第二言語習得理論(SLA)が英語の上達に役立つ!|英語学習のコツを解説

第二言語習得理論(SLA)

日本人が英語など第二言語を勉強したい場合、第二言語習得理論を参考に効果的な学習方法を確認しておくといいでしょう。

第二言語習得理論より、母国語以外の言語を学習する際の仮説や科学的なメソッドが分かります。

  • 第二言語習得理論を参考にするメリット
  • インプット理論から考えるアウトプットとインプットの関係性
  • 自動化理論との併用・学習効果

などを軸に、これから英語を学習する方向けの正しい独学方法をご紹介いたします。科学的な理論と言われると難しそう…というイメージもあるかもしれませんが、要点をおさえておくだけで英語が上達するコツが分かりますので、ぜひご参考ください。

ページコンテンツ

1.第二言語の習得をしたい方へ|第二言語習得理論(SLA)を知っておこう

第二言語習得理論は英語で「Second Language Acquisition」といい、省略して「SLA」と言われることあります。

ここでは、母国語が日本語の方が第二言語として英語を学ぶことを想定していますが、中国語やフランス語など他言語でも同様に、習得までのプロセスを科学的に説明できるでしょう。

1-1.第二言語習得理論(SLA)の概要

第二言語習得理論の概要

第二言語習得理論は1960年代から研究が始まり、様々な学者によって理論が立てられています。

第二言語習得では、言語学のほか社会言語学、心理学、神経科学など多くの学問と関連しており、第二言語習得理論という大枠の中に複数の理論があるといった位置付けです。

1-2.第二言語習得理論は一つでなく複数のメソッド・仮説がある

第二言語習得理論の種類

そのため、第二言語習得理論は一つのメソッド・体系でなく様々な観点・学者より提唱されたものであり、第二言語習得理論全体で言うと、肯定的な意見もあれば否定的な側面もあります。

その中でも、特に重要な「インプット理論」と「自動化理論」に焦点を当てて以下で解説しています。こちらの二つは日本人が英語学習をする上で実践的、かつ効果的な知識がありますので、ぜひご参考いただければと思います。

1-3.第二言語習得理論の理解で参考になる書籍

こちらのページでは第二言語習得理論の要点・重要な部分に絞ってご紹介しますが、より詳しく知りたいという方は以下の参考書籍が役立ちます。

英語教師のための第二言語習得論入門

第二言語習得理論の解説書として評判高く、「英語教師のため」というタイトルですが、これから英語を学習する方にとってもおすすめです。

第二言語習得理論のエッセンスとして、日本人が英語を話せない理由やインプット・アウトプットのノウハウ、さらには学校の英語授業に関する課題と対策などが紹介されています。

書籍詳細はこちら

以下で紹介している理論も、こちらの書籍から参考に解説しています。要点を確認したい方は、筑波大学のサイトに掲載されている資料もご参考いただけます。

2.第二言語習得理論(SLA)を参考に英語学習をするメリット

第二言語習得理論を基に英語学習をすることで、効果的なスキルアップが期待できます。今まで独学や英会話スクールを続けていたけど上達せず失敗してしまった方も、見直してみてはいかがでしょうか。

2-1.科学的根拠から成功体験の再現性がある

第二言語習得理論のメリット1

科学的な根拠から実証された理論なので信頼性が高く、「友人が英語を話せるようになった方法だから」とか「英語ができるようになった人のブログで見た学習方法だから」という根拠よりも再現性で期待できます。

少なくとも今実践している英語学習方法や独学で効果が出ていない方は、専門家による研究が進められている第二言語習得理論を参考にすることで、自分の苦手分野や対策するべきポイントが見えてくるでしょう。

2-2.効率良く独学を進められる

第二言語習得理論のメリット2

第二言語習得理論のポイントとして、言語学習効果の最大化があります。

より効率良く、短期間で言語を習得するために何をすればいいか分かりますので、「来年までには海外留学したい」とか「次のTOEICテストでは600点以上を目標としている」など明確な目標がある方は計画的に英語学習を進められますね。

2-3.英語を日本語に直さず英語のまま理解できる

第二言語習得理論のメリット3

第二言語習得理論の一つで「自動化理論」と呼ばれているものは、無意識下での言語理解という仮説があり、いわゆる英語脳の適応がされます。

英語脳について以下の関連記事でもご紹介していますが、実践的な英語スキルを身に付ける上では欠かせないポイントです。英語を日本語に翻訳せず、英語のまま理解してインプット・アウトプットができるようになるのが英語脳です。

英語脳の作り方と効果的な学習方法を解説!

