スピーキング

リプロダクションでの英語学習方法・効果を一通り解説【話す力が上がる!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
リプロダクションの学習方法

英語のスピーキング練習ではリプロダクションという訓練方法があり、聞いた英語をアウトプットしていくことで効果的に英語力がアップします。

ただ、リプロダクションは単純に英語音声を繰り返すだけでなく、自分自身で考えた英語表現・フレーズを発声するまでできると、よりレベルの高い再現ができますね。

  • リプロダクションの基本について
  • リプロダクションとリピーティングの違いについて
  • リプロダクションの学習手順・メリット

などなど、このページを確認するだけでリプダクションの基礎からやり方・スピーキング学習メリットなど一通り分かりますので、ぜひご参考くださいませ。

1.リプロダクションとは?|自分で英語を再現

リプロダクションの基本的なことからご紹介しますが、スピーキングやリスニングの練習で利用される練習方法です。

当サイト・Aloha English英会話ではレッスン・サービスのご案内だけでなく、独学で英語学習ができるノウハウについてご提供・ご紹介していて、スピーキングでも知名度の高いシャドーイングスピーキング練習でおすすめの教材などを他ページで説明していますね。

ただ、練習方法の中でリプロダクションは比較的知名度が低く、実際のところ独学練習でもあまり採用はされていません。ですが、スピーキングだけでなく英語力全般を鍛えたい方におすすめで、ぜひ試していただきたいのでチェックしておくといいでしょう!

1-1.聞いた英文・音声を自分のスピーキングでアウトプット

リプロダクションのイメージ

リプロダクションは以下のような流れがベースで、模範となるネイティブの英語音声を聞いて、それを覚えた上でアウトプットするやり方になります。

  1. ネイティブの音声を聞く
  2. 1つのフレーズ(一文)ごとに音声を止めて内容を把握・記憶する
  3. 全く同じ内容として発声する

聞いた音声の語句や発音を覚える練習にもなりますが、重要なのは自分の発声・アウトプットで英文を再現する点になります。

そのため、以下で説明しているリピーティングとの違いでも関連しますが、必ず一語一句同じように再現するというより、聞いた英語を理解して自分の言葉として同じ内容をスピーキング・再構築していく目的が大事ですね。

1-2.リプロダクションで単語や文法・構文などの知識を確認・応用できる

リプロダクションを続けることで様々な学習効果があり、発音・イントネーションの上達だけでなく英語そのものを組み立てて伝える、総合的な英会話スキルの向上につながります。

聞いた英語の内容を基に、正しい文法や構文に当てはめて英文を作っていく訓練になりますので、英語の基礎となる単語や文法・時制などを活用する場としてもリプロダクションは有効ですね。

他ページでも英語の基本的な文法まとめコンテンツにて、必要な英文法やフレーズなど一通り確認・学習できますのであわせてご参考くださいませ。

▷おすすめ記事:英語の構文とは?|学習する重要性について

2.リプロダクションと似ているリピーティングとの違い

リプロダクションに関するこれまでの説明で、「聞いた英語の音声を繰り返すなら、リピーティングと言えるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

確かに、ベースとなる学習のサイクル・手順はリピーティングとほぼ同じでありますが、違いもありますので以下で比較してみました。

2-1.リピーティングは聞いた英語をそのまま再現

リピーティングもモデルとなるネイティブの音声を一文ずつ聞いて、覚えた上で発声することを繰り返します。聞き取れなかったり、発生した英語のイントネーションなど不安な場合にはスクリプトや音声を再確認することで、より内容を理解して改善できます。

言わば、リピーティングの目的は英語を聞く→そっくりそのまま覚える→発声練習するのサイクルであり、単純に同じ文章を再現することが前提となっていますね。

リピーティングの英語学習方法・進め方について詳しく!

2-2.リプロダクションは文章全体を再現するイメージ

対してリプロダクションは、正確に言うとモデルの英語音声をそのまま再生することが目的でなく、「聞いた英語の内容・意味を理解して覚えた上で、自分自身で組み立てた英文をアウトプットする」ことが重要視されます。

そのため、繰り返しの「repeating」ではなく、再現という意味である「reproduction」と言われていますね。

最初はイメージが湧きづらいかと思いますので、慣れない段階では聞いた英語をそのまま覚えて発声するやり方でも問題ないですが、英語を英語としてダイレクトにリスニング・理解できるにようになれば、全体の意味から自分が思う正しい英文をアウトプットできるようになります。

2-3.難易度が低いのはリピーティング

そのため、リプロダクションはリスニング・スピーキングだけでなく英文を構築する力も必要ですのでは難易度自体は高いです

ですので、以下でご紹介しているリプロダクションにチャレンジした上で「自分にとってすごく難しく感じる…」という場合にはリピーティングでの反復練習で、まずは英語のリスニング・発音に慣れる目標を達成するといいでしょう。

