リスニング

英語のイントネーション(抑揚)とリズムで誰でもネイティブ発音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aloha English

英語のイントネーション(抑揚)とリズムを身に付けてネイティブ発音を身に付けたい。

ネイティブのような発音に憧れる、英語の聞き取り(リスニング)を強化したい、とお考えではありませんか?

日本人はネイティブの発音を習得できない・・、と諦めている方も多いのではないでしょうか。12才以上の大人がネイティブ発音を学ぶことは確かに難しい。しかしネイティブの発音に限りなく近づけることは可能なので、諦めないで練習することをおすすめします。

ネイティブ発音を習得するためには、このイントネーションとリズムが鍵となります。発音が改善されるだけでなく、英語の聞き取り(リスニング)も驚くほど上達します。英語のイントネーション・リズムの他にもリエゾン(音の連結)も同時に学習してください。ネイティブ発音のメカニズムを理解することで、自分でも発音を劇的に改善することができます。

では詳しく解説していきます。

1.英語のイントネーション・リズムを学ぶ重要性

1-1.英語のイントネーション・リズムを学ぶ効果

英語のイントネーションを学ぶことはとても大切。ネイティブのような発音や通じる英語を話せるようになるためだけでなく、英語の聞き取り(リスニング力)も同時に向上します。英語の発音を改善したいのであれば、リエゾンと呼ばれる3種類の音の連結の仕組みをしっかり学びましょう。

3種類の音の連結(リエゾン)

  • リンキング
  • リダクション
  • フラッピング

英語には英語独特の音と音の連結が起こります。連結の仕組みを理解したうえで、英語のイントネーションを学ぶと必ず発音が良くなります。英語の発音が良くなると、びっくりするくらい、ネイティブの発音が聞こえるようになります。

参考:ローマ字読みでリンキングを理解するとネイティブ発音が習得できる

参考:リダクションを知ればネイティブ英語が聞き取れない課題がスッキリ解決

参考:フラッピングの仕組みを理解すれば誰でもネイティブ発音をマネできる

1-2.ネイティブ発音に必要なのは抑揚とリズム

英語と日本語の発音を比べると、イントネーション(抑揚)とリズムが異なります。日本語には抑揚やリズムが非常に少ない。それに比べて英語は縦のリズムでドッグブレス(3章で解説)で発声します。このイントネーションをつけるだけで、日本語英語から脱却して、英語の発音を手に入れることができます。

2.ネイティブのイントネーションの法則

ネイティブのイントネーションの法則

2-1.語尾のイントネーションの付け方

中学生で習うイントネーションのつけ方です。文の語尾を下げる場合と、あげる場合があります。英語発音の基礎ですので、簡単におさらいをしていきましょう。

語尾を下げて発音するとき

英語を発音する多くの場合は、語尾を下げます。肯定文・否定文の時に下げます。疑問文の時は語尾をあげるのですが、5W1Hの時は語尾を下げるので注意しましょう。

  • 肯定文
  • 否定文
  • 5W1H

語尾をあげる発音するとき

語尾をあげるときは、疑問文の時です。相手に何かを尋ねたいときに、語尾をあげます。正確な疑問文だけではなくて、相手の言っていることを聞き返す場合。さらには肯定文でも腑に落ちていないとき、よくわからないときにも語尾をあげることがあります。

  • Yes/Noを尋ねる疑問文
  • 付加疑問文
  • 相手の言っていることが聞こえない・わからない
  • 言っていることが腑に落ちない場合

AndとOrを使う時

andとorのイントネーションもやや特殊。andとorの前の単語は語尾が上がり、後の単語の語尾は下がります。

2つを並べていう場合

A(⤴)and B(⤵)

A(⤴)or B(⤵)

3つ以上並列してつなげる場合

A(⤴) , B(⤴) , C(⤴)and D(⤵)

A(⤴) , B(⤴) , C(⤴)or D(⤵)

2-2.強弱をつけて発音するための法則

強弱をつけて発音をすると一気にネイティブのような発音になります。内容語と機能語にわけて、音の強弱やスピードを変えて発音します。

内容語

内容語とは相手に伝わらないと意味が通じない言葉です。主に名詞・動詞・形容詞・副詞を指します。相手に通じるように伝えるため、ゆっくりはっきり大きく発音するのがポイントです。

