リスニング

英語リスニングのコツ、聞こえないの正体は“リエゾン” Aloha English英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

英語リスニングのカギはリエゾン

何度も繰り返しリスニングの練習をしているのに。。。英語が聞こえない・・というか、単語が聞こえない。全部くっついて聞こえる・・・。諦めないでください!!

そんな体験がおありのあなた!犯人は、「リエゾン」です!!(正確にはたくさん理由のひとつですが、これが一番大きいかも)コツさえつかめば誰にでも習得できます^ – ^

英語リスニングの苦手を克服しましょう!!

リエゾンとは

「リエゾン」とは、ざっくり言うと言葉と言葉がくっつくことです。たとえば、Thank you をThank と You に分けて発音すると「サンク ユー」となります。(便宜上、カタカナ書きにしますね)。

しかしリエゾンが起こると、、、。

k(ク)の音とyou(ユー)の音がくっつき。いわゆるローマ字書きでいうところの「サンキュー」という音となります。

リエゾンの絡むリスニングの難しさの正体

「サンキュー」くらいなら聞き慣れているのですぐにわかりますよね。しかし、耳慣れないリエゾンを初めて聞くと「何と何が」くっついたのか推測ができなくて結果的に聞き取れない。

これがリエゾンの絡むリスニングの難しさの正体です。
種明かししてみると・・え!?というほど身近で簡単な単語がリエゾンを起こしている例、多いんですよ!

日本語でも使っているリエゾン

たとえば “Rock’n’Roll(ロックンロール )”。これ、元をたどると “Rock and Roll” なんです。

k(ク)の音とa(ア)の音がくっついて「ロッカンドロール」さらに、aとdがすごーく弱く発音されるので「ン」が残ります。となると、残るのは “Rock n Roll”つまりk(ク)の音とn(ン)の音がくっついて「ロックンロール」になるわけです。

発音のルールを知ればリスニングが聞こえる

「リエゾン」をはじめ、発音のルールを知らないと、リスニングを頑張ろうにも正直限界があるかもしれません。。。逆に、「リエゾン」をマスターするとびっくりするほど聞こえるようになりますよ!^ – ^

リエゾンでリスニングを攻略しよう!!

体験レッスン・本レッスンでもリスニングの練習をしています。英会話をする上で相手の話が理解できないと会話が成立しない・・2時間で「聞こえない」を「聞こえる」に!!ぜひ体感ください

短期間で上達するSkype英会話レッスンって?

英語は勉強しているけれどもなかなか英会話が伸びない。効果的な英会話の学習についてお悩みはありませんか?

Aloha Englishの体験・オンラインカウンセリングでの取り組み

  • レベル判定・学習カウンセリング

  • 英語で自己紹介してみよう

  • 知らない単語があっても伝える方法

  • リスニング・発音上達法


現時点での英会話力判定や、英語でコミュニケーションを取るために必要な学習方法のご提案をオンライン(Skype)でいたします。期間限定で、体験レッスンを受けていただくと入会費(¥3,000)が無料になるプロモーション実施中です!

体験レッスン申し込みはこちら!