英語ができない人や、英文法や英単語は理解できてもネイティブとの英会話で全然話せない人の原因として、この英語脳の理解不足があります。英語など言語習得は、単なる文法や構文・単語などの知識だけでなく対外コミュニケーションのスキルがメインとなりますので、第二言語習得理論を参考に英語脳を作るメリットは大きいですね。

3.第二言語習得理論の重要なポイント1|インプット理論

具体的に第二言語習得理論の内容を説明すると、まずは重要なポイント・仮説であるインプット理論から見ていきます。要点は以下の通りで、シンプルに言うと英語が話せない人=インプットが不足していますといった話です。

  • 言語学習において大量のインプットがまず必要
  • インプットによる予測文法(次にどのような語が来るかを予測)が役立つ
  • インプット→アウトプットにより、新たな課題・必要なインプットの気付きが生まれる

3-1.アウトプットよりまずインプットの量を増やす

インプット理論のポイント

インプット理論によると、言語の習得は聞いたり読んだりするなどインプットによって起こるものとされています。これは言語学者のクラシェンが提唱した理論・仮説で、ポイントしては、個人の言語能力レベルよりも少し上のインプットをすることで言語習得が促進します。

英語の例にすると、現在形や過去形など基本的な時制を理解している人が、「I have been studying English for two months.(英語を勉強し始めて2ヶ月になります)」と、少し難易度の上がる現在完了形を学ぶケースが上記のインプット理論にあたります。

イメージとしては、実際の英会話で相手の言っていることや意見などを理解し合う目的で、 英語表現を修正・言い換えする相互交流的な言語活用が習得を促すとされていますので、インプットの量を増やして徐々に理解度のレベルを上げていくことが近道となるでしょう。

初心者の方は特にインプット重視で、バランスとしては大量のインプット+少量のアウトプットから実践するといいでしょう。以下のような英語学習の失敗例も考えられますので要注意ですね。

★インプット理論から逸脱した例

  • 英会話スキルを早く身につけたいから、独学をせず英会話スクール中心で勉強する
  • 英文法はよく分からないけど、単語やボディランゲージでなんとか英会話が成立するから良いと思っている
  • 英語の発音理解が足りておらず、リスニングも苦手

英語を話せるようになるためには実践的なトレーニングも大事ですが、前提として英語の基本的な知識のインプットが必要です。

3-2.インプットにより予測文法など身に付く

インプット量を増やすことのメリットとして、予測文法の適応もされます。

予測文法は構文・文法の理解が深まることで、次にどのような単語・フレーズが来るか無意識下で想定できるスキルとなります。

予測文法の例

例えば日本語で「私はその猫を『シナモン』と…」という文章があった場合、後に続く言葉として「名付けました」とか「呼びました」などが想定されますよね。

同様に英語の場合も予測文法に従うと、という英語を聞くと次に猫の名称が来るという想定が可能となります。この予測文法やリスニングやリーディングで重要なスキルになり、言語のスムーズな理解に役立ちます。

▷参考:英語の基本的な文型をまとめて解説!

3-3.アウトプットをきっかけにインプットの気付き・改善ができる

インプットとアウトプットの関係性

インプット理論に関連して、第二言語習得の専門家であるスウェインはアウトプットの重要性を指摘されました。

いわゆるアウトプット理論(または仮説)と呼ばれているものですが、言語習得においてインプットだけでなくアウトプットで補完する必要がある考え方です。

スピーキングや表現練習などアウトプットを繰り返すことで、表現できないフレーズや文法・構文などを気づくきっかけとなり、より上達するためのインプットへとつながります。

そのため、インプットだけ・アウトプットだけではなく、それぞれのバランスを考えて両方を実践することが大事ですね。

4.第二言語習得理論の重要なポイント2|自動化理論

第二言語習得理論にはもう一つ重要な考え方があり、「自動化理論」のポイントもおさえておくといいでしょう。上記でご紹介しましたインプット理論と関連性が高く、それぞれの掛け合わせでより効率的な言語学習ができます。

4-1.言語の反復練習をすることで無意識の理解が可能に

自動化理論のポイント

自動化理論を簡単に説明すると、言語に関する知識を身に付けて(インプットして)反復的な練習をする(アウトプットする)ことで、言語を徐々に使えるようになる考え方となります。

つまり英語のインプット・アウトプット学習を継続すると、無意識で英語を利用・理解できるといった内容が自動化理論にあたります。

これも英文法で例を挙げると、英語初心者の方にとって「You must」と「You should」など助動詞の使い分けについて、どちらが正しいか迷ってしまうこともありますよね。

これが自動化理論が適応されると、「You must stop here. (義務的な命令)」「you should go home. (提案的な命令)」の使い分けを都度考えず自然に表現できるようになります。

4-2.自動化理論の欠点|複雑な言語ルールまで無意識での理解は難しい

自動化理論の欠点

ただ、自動化理論では欠点もあり、どのような言語ルールにも適応される訳ではありません。複雑な構文や文法まで無意識での理解・活用は難しく、自動化理論で全て網羅できるとは考えにくいですね。

あくまで、構文や文法・単語のインプット→スピーキング・表現のアウトプットを反復→実際の言語コミュニケーションで学習したことが自動的に使えるようになる、といったロジックとなります。

4-3.英語の知識も必要=インプット理論と自動化理論を同時に利用する!