機能語

機能語とは文の方向性やつなぎを表す言葉です。内容語と比べると重要度は下がります。絶対に聞き取れなくても、何とか会話が成立するのが機能語。よって素早く小さく発音する傾向にあります。英語の聞き取りで難しいのはこの機能語を聞き取ることです。

機能語の一覧表

**品詞具体例
機能語人称代名詞■主格 I / you / he / she / it / we / they
■目的格 my / your / his / her / its / our / them 
■所有格 me / you / him / her / it / us / them
助動詞do / does / must / can / may / have to etc.
前置詞at / in / of / about / from / by etc.
冠詞a / an / the
接続詞   and / or / but etc. 
関係代名詞     that / what / which / whom etc.
内容語名詞desk / chair / dictionary / laptop etc. 
動詞     move / take / put / bring etc. 
形容詞     beautiful / lovely / old etc.
副詞 very / so / again / totally etc. 
指示代名詞     this / that / it etc.
所有代名詞     mine / yours / his / hers / its / ours / theirs 
疑問視     what / when / who / which / where / why / how etc.
再帰代名詞myself / itself / yourself / ourselves etc. 

2-3.機能語と内容語でリズムを分けた発音例

機能語と内容語での発音例をご紹介します。以下の文を発音する際に、太文字はゆっくり、細文字は素早く発音する緩急をつけて発音することが大切なポイントです。

  • But I’m just in town for a business trip.
  • When did you start to feel bad?
  • But perhaps there was something wrong with the fish.

機能語と内容語の発音をする際に緩急をつけたら、さらにリエゾンも加えると発音がさらに良くなります。リエゾンについては下記で詳しくしていますので、ぜひ参考にしてください。

参考:英語リスニングのコツ、聞こえないの正体は“リエゾン”

参考:ローマ字読みでリンキングを理解するとネイティブ発音が習得できる

参考:リダクションを知ればネイティブ英語が聞き取れない課題がスッキリ解決

参考:フラッピングの仕組みを理解すれば誰でもネイティブ発音をマネできる

3.イントネーション・リズムをつけての英語発声方法

3-1.発声方法

発声方法は主に2つあります。日本語と異なる部分なので、しっかりと身に着けてください。

ドッグブレス

「ハ・ハ・ハ・ハ」
「ヒ・ヒ・ヒ・ヒ」
「フ・フ・フ・フ」
「ヘ・ヘ・ヘ・ヘ」
「ホ・ホ・ホ・ホ」

ドッグブレスとは腹式呼吸を意識しながらの発声方法です。「ハー、ハー」と発音するのではなく、腹式呼吸で音を切りながら「ハッ・ハッ・ハッ・ハッ」と発声することがポイントです。

日本語は母音メインの発音のため、発音に多くの息を消耗しません。それに対し、英語は子音の発音が多いため、大量の息を消耗します。日本語を話すとき以上に、多くの息を意識的に出すのが必要です。

参考動画:英語発音 セラのドッグブレスの解説

3-2.イントネーションの応用編

感情や態度による変化

機能語は素早く小さく発音すると先ほどご紹介しました。しかし感情や態度が変わると、機能語も強く発音する場合があります。例文で確認していきましょう。

You made her angry!!
「あなたが彼女を怒らせたんだ!」

この場合、「あなた」が怒らせた原因のため、強調をして発音されます。

You made her angry!!

ユー メイ ハー アングリー

他にもitやthatの代名詞も感情や態度によって強調して発音されます。

You should take it.
「それを受け取るべきだ」

ユー シュドゥ テイ イッ

重要性を表現するための変化

重要性を表す単語も強調して発音されます。「私の」という箇所が強調されるので、強く発音します。

These are my shoes

「これは私の靴です」

ディーズ アー マイ シューズ

他にもthisやthatでも同じような強調が起こります。代名詞でも「それが」と強調する場合は、ゆっくり大きく発音することで重要性を強調します。

That is my policy

「それが私のポリシーです」

ダッ イズ マイ ポリシー

3-3.イントネーションを学ぶための練習方法

リズムに合わせて発音する練習が効果的です。メトロノームのように手でリズムをきざみます。手を叩きながら発声するトレーニングです。手を叩いた時を表はく、手を離した時は裏はくという感じで。

手を叩いたときには、内容語を1単語発声します。手を離したときには、機能語をつめて一気に発音します。

I went to Hawaii with my friend last year

赤文字が内容語です。この場合、5単語内容語があるので、5回手を叩きましょう。手を叩き切った時までに文を最後まで言いきります。そのときにドッグブレスや音の強弱を意識しましょう

