リスニング

「英語が聞き取れる!」と誰でも実感できるシャドーイングのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English
驚くべき効果を実感できるシャドーイングの正しいやり方

効果のでるシャドーイングの学習方法を知りたい。

シャドーイングを練習するも、難しくて学習が思うようにはかどらない・・とお困りではありませんか?

英語の聞き取り・リスニング力をあげるために、シャドーイングは効果的な学習法です。イヤホンなどで聞いた音声を即座に復唱する、とてもシンプルなトレーニング方法。

いざトライしてみると、音声についていけない・単語が聞き取れないなど、なかなか思っているように取り組むことができない。その気持ちよくわかります。シャドーイングの練習を始めたてのときは、苦戦することが多いかと思います。。正しいトレーニング方法を学べば、必ず習得できるので諦めないこと。

シャドーイングには3種類の発声方法があるのをご存知でしたか?3種類の発声方法をうまく活用できないと、シャドーイングを適切におこなうことができません。この記事ではシャドーイングを取り組む際のポイントと正しい手順を解説します。その手順で練習をしても、うまくできなかった場合の対処法も紹介しています。

この記事に書かれている手順と対処法を上手に活用していただければ、確実に効果を実感していただけるはずです。シャドーイングを練習したものの、難しくて諦めてしまった方。この記事を読んで、もう一度再チャレンジしてみてください。

1.シャドーイングとは

1-1.シャドーイングとは

英語の聞き取りやリスニング力を鍛えるためのトレーニング方法です。同時通訳を専門とする方が、聞き取りスキルと通訳するスキルの力を維持するために用いられた訓練方法でした。今では英会話の学習でも取り入れれており、第二言語を習得するうえでも絶大な効果を発揮します。

シャドーイングの方法はとてもシンプル。聞こえた英語を即座に(0.5秒程遅らせて)復唱するだけの方法です。単に英文を音読するのと違い、発音やイントネーションを忠実に真似して音読することがポイントです。とてもシンプルなやり方ですが、取り組むと苦戦します。聞く・発音するを同時におこなうため、難易度が高い学習方法です。

1-2.英会話学習におけるシャドーイングの3つの絶大的な効果

シャドーイングのトレーニング方法は難易度が高め。初心者がいきなりシャドーイングをすると、すぐに挫折してしまうでしょう。英語の聞き取りが苦手と感じている方は「英語が聞き取れない人が3か月でリスニングを上達させた実践的方法」で解説している学習方法から始めてみてはいかがでしょうか。リスニングの基礎力をある程度つけてから、シャドーイングを学習に取り入れることをおすすめします。

難易度が高い学習方法ですが、英会話における効果は絶大です。シャドーイングをおこなうメリットは様々ありますが、主に3つの効果が期待できます。詳しく解説していきます。

①リスニング力があがる

シャドーイングのトレーニング方法は主にリスニング力をあげてくれます。聞こえた音を即座に復唱することで、リスニングの基礎力が大幅に改善します。

②発音が劇的によくなる

聞こえた音を真似するように復唱をするため、ネイティブ発音を練習できます。日本人にとってネイティブ発音は苦手項目の一つ。シャドーイングを取り入れることにより、発音が劇的によくなります。

③表現やフレーズを自然と覚えられる

英語の聞き取りがよくなれば、ネイティブの話している内容も聞き取れるようになります。会話の中で聞こえた新しい表現・英単語・フレーズを自然に覚えることができます。英単語帳から覚えた知識より、会話から覚えた知識は忘れにくいという大きなメリットがあります。

2.シャドーイングを正しく取り組むための11ポイント

シャドーイングを正しく取り組むための11ポイント

シャドーイングの正しいやり方を解説します。正しいやり方でシャドーイングをおこなうには時間と集中力がいります。我慢強く学習を進める必要がありますね。しかし先ほどもお伝えしましたが、得られる効果は大きいので頑張ってトライしてみてください。

2-1.シャドーイングの3種類の発声方法

シャドーイングには3種類の発声方法があります。まずは発声方法のやり方から解説します。

①マンブリング

マンブリングとはシャドーイングの準備体操みたいなものです。英文を聞きながら、小声で口の中でシャドーイングをします。聞こえた音をつぶやくように復唱しましょう。

②シャドーイング(プロソデ・シャドーイングともいう)

