英文法

中学英語をやり直し!!大人向け講座~ThisとThatの違い~ Aloha English 英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

意外と忘れられているThisとThat

みなさんThisとThatって覚えていますか?
「いやいやそれくらいは!」なーんて返答が来そうですが。
意外と盲点な部分もあったりとします。

実は忘れてしまっているThisとThatとの基礎を
またココでやり直しましょう!!

 

近くにあるもの、それが『This』

近くにあるものを指すときに『This』を使います。

これ   =This

これら=These(Thisの複数形)

・This is my pen.
「これは私のペンです。」

・This is my friend.
「こちらが私の友達です。」

Thisは物理的な近い距離だけでなく、時間的な近さも表すこと
ができます。今からさほど遠くない過去も未来もThisで表す
ことができます。

・This lesson will be cancelled this time.
「このレッスンは今回はキャンセルになります。」

・I have no plan this week.
「今週は何も計画がありません。」

 

遠くにあるもの『That』

Thatは遠くにあるものを指します。

あれ =That 

あれら=Those(Thatの複数形)

・Could you pass me that pen?
「あのペンをとってもらえますか?」

・That is my house.
「あれが私の家です。」

Thisと同じように時間も表せます。
Thatは遠い過去・未来を指します。

・I remember that day.
「私はあの日を覚えています。」

・I was too young at that time.
「私はあの頃、若すぎました。」

 

This・Thatまとめ!

Thisは近いもの、それが物理的にでも時間的でもOK。
一方、Thatは遠いものを指します。実際に指で指しながら
会話で使うと身につくのも断然早くなります。

まずはThisとThatを使った指差し英会話から!
この2語だけで意外と会話は成り立つもの!
最強の単語です(笑)。

 

Aloha English   英会話体験レッスン

調べない、覚えない。6ヶ月で育てる英会話力レッスン。
Skypeオンラインレッスン、東京、神奈川各所で開催中。
毎月お得な英会話体験レッスン←から予約受付しています。
開催場所の詳しい情報はこちらから。