中学英語のやり直しでおすすめの勉強法・参考書を解説!【大人向けの基礎英語】

中学英語のやり直しでおすすめの勉強法

社会人になってから中学英語をやり直ししたい…という方で、勉強法が分からず悩んでいることも多いでしょう。

英語への苦手意識がある社会人は中学英語のやり直しでも難しく感じるかもしれませんが、正しい学習方法や効果的な参考書を利用することで、確実に英語スキルが上達します。

  • 中学英語のやり直しで基礎から学ぶ方法
  • 中学英語の復習で初心者でも分かるおすすめの参考書
  • 英語学習・復習の注意点

など、こちらのページで詳しく解説いたします。英語をただ勉強するだけでなく、学習を続ける目的やステップアップなども見ていきます。

ページコンテンツ

1.英会話の習得には中学英語をやり直すことが大事

中学英語をやり直す意味

社会人になって中学英語をやり直す目的や理由として、実用的な英語スキルを望むケースが多いでしょう。

  • 日常会話レベルから英語を話せるようになりたい
  • 転職やキャリアップで通用する英語力を身に付けたい
  • 今後の人生・ライフプランで海外移住などグローバルな選択肢を持っておきたい

など、自分にとっての自信や将来的な成功を得るための武器として、英語の学び直しを希望しているのではないでしょうか。

その上で、基本的な知識となる中学英語のやり直しは効果的で、以下で具体的なメリットをご説明します。

1-1.中学英語のレベル基準|日常会話なら通用できる

中学英語程度のレベルでは役に立たないと思うかもしれませんが、中学で習う英単語や文法をマスターすれば、日常会話なら英語で対応できるようになります。

実用的な英会話スキルを身に付けるためにはアウトプットの対策も必要ですが、インプットや基礎学習において中学英語でも充分に通用します。むしろ、中学英語の基礎ができていないとスピーキングなどアウトプットの伸び悩みを感じることがありますので、初心者の方は中学英語のやり直しがおすすめです。

1-2.中学英語の基礎を理解できれば応用も対応できる

日常会話レベルを超えて、ビジネスシーンで通用する英語のコミュニケーションスキルを身に付けたいという社会人も、やはり中学英語の知識が重要となります。

中学英語で得られるスキル

  • 構文や文型
  • 時制などの文法
  • 頻出する(重要度の高い)英単語・語彙力

といった中学英語で習う知識を習得しておくことで、より高度な英語表現ができるようになります。

そのため、社会人になってから英語を勉強している方でも、上達しなかったり英語学習の失敗を経験している場合は、基礎に戻って中学英語からやり直してみるといいですね。

  • 独学で英語の勉強にチャレンジしたけど続かない…
  • 英会話スクールを試してみたものの全然話せなかった
  • TOEICを受けてみたいけど、練習問題でつまづく

といった方は、ぜひ以下でご紹介している勉強法を実践してみてください。

1-3.中学英語をやり直すことでTOEICや英検などの資格も取れる

また、社会人になって会社からTOEICの受験を促されたり、英検などの資格を取って転職やスキルアップを考えているケースもあるでしょう。

TOEICの対策では中学英語で習うような文法や英単語など、基本的な知識が役立ちます。英語が全くできない!という社会人でも、中学英語の基礎をしっかり対策すれば600点までなら目指せます。英語の資格を目的とする学習でも、中学英語が重要となります。

英語が苦手でもTOEIC600点を取れるポイントとは?