通常のシャドーイングです。聞こえた音をしっかり声に出して復唱しましょう。この時点では内容を理解する必要はありません。聞こえた音を正確に、素早く反復できることに注力してください。

③コンテンツ・シャドーイング

聞き取った英文の意味を理解しながら、シャドーイングをおこないます。シャドーイング学習の仕上げです。コンテンツ・シャドーイングはとても難易度が高いトレーニングです。3章でコンテンツ・シャドーイングを成功させるためのコツを解説します。

2-2.シャドーイング学習で効果を最大限に発揮させる8の手順

シャドーイング学習で効果を出すためには、正しい手順で学習を進める必要があります。今からご紹介する手順に従って学習をすれば、必ず効果がでます。諦めず最後までトライしてください。シャドーイングはたくさんの教材や文章を扱うよりも、1つ1つ丁寧にこなすことが大切。完璧にシャドーイングができるまで、他の教材に手を出すのをやめましょう。

シャドーイングの手順

  1. リスニング
  2. マンブリング
  3. テキストをみながらシャドーイング
  4. シャドーイング
  5. 原文チェック
  6. コンテンツ・シャドーイング
  7. リピーティング
  8. レシテーション(全文暗記)

では詳しく手順を解説していきます。

①リスニング

シャドーイングの練習に用いる教材の音声をイヤホンなどを使って聞きましょう。最初はできるだけ簡単な教材を選ぶことをおすすめします。

②マンブリング(小声でシャドーイング)

もう一度教材の音声を再生しましょう。そのときにシャドーイングをするのですが、小声で口の中で復唱します。この時点でスピードについていけない場合、教材が難しい可能性があります。教材を変えることをおすすめします。

③テキストをみながらシャドーイング

テキストをみながらシャドーイングをします。聞いている音やイントネーションを完璧に真似して発音してください。音声と違う発音をしてしまうと、単なる音読(オーラル・リーディング)と変わらず効果が期待できません。聞えた音を正確に真似るようにシャドーイングすることを心がけてください。正確な発音ができるまで繰り返しこのパートを練習してください。

④シャドーイング(テキストはみない)

テキストを見ずにシャドーイングをします。この時点では内容を理解する必要はありません。ただ音を反復して発音できることに注意を払ってください。完璧にこなせるまで、何度も練習をすることがポイントです。完璧にシャドーイングできたら、次のステップに移行します。

⑤原文を読み、意味をチェックする

リスニングをしている教材の原文を読み、内容をしっかり理解します。わからない単語は調べて、意味を理解しましょう。

⑥コンテンツ・シャドーイング(テキストはみない)

テキストの内容を理解することができたら、シャドーイングの仕上げです。④で行ったシャドーイングがうまくできていないと、コンテンツ・シャドーイングはできません。意味を理解しながら、音を追ってシャドーイングをします。

コンテンツ・シャドーイングを成功させるコツはパート④で正確にシャドーイングでき、パート⑤で確実に意味を理解できた状態にすること。これらの手順ができていないと、コンテンツ・シャドーイングは成し遂げられません。

⑦リピーティング

文節ごとに音の再生を止めて復唱することをリピーティングと呼びます。できれば1文を聞いたら音を止めて、その文を復唱する。もちろんテキストは見ずに。このリピーティングの工程ですが、リスニング力をあげるために非常に大切な役割があります。リピーティングの精度が上がれば、リスニング・聞き取り能力が大きく改善されることをお約束します。

⑧レシテーション(全文の暗誦)

エピソード記憶として記憶を強化することが目的です。英語のリスニングをしているときに、聞こえた単語が頭に入らない・・こんな経験はありませんか?

