っている単語を使いこなしましょう!

基本動詞を使いこなすためのコツは「コアにあるイメージ」を正確につかむこと。
そして、何度も口に出して練習することです。

 

「ポンと置く」イメージ

コアにあるのは、何かをポンと置くイメージです。
おさらいまでに、現在-過去-過去分詞の語形変化は、put-put-putで簡単ですね!

 

置く(単純に置く)

基本的な使い方からみていきましょう。

He put a book on the table.
「彼はテーブルに本を置いた」

Don’t put my bag on the floor!
「私のかばん、床に置かないで!」

 

入れる

何かの中に置くとなると、つまり「入れる」ことになりますね。

Did you put some water in the vase?
「花瓶に水入れた?」

I like to put milk and sugar in my tea.
「紅茶にはミルクと砂糖を入れるのが好き」

Please put the thermometer into my mouth.
「体温計を口の中に入れてください」

 

置く(抽象的または精神的なもの)

具体的なものを抽象的なものに置き換えても、わりとそのまま使えます。
イメージしてみると、わりとそのままなんですよ!

Don’t put too much pressure on your team.
「あまりチームにプレッシャーをかけすぎるなよ」

Let’s put a priority on this matter.
「この問題に優先して取り組もう=この問題に優先度を置こう」

空港でビジネスクラスのひとたちのスーツケースについているようなPriorityと書いてあるタグを置くのをイメージしてください。
「Priority」を置く・・まさにそのままですね!

 

言い表す、述べる、表現する

言葉で表現する、という文脈でも、案外頻繁に出てきますよ!

Can you put it into easy English?
「簡単な英語で言ってもらえる?」

How can I put this…
「何て言ったらいいかな・・・」

(たいてい悪いニュースの前置きとして)There’s no easy way to put this, but…
「言いにくいんだけどね(=受け止めやすい表現にはしようがないんだけどね)・・・」

 

表現あれこれ

Putに対応する日本語を集めてみました。
「置く」イメージを基本に、想像してみてくださいね!

▸ ~ the food on a plate(料理を取り皿にのせる)
▸ ~ a spoonful of jam on the toast(トーストの上に1さじ分ジャムを乗せる)
▸ ~ some iodine on the wound(傷口にヨードチンキを塗る)
▸ ~ the coat on a hanger(コートをハンガーにかける)
※「コートをハンガーにかけ直す」は~ the coat back on the hangerのようにbackを添えればOK!
▸ ~ a Band-Aid over the wound(傷口にバンドエイドを貼る)
▸ ~ the needle through a hole in the button(針をボタンの穴に通す)
▸ ~ one’s elbows on the table(テーブルに肘をつく)
▸ ~ the song on one’s next album(その歌を次回のアルバムに収録する)
▸ I ~ my arm around her shoulders.(彼女の肩に手を回した)
▸ ~ drops in one’s eyes(目薬をさす)

 

Aloha English   お試しレッスン

調べない、覚えない。6ヶ月で育てる英会話力レッスン。
Skypeオンラインレッスン、東京、神奈川各所で開催中。
毎月お得なお試し英会話レッスン←から予約受付しています。
開催場所の詳しい情報はこちらから。