2.中学英語のやり直しで効果的な勉強法

中学英語のやり直しで効果的な対策について、基礎から実践的なスピーキングまで一通りまとめました。英会話スキルの習得にはバランスの良い学習がおすすめですが、基礎的な英語力を確実に身に付けることも大事です。

2-1.英文法・構文|重要な基礎知識の習得は必須

中学英語で習う英文法や構文など、基本的な知識からやり直すといいでしょう。

文法や構文を理解しないと英語は話せない

英文法対策

中学英語を一からやり直しとなった際、まずは英単語帳を使って復習しようという方も多いのではないでしょうか。

英単語の暗記を初心者はしがちですが、それよりも基礎固めでは英語文法がより重要です。「てにをは」の使い方が間違っている人の日本語が理解しづらく下手に感じるように、英単語の知識があっても正しく文章を作るための知識がないと、英語を話せるようにはなれません。

英文法の学習では順番が大事

英文法や構文の学習で具体的には、以下のような単元があります。

  1. 英語の構文・文型(語順)
  2. 時制・疑問文(コミュニケーションに必要な文法)
  3. 助動詞・品詞(細かいニュアンス表現で役立つ文法)
  4. 中級者向けの文法(不定詞・動名詞・比較など)
  5. ネイティブ・上級者向けの文法(間接疑問文・分詞など)

▷参考:英文法を基礎から効果的に学ぶ順番とは?

英文法は難易度によって分類されますが、重要度が高く基礎的なところから復習すると理解しやすくなります。上記の関連ページでも詳しくご説明していますので、ぜひご参考ください。

2-2.英単語|ただ暗記するだけでなく発音やリスニングも対策

英単語の知識も大事ですが、間違えた勉強法によりなかなか覚えられないという方も多いですね。

英語初心者にありがちな、誤った英単語学習方法は?

間違った英単語対策

  • 1回の暗記で完璧に覚えようとする
  • ノートへ書いて暗記する
  • 英単語の意味を日本語だけで理解する(類義語などを覚えない)

これらの学習に該当している方は要注意で、詳しくは英単語の覚え方・効果のある勉強法ページでも解説しています。

英単語の学習ではアウトプットでの習得やイメージによる記憶が大事

アウトプットでの英単語習得

英単語はただ覚えるのではなく、英会話で実際に使ってみたり音やイメージで理解することで記憶に残ります

中学の頃から英単語の小テストが苦手だったという方は、ノートに書いて覚えるのではなく、英単語の音声を聞いて自分で発音して、さらには英会話で覚えた英単語を使うというところまで実践すると改善されるでしょう。英単語学習はインプットだけでなく、アウトプットでの習得がポイントです。

2-3.リーディング|長文読解の練習

リーディングも中学英語では長文読解など、授業やテストで行ってきましたが社会人の英語スキルでも重要です。

リーディングスキルが重要になるシーン・目的

リーディング対策のメリット

  • ビジネスメールやチャットで、英語でのコミュニケーションをしたい
  • TOEIC対策で長文読解力を身に付けたい
  • 海外の論文や参考書など英語で読めるようになりたい

などの目的でリーディング対策は役立ちます。長文読解が苦手という方は、読みスピードが向上するサイトトランスレーションなどがおすすめです。リーディングのポイントは読む英語を日本語に変換せず、英語の語順通りにそのまま理解する力です

多読や精読を繰り返すことで文法や語彙力がつく

また、リーディング学習では英文法や英単語のスキルとも関連しており、英語の正しい語順や単語の意味をある程度知っておかないと読めるようにはなりません。

英語力が向上する人の傾向として、多読や精読を繰り返すことで英文法や語彙力など基本的なスキルも身に付きます。英文法が苦手な方は精読で一文ずつしっかりと英文の構造を読み解いてから、多読で多くの英文をインプットして覚えると効果的でしょう。

長文読解ではスキャニングなどのコツも知っておくと良い

長文読解のコツ

長文読解をするコツとして、全ての英語を読むのではなく重要なセンテンス・情報をざっと見て判断するスキャニングがあります。

大学試験やTOEICなど長文の問題対策で実践した方もいるかもしれませんが、最初から最後まで丁寧に読み進めるより、どんなジャンル・内容なのか予測することで理解度が上がるでしょう。

英語のリーディング対策について詳しく解説!