I went to Hawaii with my friend last year

アイ ウェントゥ ワイ ウィズ マイ  スト ヤー

内容語はゆっくり大きく、機能語は素早く発音をします。音のリズム・イントネーション(抑揚)・音の強弱を身に付けることができます手を叩きながら音読するときの注意点は、手を叩くリズムが崩れないようにしましょう。最初はメトロノームで練習することから始めても良いかもしれません。

余談ですが、歌が上手い人、音楽をやっている人は発音がすぐに上達する傾向にあります。

4.ネイティブに通じる発音を練習するならAloha English英会話

発音を学びたいなら知っておきたい4つの学習方法

4-1.発音を学びたいなら知っておきたい4つの学習方法

発音を学びたい方はリエゾン(音の連結)の3つの仕組みをしっかり理解することから始まります。仕組みを理解した上で、音読の練習をします。リスニング教材やYoutube・TED・映画の字幕を使って練習することができます。シャドーイングを取り入れながら、練習すると短期的に効果を発揮します。

しっかりとプロの指導のもとで練習を行うと、課題や弱点の分析も素早くできます。独学で学習する場合は、自分の音声を録音することをおすすめします。

リエゾン

リエゾンとは音の連結のことです。ネイティブは単語を区切って発音せず、つなげて発音をします。そのため発音をするとき、英語を聞き取るときに、全く違う音となって発音をします。リエゾンには3つの種類があります、以下の通りです。

  • リンキング 
  • リダクション
  • フラッピング

リンキング とは単語と単語がくっつことをさします。

Can I have a bit of egg?(ちょっと卵もらえる?
「キャナイ ハヴァ ビッ(ト) ヴェッグ」

リダクションとは音を省略して発音することをさします。

Good night
グッドナイト⇨グッナイ
dとtが省略されています。

フラッピングとはTの音(タチツテト)がラリルレロまたはナニヌネノの音に変化する現象です。

  • water
    ウォーター⇨ウォーラー
  • party
    パーティー⇨パーリー

参考:リダクションを知ればネイティブ英語が聞き取れない課題がスッキリ解決

シャドーイング

同時通訳のプロが練習する方法で知られているシャドーイング。英語の聞き取り(リスニング)と発音を改善するための最強のトレーニング方法です。聞いた英語を少し遅らせて(約0.5秒程)真似て発音するという音読方法です。正確に音を聞き取る、聞いた音を忠実に再生するという2つの技能を同時におこなう高度な練習方法です。中上級者向けのトレーニング方法ですが、効果は抜群。英語の発音と聞き取り能力が一気に向上します。

4-2.体験レッスンで発音矯正のコツ教えます

体験レッスンにて英語の発音・英語の聞き取りに関する相談を頂ければ、トレーニング方法を徹底指導します。英語の音声を聞き取り、発音をする。課題が何かを発見します。

主に以下のことを体験レッスン内で指導(お問い合わせ頂いた方のみ)します。

  • 英語の聞き取りレベル判定
  • リンキング などの音の連結に関する指導
  • イントネーションの矯正
  • シャドーイングの正しい練習方法の指導

通常の体験レッスンではスピーキング の練習がメインとなります。通常体験レッスンの内容は以下の通りです。

  • 英語が苦手な人でも話せる英会話体験
  • 英単語を知らなくても表現する方法
  • 驚くほどゆっくり聞こえるようになるリスニング体験

オンラインレッスンも実施しております。下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。Aloha EnglishのSkype英会話・レッスン内容【まずは体験レッスンから!】

5.まとめ

英語のイントネーション(抑揚)とリズムについて解説しました。英語のイントネーションを習得することで、ネイティブのような発音に一歩近づくことができます。日本語のカタカナ英語発音から脱却して、外国人に通じる英語を話すための方法です。

イントネーションを習得するためには、文の語尾の上げ下げをおこなうこと。単語を内容語と機能語に分けて強弱とリズムを付けながら、発音する。これが大切な学習方法です。

イントネーションの練習方法は手を叩きながら、リズムを付けて発音することです。話す内容や感情、聞き返しによってもリズムが変化するので、臨機応変に対応していきましょう。

独学で学ぶ時は、自分の英語を録音しながら練習しましょう。それでも伸び悩んでいる方は一度無料の体験レッスンを受講ください。課題点や正確な学習方法を指導します。