自動化理論で大事なこと

自動化理論は日常的な言語学習でのインプット量や、反復的なアウトプット量を確保することで効果が発揮されます。

考え方としては上記でご紹介したインプット理論の延長線上に自動化理論があり、英語初心者の方はまず英語の基礎を学ぶところから始めるといいでしょう。

5.第二言語習得理論から考える効果的な英語学習は?

第二言語習得理論の要点を確認した上で、これから英語を話せるようになりたい方向けの学習方法をまとめましたのでぜひご参考ください。

5-1.基本的な英文法や単語を学びインプット量を増やす

第二言語習得理論から考える学習方法1

特に英語初心者向けの対策としてh、インプット量を増やすことが最優先されます。

  • 中学英語で習う文法
  • 日常英会話で頻出する英単語
  • そのほか英語の基礎知識・構文

など、独学でしっかりと身に付けることが重要です。インプット理論に従うと自分の英語レベルよりも少し高い情報を学ぶ必要がありますので、難易度が多少上がるリスニングの音源や教材などを参考に勉強するといいでしょう。

英語の文法を効率的に学べる順番を解説!

5-2.暗記に頼らない英語学習を心がける

第二言語習得理論から考える学習方法2

インプットの量は大事ですが、暗記だけに頼る英語学習になると負担が増えてなかなか勉強が続かないケースも考えられます。

以下で説明していますインプットとアウトプットの繰り返しにもつながりますが、ただ文法や単語を覚えるだけでなく、自分で英文を作ってみたりスピーキング練習で繰り返し発音することで英語スキルが身につくでしょう。

英語が苦手な方がやりがちな学習失敗ケースを紹介

5-3.形式文法と機能文法をバランスよく学習

英語の基本学習で学術的な観点からアドバイスをしますと、形式文法と機能文法をバランスよく実践することも効果的です。

第二言語習得理論から考える学習方法3

★形式文法とは

文法的な観点から学習をする方法で、日本国内において学校などの英語教育で一般的なやり方です。

★機能文法とは

文法よりも意味に焦点をおく学習方法で、言語学者:ハリデーによるの理論です。ポイントとして、文法的な解釈よりも話し手や書き手が何を伝えたいかが検討されます。

当サイト:Aloha English英会話のレッスンでは、機能的文法を主に取り入れています。理由は日本で形式文法(インプット)を学習された方がほとんどであるからです。

機能文法(アウトプット)をしていない人が多い傾向なので、機能文法を学習することで英語力が伸びる人が多いですね。詳しくは、形式文法と機能文法の解説ページよりご参考ください。

5-4.インプットとアウトプットを繰り返して自分の英語力・弱点を確認

第二言語習得理論から考える学習方法4

上記の形式文法と機能文法を基に説明しますと、インプットの形式文法から学習をして、機能文法をベースとするアウトプットへと移行して繰り返すことが大事となります。

インプット理論や形式文法など専門的な内容でお話ししましたが、シンプルに言うと英語学習はインプット学習だけでなくアウトプットの両方で、バランス良く勉強することが一番です

スピーキングや発音練習などアウトプットも繰り返し、自分が苦手とする英語の発音や表現・フレーズなど明確になり、自分の英語力や弱点を客観的に判断できるでしょう。インプットだけだと地道で大変と思われるかもしれませんが、しっかり勉強した分だけアウトプットで成果を実感できますので、ぜひ独学から学習習慣をつけるといいですね!

語学の勉強法・習得のコツを英会話講師より解説!

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. 出川イングリッシュの解説ページ

    出川イングリッシュはなぜ通じる?|英語を話すために見習えること・秘訣を…

  2. 英語コンサルで短期的に英会話力は伸びる?|メリット・デメリットを解説

  3. 初心者向けの英語コーチングサービス

    初心者向けの英語コーチングサービスは?|正しい選び方とデメリットを解説…

  4. Aloha Englishの生徒interview

    Aloha Englishの体験談・生徒さんのインタビュー特集【レッス…

  5. 英語の置き換えメソッドを使えば単語の暗記なしで言いたい事が伝わる

    英語の置き換え(言い換え)が英会話のコツ|難しい暗記なしで伝わる

  6. バイリンガル脳の仕組み・優れているポイントと注意点

    バイリンガル脳の仕組み・優れているポイントと注意点【大人からでも目指せ…

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話で上達しない理由
  5. オンライン英会話は意味ない?
  6. オンライン英会話のフリートーク解説
  7. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  8. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。

ページコンテンツ