2-4.ライティング|英語表現のアウトプット練習に

ライティングも中学英語のやり直しで大事なスキルで、初心者向けのアウトプットでおすすめです。覚えた英単語や文法を文章にして使ってみることで理解度が上がり、聞き取った音を書き取るディクテーション学習により、リスニングスキルの向上にも役立ちます。

書いた英文を添削してもらうとより上達

英文の添削

ライティングした成果物について、文法や表現など間違っていないか添削してもらうと間違いに気づき、正しい英語表現を確認できる良い機会となります。

ライティングの添削では英会話レッスンが活用できるほか、無料で使えるアプリもあるので使ってみるといいでしょう。

英語日記など続けることで英会話での表現を覚えられる

英語日記の対策

英語日記の書き方・おすすめの学習方法ページでも解説していますが、初心者の方は短い文章からトライするといいでしょう。

普段の出来事など英語日記でアウトプットすることで、スピーキングの表現で使える知識にもなります。ライティングのコツについて関連記事でも解説していますので、こちらもご参考ください。

英語のライティング対策について一通り解説!

2-5.リスニングとスピーキングはセットで対策

英語の基礎をある程度勉強できた段階で、実践的な英語スキルを身に付けるリスニングやスピーキングにも力を入れましょう。

英語の聞き取りが苦手な場合は発音を重点的に学習

リスニング・スピーキング対策

リスニングとスピーキングは相関関係にあり、正しい英語の発音を理解するにはリスニング対策が必要で、リダクションなど音の変化を分かるためにはスピーキング・発音練習に取り組むといいですね。

スペル通りに発音されないリダクションの仕組みなど理解することで、ネイティブ英語のリスニングも聞き取れるようになるでしょう。

リピーティングやシャドーイングが効果的

聞いた英語を復唱するリピーティング学習や、リスニングした英語を追いかけるように発音するシャドーイング学習では、英語の聞き取りと発音の両方が上達します。

中学英語でもリスニングでつまづき、英語で何と言っているのか分からない…という方は、リスニングスキルを伸ばすための対策や聞き取れない原因を知っておきましょう。

リスニングの勉強法を英会話講師より徹底解説!

3.中学英語のやり直しにおすすめの参考書5選

中学英語のやり直しでおすすめの教材

中学英語のやり直しでおさえておくべき勉強法をご紹介しましたが、英語の独学では参考書も気になりますよね。そこで、以下では中学英語の復習で特化したおすすめの参考書・書籍をまとめました。

3-1.中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」は、中学3年分の英文法全てを網羅した参考書で、イラストを使った分かりやすい説明で読みやすく初心者におすすめです。

各文法のイメージが浮かぶほか、練習問題も充実しており学習の振り返りもできます。英文のアウトプット練習で使えるスピーキング用の音声もあり、一からの英文法学習で捗ります。

3-2.世界一わかりやすい中学英語の授業

世界一わかりやすい中学英語の授業」は、英会話講師による著書で世界一わかりやすいシリーズのリニューアル参考書となります。

丸暗記に頼らない英語学習のポイントや、英語への苦手意識がある方でも直感的な理解ができるような内容で、文法など分かりやすく学べます。

3-3.中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本」も有名な参考書で、Amazonの「英語・外国語」カテゴリでベストセラー1位になっていました。

英語を基本から学びたい中学生や、英文法へのアレルギーがある社会人の方でもイラストと多用した分かりやすい解説で理解ができます。応用などはなくシンプルな参考ですが、基礎を確実に学び直したい場合にはおすすめです。

3-4.中学英文法「意味順」ドリル

中学英文法「意味順」ドリル」は他の参考書とは別の切り口で解説されており、英語の意味を中心に中学英語で習う文法や単語を整理しています。

英文法など何から学べばいいか困っている方は、こちらの参考書を使えば学び直しもスムーズに進むでしょう。

3-5.ENGLISH FOR EVERYONE

英文法の学習では「ENGLISH FOR EVERYONE」の参考書もおすすめです。海外の参考書で全て英語で書かれているので、日本語での説明がないと不安…と思うかもしれませんが、LEVEL1〜2の書籍であれば初心者でも読みやすいです。

というのも、この参考書はイラストやピクトグラムが多く、英文法や英単語をイメージで理解しやすくなっています。また、英語を英語のまま認識できるのでネイティブと同じようなニュアンスで英語を使えるようになるメリットもありますね!

