英単語

英語文法の基礎、『How come』と『Why』のネイティブの微妙な使い分け Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

 

 

英語文法の基礎を思い出そう!

英語で外国人とコミュニケーションと取るためには、たくさん英語で話す経験が不可欠!話すことは英語文法を勉強するよりも英会話にとって効果的なのです。しかしさらに英会話を上達させるためには中学で習った基礎の英語文法の知識を再復習することが大事。

さらにここではネイティブは英文法をどのように使い分けをしているかを説明します。「あっそんなの昔習ったな」なんて思いながら復習していただけると嬉しいです。今回はHow comeとWhyの違いを見ていきます。

 

How come とWhyの意味をチェック!

みなさん「Why=なぜ(どうして)」という意味はご存知ですね。理由を尋ねる際によく使われる疑問詞です。ネイティブの会話では理由を尋ねる際に「Why」だけでなく、「How come」というフレーズを使うこともあります。

「How come」と見ると、どうやってきたの?、なんて勘違いしそうな言葉の並びですが・・・。実際はこれも「なぜ(どうして)」という理由を聞くフレーズになります。

 

Why+疑問文 = なぜ(どうして)ーなの?

ここで着目していただきたいのはWhyの後ろは疑問文の形をしているということです。

Why do you go to Hawaii next month?
「どうして来月ハワイに行くの?」

Why are you crying?
「なんで泣いているの?」

Why did this happen?
「なんでそんなことが起きちゃったの?」

 

How come +肯定文の語順? = なぜ(どうして)~なの?

Whyと使い方が違うのはHow comeの後ろの語順。ここは肯定文(通常の文の形)ということに注意!!

How come you didn’t go to the party last weekend?
「どうして先週末のパーティに来なかったの?」

How come your English is getting so much better!?
「なんであなたの英語そんなに上達したの!?」

How come he is going to give a speech at the wedding?
「なんで彼が結婚式でスピーチをすることになったの?」

 

WhyとHow come、使い方の注意点は語順!!

How comeWhyの使い分けですが、基本的にはどちらを使っても大丈夫です。まずは使い慣れることが大事なので、今日初めて「How come 」を知ったぞ!という方は特に気にせず両方とも実際の会話で使って見てください。

上記でも書きましたが1点注意するべきとしては語順が違うこと。
Whyの後ろは疑問文に対してHow comeの後ろは肯定文になっています。

Why are your clothings soaking wet?
「なんであなたの洋服そんなに濡れているの?
Why+疑問文の形

How come your clothings are soaking wet?
「なんであなたの洋服はそんなに濡れているの?」
How come+肯定文の形

 

How comeとWhyの微妙な違い

How comeWhyも両方とも知っていたぞ!という方への豆知識。実際にネイティブはHow comeWhyを使い分けて使っています。さらに英会話を上達させたい、もっと正しい言葉を使い方を学びたいという方はこちらを参考にしてください。

How comeWhyでは使う状況が微妙に違ってきます。How comeの方がやや口語的Whyはどちらかと言うとフォーマルな時に使われます。ではもっと詳しく見ていきましょう!

 

ソフトで口語的なHow come

How comeWhyと比べるとややソフトな言い方になります。それゆえ日常会話に使うことが適しています。書き言葉というよりも口語的に使うことが一般的です。フォーマルな状況で使うのは避けた方が良いでしょう。さらにHow comeは必ずしも答えを求めていないという所も要チェック!自分が想定してたことと違う時に「えっ、どうしてなの?」という驚きを表す時にも使います。

例文
How come you are here!?  You went to Business trip, didn’t you?
「どうしてここにいるの?。出張に行ったんじゃなかったの?」
→びっくりしたよ、という驚きを表している。

状況としては、話しかけている友達が出張で今ここにいないはずなのに、道でばったりあった時。「あれ!?今出張じゃなかったけ?」こんな具合に驚きを表していると聞いに使われます。

 

理由や目的を問うWhy

How comeに対して、Whyはやや強めの言い方になります。Whyは便利な言葉でフォーマルとカジュアルな状況の両方で使うことができます。特にビジネスでの会話、フォーマルなシチュエーションの時によく使われる印象です。書き言葉でもWhyの方が適しています。

そしてWhyHow comeと比べるとやや強めの表現でもあります。Whyで質問するときは相手に「理由や目的」を知りたい時に使われます。従って理由を突き止めたい時はWhyを使った質問が使われます。

例文

Why are you here?  You were supposed to be on a business trip?
「なぜここにいるんだい?。君は主張に行ったはずではなかったのかい?」

理由を突き止めようとしている感じを表している。状況としては、話しかけている相手が出張で今ここにいないはずなのに、ばったりあってしまった・・・。「君はなぜこんなところにいるんだい?出張に行ったはずだが。理由を述べたまえ!!」こんな具合に理由を問いただす時に使えます。

 

『How come』と『Why』のまとめ

How come』と『Why』は使い方に微妙な違いがあります。ソフトで口語的な『How come』に対してやや強めな表現で理由や目的を問う『Why』。正しい言葉使いができると相手への印象も変わるはず!ぜひトライしてみてください。

 

Aloha English   英会話体験レッスン

調べない、覚えない。6ヶ月で育てる英会話力レッスン。Skypeオンラインレッスン、東京、神奈川各所で開催中。毎月お得な英会話体験レッスン←から予約受付しています。開催場所の詳しい情報はこちらから。