聞いた瞬間はなんとなく単語をキャッチすることができたが、次の文を聞いたときに、その前に聞いた文を忘れてしまった。聞いた瞬間は理解していたはずなのに・・・。

英語のリスニング学習を始めたてのときによくある現象です。これはリピーティングとレシテーションの練習が不十分なため起こります。リピーティングとレシテーションをきっちりおこなえば、一度聞いただけで英語を理解することができる。聞いた英語が記憶として残りやすくなります。

3.シャドーイングが難しいと感じた時の4つの対処法

シャドーイングが難しいと感じた時の4つの対処法

シャドーイングの正しい手順を解説しましたが、最初はうまくいかないことがたくさんあります。何度も練習を繰り返せば上達するので、諦めず繰り返しトレーニングをしてください。それでもシャドーイングが難しい・できないと感じたら、以下のような対処法をお試しください。きっとお役に立てるはずです。

対処法

  • 教材を変える
  • ディクテーション
  • リエゾン
  • サイトトランスレーション

ではシャドーイングが難しいと感じた時の対処法を具体的にみていきましょう。

3-1.英語が早すぎてついていけない場合

聞き取った英文をなんとかシャドーイングするが、スピードが早すぎて追いつけない。そんな時は2つの対処法を試してください。

①教材を変える

マンブリング(小声でシャドーイングすること)ができていない時点で、教材のレベルが高すぎる可能性があります。簡単な教材に変更しましょう。「リスニング力を劇的にあげるシャドーイングのおすすめ教材を選ぶコツ」でレベル別で教材を紹介しています。自分にあった教材を探す参考にしてください。

②ディクテーションする

ディクテーションとは聞き取った英文を書きとる学習方法です。シャドーイング学習の初期段階では英文が早すぎると感じるはずです。一文ずつ英語を聞いて音を止める、それを書きとる。何度も聞いて全文を最後まで書きとります。時間がかかってしまうことがデメリット。しかし数回おこなうだけでも、効果がでます。シャドーイングの練習を始めたばかりの方は、ぜひ取り組んでみてください。

資料:「ディクテーションを500時間した私が、効果、やり方、教材やアプリを教えます!

3-2.単語が聞き取れない場合

単語が聞き取れない場合はリエゾンを確認しましょう。リエゾンとは単語と単語の連結のことを指します。

例えば、Rock and Roll(ロックンロール)。

Rock and Rollとは音楽のジャンルの1つですね。単語を一つ一つ発音すると「ロック アンド ロール」と発音します。しかしネイティブが発音する場合、単語と単語の音を連結させて発音します。そうすると皆さんも聞いたことある「ロックンロール」または「ロッケンロール」という音になるのです。

リエゾンのルールを知らないと、簡単な単語ですら聞き取ることができなかったりします。「英語リスニングのコツ、聞こえないの正体は“リエゾン”」で詳しくリエゾンのルールについて解説しています。シャドーイング学習中に単語が聞き取れないときの参考にしてください。

3-3.内容が頭に入ってこない場合

コンテンツ・シャドーイングをおこなう際に内容が頭に入ってこない場合。サイトトランスレーションという学習方法を試しましょう。1文を区切りの良いところにスラッシュをいれる。スラッシュを入れたカタマリを音読して、その文を日本語訳にするという方法です。例文を用いて説明します。

以下の例文にスラッシュを入れました。

I’m just in town / for a business trip / and I’m leaving tomorrow. /
「私は出張でこの街にいるため、明日帰る予定です」

例文にスラッシュを入れたら、カタマリごとに英語を音読し、日本語も読み上げます。英文を音読したら、できるだけ素早く日本語に変換し、早口で日本語を読み上げてください。効果が上がります。

  1. I’m just in town⇨私は街にいるだけです
  1. for a business trip⇨出張のために
  1. and I’m leaving tomorrow⇨そして明日帰ります。

この手法をサイトトランスレーションとよび、同時通訳の方が訓練する方法です。英語を聞いただけで、内容も理解できるようになります。コンテンツ・シャドーイングで苦戦している時はサイトトランスレーションをお試しください。

サイトトランスレーションの詳しいやり方は「サイトトランスレーション(サイトラ)のやり方と効果は?教材も紹介します。」で解説しています。

4.まとめ

シャドーイングの正しい取り組み方と難しいと感じた時の対処法を解説しました。以下のことを学ぶことができたはずです。

  • シャドーイングとは
  • 英会話学習におけるシャドーイングの効果
  • シャドーイングの発声方法
  • 効果を出すためのシャドーイングの手順
  • シャドーイングがうまくいかない時の対処法

英語のリスニングだけでなく、発音や英単語力の改善にもつながる素晴らしいトレニーング方法です。とてもハードな練習方法ですが、確実に効果を実感することができます。シャドーイングを練習したものの、難しすぎて諦めてしまった方。もう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!