4.中学英語のやり直し学習に関する注意点

中学英語のやり直しにより英会話スキルが身に付く一方で、勉強しても上達せず諦めてしまう社会人も多いでしょう。英語ができるようになるためのポイント・注意点もまとめました。

4-1.毎日コツコツ勉強する

英語学習で挫折する社会人の大半が、毎日勉強をする時間が取れない課題を抱えています。

最初から勉強量を増やしても続かない

最初から勉強量を増やしても続かない

学生の時とは違い、仕事やプライベートで忙しくなると勉強ができなくなりがちです。ただ、英語習得には毎日の積み重ねが重要で、中学英語のやり直し・復習も継続的に行うことが求められます。

最初から1日3〜4時間の勉強量を目指すと、学習負荷が大きくしんどくなってやめてしまうことも多いですね。高校や大学受験の時のように、長時間まとまった勉強よりも細かく刻んで学習を積み重ねるのが確実です。

上達する人は隙間時間で効率良く学習できている

隙間時間での英語学習

毎日の勉強に自信がない…という方は、日々の習慣や英語学習のトリガー(きっかけ)を意識した対策をするといいでしょう。

  • 通勤中の電車では参考書を読む
  • 家での食事中では英語学習で役立つYouTubeチャンネルを観る
  • 就寝前に英単語の勉強・暗記をする

特定の行動や時間に英語を取り入れることで、勉強が自然と続けられるようになります。

時間のない社会人でも英語勉強を続けられる方法を解説

4-2.参考書を1回読んで終わりにしない

参考書の理解

上記で紹介したような英語の参考書は、完璧に理解できるまで何度も繰り返し読むことが求められます。

1周だけでは参考書の内容を理解できない

参考書を一通り勉強してみて、復習をせずに別の参考書に取り組む方もいますが、1回読んで終わりにするとあまり知識が身に付きません。

「自分にとって英語レベルの高い教材だった」というケースや「参考書自体の質が悪い」などの場合には切り替えてもいいですが、基本的には2週・3週してしっかり理解することが求められます。

何周もして完璧に分かった段階で次の教材にチャレンジ

いろんな参考書を同時並行で試してみるよりも、まずは1冊の参考書を完璧に理解する方が良く、2周目・3周目で苦手な部分を重点的に対策すると効果的です。

2週目以降の学習では、苦手な分野を重点的に取り組むことで効率的な勉強ができるでしょう。

4-3.自分のレベルに合った学習方法を

英語の独学や参考書は、自分のレベルに合ったものが望ましいですね。初心者がネイティブの英語をリスニングでも全然聞き取れなかったり、中級者が易しい英語の参考書を使うなど、自分の英語レベルに合わないとあまり学習効果を得られません。

第二言語習得理論によると、個人の言語能力レベルよりも少し上のインプット学習をすると言語習得が促進されます。同じレベルでもなく、ちょっとずつ高みを目指していくような勉強が理想でしょう。

5.中学英語をやり直した後にするべきこと|ステップアップを目指す!