リピーティングの学習方法などチェックした上で、段階的なスピーキング練習も試してみてはいかがでしょうか。

3.リプロダクションの学習手順まとめ

スピーキング練習の吹き出しイメージ

以下では、リプロダクションの練習手順などのポイントについてまとめました。聞いた音声の意味的な理解や柔軟な表現力など、慣れていくうちに「ここを強化・意識していくとよりスピーキングが上達する!」といったコツが分かってくるでしょう。

3-1.モデルになる英語の音声を聞く

まずはネイティブの音声を聞くところからスタートします。目安としては一文・一つのフレーズごとに音声を止めて、発声で再現することを繰り返す感じですね。

基準になるネイティブの音声は、YouTubeなどのスピーチ動画などが参考になるほか、ビジネスシーンや日常英会話の一場面など実用的な英会話で練習したい場合には教材を活用してみるのもいいでしょう。

スピーキングの練習でおすすめの教材もチェック!

3-2.全く同じ意味・内容で発声

聞いた音声・英文についてリプロダクション(再現)しますが、元の英文と同じ意味・内容であるかどうかが一つの基準になります。

リプロダクションでは英文の記憶・完全再現というより、英文の内容・意味をイメージした上で、自分の英文として構築・発声することに大きな意義があります。例を挙げると以下の通りです。

元の英文:We don’t have to commute everyday, but see by video conferencing every morning.
(私たちは毎日通勤する必要はありませんが、テレビ会議で毎朝会っています)

聞いた英文から:「私たち」はリモート的な感じで会議をしている状況を把握

発声する英文:We have a teleconference every day, because we don’t have to commute.
(通勤する必要がないので、私たちは毎朝リモートでの会議をしています)

このように、英文の意味や状況などを把握した上で、「確かこういうことだったかな」と英文を作って発声していくのがリプロダクションの特徴であり、英語の構築・アウトプットのスキルを上げる良い練習になります。

ただ、元の英文そのものを再現しなくてもOKであっても、英語の内容な意味まで変えてしまうのはNGです。例えば、上の例文では普段から行っていることを意味する現在形ですが、「We had a teleconference~」など過去形にしてしまうなど、文法上の明確な違いは避けるべきですね。

英語の時制全種類を解説!【基本から復習】

3-3.一文ずつスクリプトを見て確認

正しく聞き取り話せているかどうか、最初は一文ずつスクリプトでチェックするのが確実ですね。上手く表現できなかった部分は、何も見ずに話せるようになるまで繰り返すことが重要です。

聞き取りが不十分の場合、リスニングスキル向上の対策としてディクテーション(英文の書き取り)もおすすめです。リプロダクションだけの練習方法にこだわらず、ご自身の英語レベルに合った練習を試してみるといいでしょう。

ディクテーションの基礎・実践方法を解説!

4.リプロダクションで得られることまとめ・他のスピーキング学習方法も!

リプロダクションを続けることで得られるスキルや、練習するメリットなどを最後にまとめました。

他のスピーキング学習方法と比べて考えることが多く、最初は大変ですが日常英会話やビジネス英会話などへの還元・活用を実感できますのでコツコツ学習するといいですね!

4-1.応用的なスピーキング能力の向上

リプロダクションは英語を聞くこと・理解すること・英文の構築・話すことまでの流れで、応用的なスピーキング能力の向上へとつながります。

例えば、リピーティングやシャドーイングである程度英語の発音やイントネーションが分かってきたのに、英会話スクールでの練習では先生となかなか話が弾まない…というケースもありますね。

実は、英会話では発音やリスニングの能力に自信があっても「どのような内容を話せばいいのだろう?」という壁にぶつかることも多く、柔軟な英語表現を考えてアウトプットするまでの経験を積み重ねることでスムーズな英会話を実現できます。

4-2.英語への総合的な理解力・記憶スキルが上がる

したがって、英文の構築・再現を磨くリプロダクションでは英語に対する総合的な理解力を上げる効果があり、長文でもずっと聞いて覚える記憶スキルも鍛えられますね。

言わばリプロダクションは一人で完結する英会話特訓のような練習であり、お手本となるネイティブの音声を覚えて、さらに自分自身で作った英語をスピーキングすることで効率の良い訓練を体験できます。

4-3.自分のスピーキングレベルに応じて他の練習方法も併用

ただ、リプロダクションはリスニング・記憶から英文の構築など幅広いスキルが求められますので、まだまだ英語の基礎段階で不安な方は段階的なスピーキング練習をおすすめします。

リスニング・英語の発音やイントネーションから基礎を学びたい場合には、シャドーイングで短いフレーズから学習するといいでしょう。シャドーイングで効果のある教材もご紹介しています。発音で初心者の方が特に苦労する、分かりづらいポイントもありますので関連記事で確認してみるといいでしょう。

ネイティブ英語が聞き取れる秘訣はリダクションの理解が大事!

また、英語の暗記・フレーズの記憶を重点的に練習したい場合にはレシテーション(暗唱)が効果的ですね。詳しくは関連記事でやり方を解説していますので、こちらもぜひお読みくださいませ。

レシテーションのやり方・注意点をチェック!

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!