中学英語のやり直し・勉強を実践して、英語の基礎ができてきたり日常英会話くらいであれば少しずつ話せるようになった段階で、更なるステップアップを目指したいですよね。

英語学習をして終わりでなく、今後のキャリアやライフプランで強みとなるような英語スキルを磨くために、行うべきポイントを以下でまとめました。

5-1.TOEICなどの資格試験で定期的にレベルチェックを行う

定期的なレベルチェック対策

継続的な英語学習をするなら、定期的なレベルチェック・資格試験がおすすめです。TOEICのスコアアップが勉強のモチベーションになるほか、自分の英語レベルを客観的に判断できるメリットがあります。

関連記事で英語のレベルチェックをする方法・対策を紹介していますので、ご参考ください。TOEIC以外でも、VERSANTなどスピーキングスキルを試せるテストがあります。

5-2.英語学習の目的・目標を明確化

英語学習の目的を明確化

英語学習を続けていくと、「自分はどうして英語を使えるになりたいのか?」といった疑問が生まれることも考えられます。

最初から明確な目的・ゴールがあるなら計画を立てられますが、なんとなくで英語を勉強してしまっている状況が続きそうなら、今一度英語の学習目標を考え直してみるといいでしょう。

最初はTOEICのスコアアップで想定していたのが、英語を話す機会が増えるにつれて海外留学や転職などの興味が湧いてくるケースもあるでしょう。英語に対して求めていることを常に意識して、計画の設定や修正ができるといいですね。

5-3.英会話スキル・実用的な英語力を身に付ける

社会人の英語学習では、実用的・実践的なスキルが望ましいですね。趣味で英語を勉強している方もいますが、基本的には仕事やプライベートでの英会話を重視しているでしょう。

英語脳を作ることでアウトプットがより自然に

英語脳のメリット

よりレベルの高い英語スキルを習得するためには、英語脳の考え方・作り方を知っておくべきです。英語脳は、日本語に翻訳せず英語のままインプット・アウトプットができる認識能力で、ネイティブレベルの英語コミュニケーションを目指すには必須です。

英語脳の作り方とポイントを解説!【英語を自然に話せる】

リスニングやスピーキングの対応スピードが遅いという方は、英語脳を作るところから対策してみると改善できるでしょう。どうしても母国語である日本語へ翻訳しがちですが、英語のまま理解するようにすると英会話がスムーズになります。

英語の基礎力があればオンライン英会話でより上達する

オンライン英会話の効果

中学英語のやり直しで基礎が身に付いた方であれば、オンライン英会話で学習効果を発揮します。英語を話す機会が得られるほか、個人レッスンでの重点的な対策やグループレッスンを使った英語コミュニケーションの方法など、勉強できることが多いですね。

オンライン英会話では安さで選びがちですが、個人によって合う・合わないがあるので要注意です。英語のレベルやカリキュラム・通いやすさなど大事なポイントで比較した上で、体験レッスンから試してみるといいでしょう。

▷おすすめ記事:オンライン英会話の正しい選び方をチェック!

6.中学英語をやり直すことで英会話スキルの基礎が身に付く|まずは3ヶ月取り組む!

中学英語のやり直しで大事なポイントを最後にまとめました。英語能力に自信がない方でも、基礎からしっかりと対策すれば英語スキルが上達します。

  • 英語を話せるようになるためには英文法の知識が重要
  • 英会話が上達しない人は基礎対策をしていない傾向に
  • 中学英語のやり直しではインプットの知識を活かしたアウトプットも

これまで、自力での英語学習に失敗してきた方も正しい勉強方法を実践すれば効果が出ます。ぜひ、本記事を参考にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、「英語のやり直しはしたいけど、年齢も年齢だし遅い…」と感じて諦める方もいますが、30~40代からの学習でも英語を話せるようになります。関連記事でも、40代からやり直す英語学習のポイントと注意点も参考になりますので、こちらもぜひお読みください。

英会話が上達しない原因・理由を解説

6-1.3ヶ月〜半年続ければ英語の基礎が身に付く

3ヶ月の学習目標

「中学英語のやり直しを独学からできそう!」だと思っても、長続きしないと勉強する効果が出ません。文法や英単語などの基礎学習でも、1ヶ月程度での習得は難しく少なくても3ヶ月〜半年ほどの期間は計画するべきでしょう。

個人差もあり、3ヶ月もあれば日常英会話ができるようになることもありますが、一からの英語学習ではある程度の期間は必要です。短期学習より長期の方が、文法や単語なども記憶に残りやすいのでコツコツ続けるといいですね。

6-2.日常英会話など実践的なスキル習得では半年〜1年は学習を続ける

学習計画の重要性

英語でのリスニングやスピーキングなど、実践的なスキルを伸ばしたい場合には半年以上の学習計画をおすすめします。

詳しくは関連記事でご紹介していますが、英会話スキルの習得では中学英語レベルの知識だけでなくリスニング・発音対策やアウトプットの練習など総合的な学習が必要です。本記事で解説したように、参考書などを使って少しずつ対策をすると英語を話せるようになるでしょう。1日・1週間単位から、自分がするべき英語学習のスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。

英会話の目標設定・ゴールの決め方について詳しく解説

英語学習でお悩みの方へ|学習ガイドを無料で配布中!

英語学習ガイド
英語は勉強しているけれどもなかなか英語を話すことができなかったり、英語学習を続けられない... という方へ。

まずは、すぐに実践できる英語学習ガイドをご参考に、自分に合った英語の勉強方法を試してみてはいかがでしょうか。以下のようなお悩みを解説いたします!

「独学でも英語を話せるようになるの?」
「スピーキングをマスターするための道のりを知りたい」
「一から英語を学ぶのが不安...」

Aloha Englishの講師より監修しました英語学習ガイドでは、これまで培ってきたサポート実績から得た経験や独自のノウハウなども参考に、効果の出る英語学習方法をまとめております。また、資料をお読みいただいた方限定の特典・プロモーションもありますのでぜひご活用くださいませ。

関連記事

  1. オンライン英会話は意味ない?

    オンライン英会話は意味ない?|効果が出ない理由と対策・おすすめの活用法…

  2. 英語力を鍛える言い換えスキル

    英語力を鍛えるには言い換えスキルが重要!言い換えで英会話の表現力を高め…

  3. 効果が出る英語の勉強時間|毎月41.5時間を9ヶ月継続することが重要

  4. 英語学習は意味ない?

    英語学習は意味ない?|英語を勉強する理由・自動翻訳で英会話スキルの代替…

  5. クラッシェンのモニターモデル(5つの仮説)

    クラッシェンのモニターモデル(5つの仮説)から分かる英会話習得のコツ

  6. バイリンガルの解説ページ

    バイリンガルとは?|必要なスキル・大人からバイリンガルを目指す学習方法…

公式LINEからお問い合わせ

友だち追加

英会話学習のコラム オンライン英会話コラム
  1. 英語がペラペラになる学習ステップ
  2. 英語を話せるようになるには?
  3. 英語のスピーキングが上達する勉強法とは?
  4. 英語が全くできない初心者におすすめの勉強法
  5. 英語を話せるようなりたい方に効果的な独学・勉強方法
  1. オンライン英会話の効果
  2. オンライン英会話の正しい選び方
  3. オンライン英会話で失敗・撃沈する理由
  4. オンライン英会話は意味ない?
  5. オンライン英会話のフリートーク解説
  6. オンライン英会話が怖い・・!|トラウマになる前にやるべき対処法
  7. 英語が聞き取れなくてオンライン英会話が怖い

記事の監修者情報

Aloha-Teacher1

【松本兼頌(Matsumoto Kensho)】

カリフォルニア大学で語学とマーケティングを専攻。卒業後ハワイで広告営業を担当しました。余談ですが、ワイキキとカイルア担当だったので隠れスポットの話も得意です。

今までの海外経験を活かし、正しい英会話の習得方法を徹底解説。スピーキング ・発音・リスニングに関する記事を主に執筆しています。わからないことがあれば、お気軽に相談してください。

ページコンテンツ